日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:移行プロセスの概要
第 2 章:移行方法の選択
第 3 章:アプリケーションの移行
第 4 章:再コンパイルと再リンクの概要
第 5 章:ページ・サイズの拡大に対するアプリケーションの対応
第 6 章:共有データの整合性の維持
第 7 章:アプリケーション・データ宣言の移植性の確認
第 8 章:アプリケーション内の条件処理コードの確認
第 9 章:アプリケーションのトランスレート
第 10 章: ネイティブなイメージとトランスレートされたイメージの間の相互操作性の確認
第 11 章:OpenVMS Alpha コンパイラ
付録 A :アプリケーション評価チェックリスト
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本

OpenVMS Alpha
オペレーティング・システム
OpenVMS VAX から OpenVMS Alpha へのアプリケーションの移行


最初へ
索引

目次 (まとめ)
まえがき まえがき
第 1 章 移行プロセスの概要
第 2 章 移行方法の選択
第 3 章 アプリケーションの移行
第 4 章 再コンパイルと再リンクの概要
第 5 章 ページ・サイズの拡大に対するアプリケーションの対応
第 6 章 共有データの整合性の維持
第 7 章 アプリケーション・データ宣言の移植性の確認
第 8 章 アプリケーション内の条件処理コードの確認
第 9 章 アプリケーションのトランスレート
第 10 章 ネイティブなイメージとトランスレートされたイメージの間の相互操作性の確認
第 11 章 OpenVMS Alpha コンパイラ
付録 A アプリケーション評価チェックリスト
  用語集
  索引
 
 
 


目次


まえがき
まえがき まえがき
第 1 章
1 移行プロセスの概要
     1.1     VAXシステムとAlphaシステムの互換性
     1.2     VAXアーキテクチャと Alphaアーキテクチャの相違点
         1.2.1         ユーザ作成デバイス・ドライバ
     1.3     移行プロセス
     1.4     移行の手段
第 2 章
2 移行方法の選択
     2.1     移行のための棚卸し
     2.2     移行方法の選択
     2.3     どの移行方法が可能か?
     2.4     再コンパイルに影響を与えるコーディングの様式
         2.4.1         VAX MACROアセンブリ言語
         2.4.2         特権付きコード
         2.4.3         VAXアーキテクチャ固有の機能
     2.5     アプリケーションで VAX アーキテクチャに依存する部分の識別
         2.5.1         データ・アラインメント
         2.5.2         データ型
         2.5.3         データへの共有アクセス
         2.5.4         クォドワードより小さいデータの読み込みまたは書き込み
         2.5.5         ページ・サイズに関する検討
         2.5.6         マルチプロセッサ・システムでの読み込み/書き込み操作の順序
         2.5.7         算術演算例外の報告の即時性
         2.5.8         VAXプロシージャ呼び出し規則への明示的な依存
         2.5.9         VAXデータ処理メカニズムへの明示的な依存
             2.5.9.1             動的な条件ハンドラの設定
             2.5.9.2             シグナル・アレイとメカニズム・アレイ内のデータのアクセス
         2.5.10         VAX ASTパラメータ・リストの変更
         2.5.11         VAX命令の形式と動作への明示的な依存
         2.5.12         VAX命令の実行時作成
     2.6     VAXシステムとAlphaシステムの間で互換性が維持されない部分の識別
     2.7     再コンパイルするか,またはトランスレートするかの判断
         2.7.1         アプリケーションのトランスレート
         2.7.2         ネイティブ・イメージとトランスレートされたイメージの混在
第 3 章
3 アプリケーションの移行
     3.1     移行環境の設定
         3.1.1         ハードウェア
         3.1.2         ソフトウェア
     3.2     アプリケーションの変換
         3.2.1         再コンパイルと再リンク
             3.2.1.1             ネイティブなAlphaコンパイラ
             3.2.1.2             OpenVMS Alpha 用の VAX MACRO--32 コンパイラ
             3.2.1.3             その他の開発ツール
         3.2.2         トランスレーション
             3.2.2.1             VAX Environment Software Translator と Translated Image Environment
     3.3     移行したアプリケーションのデバッグとテスト
         3.3.1         デバッグ
             3.3.1.1             OpenVMS デバッガによるデバッグ
             3.3.1.2             Delta デバッガよるデバッグ
             3.3.1.3             OpenVMS Alpha システムコード・デバッガによるデバッグ
         3.3.2         システム・クラッシュの分析
             3.3.2.1             システム・ダンプ・アナライザ
             3.3.2.2             クラッシュ・ログ・ユーティリティ・エクストラクタ (CLUE)
         3.3.3         テスト
             3.3.3.1             VAXテスト
             3.3.3.2             Alphaテスト
         3.3.4         潜在的なバグの発見
     3.4     移行したアプリケーションのソフトウェア・システムへの統合
第 4 章
4 再コンパイルと再リンクの概要
     4.1     ネイティブなAlphaコンパイラによるアプリケーションの再コンパイル
     4.2     Alphaシステムでのアプリケーションの再リンク
     4.3     VAXシステムとAlphaシステムの算術演算ライブラリ間の互換性
     4.4     ホスト・アーキテクチャの判断
第 5 章
5 ページ・サイズの拡大に対するアプリケーションの対応
     5.1     概要
         5.1.1         互換性のある機能
         5.1.2         特定のページ・サイズに依存する可能性のあるメモリ管理ルーチンのまとめ
     5.2     メモリ割り当てルーチンの確認
         5.2.1         拡張された仮想アドレス空間でのメモリの割り当て
         5.2.2         既存の仮想アドレス空間でのメモリの割り当て
         5.2.3         仮想メモリの削除
     5.3     メモリ・マッピング・ルーチンの確認
         5.3.1         拡張した仮想アドレス空間へのマッピング
         5.3.2         特定の位置への単一ページのマッピング
         5.3.3         定義されたアドレス範囲へのマッピング
         5.3.4         オフセットによるセクション・ファイルのマッピング
     5.4     ページ・サイズの実行時確認
     5.5     メモリをワーキング・セットとしてロックする操作


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項