日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:移行プロセスの概要
第 2 章:移行方法の選択
第 3 章:アプリケーションの移行
第 4 章:再コンパイルと再リンクの概要
第 5 章:ページ・サイズの拡大に対するアプリケーションの対応
第 6 章:共有データの整合性の維持
第 7 章:アプリケーション・データ宣言の移植性の確認
第 8 章:アプリケーション内の条件処理コードの確認
第 9 章:アプリケーションのトランスレート
第 10 章: ネイティブなイメージとトランスレートされたイメージの間の相互操作性の確認
第 11 章:OpenVMS Alpha コンパイラ
付録 A :アプリケーション評価チェックリスト
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本

OpenVMS Alpha
オペレーティング・システム
OpenVMS VAX から OpenVMS Alpha へのアプリケーションの移行


目次 索引

  1. ユニバーサル・シンボルMYSUBに対するエントリ

  2. トランスレートされたイメージのシンボル・ベクタ内でのMYSUBに対するエントリのオフセット

  • ネイティブな共有可能イメージ内でのシンボル・ベクタのオフセットを調べます
    ネイティブな共有可能イメージでシンボル・ベクタ内のシンボルのオフセットを判断するには,ANALYZE/IMAGEユーティリティを使用します。次の例は共有可能イメージMYMATH.EXEの解析から抜粋したものであり,MYSUBというシンボルのオフセットを示しています。


       .
       .
       .
     4) Universal Symbol Specification (EGSD$C_SYMG) 
      data type: DSC$K_DTYPE_Z (0) 
      symbol flags: 
       (0)  EGSY$V_WEAK      0 
       (1)  EGSY$V_DEF       1 
       (2)  EGSY$V_UNI       1 
       (3)  EGSY$V_REL       1 
       (4)  EGSY$V_COMM      0 
       (5)  EGSY$V_VECEP     0 
       (6)  EGSY$V_NORM      1 
      psect: 0 
      value: 16 (%X'00000020') 
      symbol vector entry (procedure) 
       %X'00000000 00010000' 
       %X'00000000 00000050' 
      symbol: "MYSUB" 
       .
       .
       .
    

  • 必要に応じて,SIFファイルに登録されているオフセットを変更します
    SIFファイルに登録されているオフセットがネイティブな共有可能イメージのオフセットと一致しない場合には,テキスト・エディタを使用して,これらのオフセットを修正しなければなりません。シンボル・ベクタの最初のエントリは VESTユーティリティが使用するために確保されています。

  • VAX共有可能イメージを再トランスレートします
    トランスレーション操作では,SIFファイルを参照してください

    このトランスレーション操作で,VEST は SIF ファイルに指定されたオフセットを使用して,トランスレートされたイメージにシンボル・ベクタを作成します。VESTはデフォルトのデバイスおよびディレクトリからSIFファイルを検索します (VESTユーティリティの使い方については,『DECmigrate for OpenVMS AXP Systems Translating Images』を参照してください)。



    10.3.2 特殊なトランスレートされたイメージ(ジャケット・イメージ)と代用イメージの作成

    場合によっては,VAX共有可能イメージをAlpha共有可能イメージに完全に置き換えることができない場合があります。たとえば,VAX共有可能イメージで VAXアーキテクチャ固有の機能を使用している場合などです。このような場合には,元のVAX共有可能イメージの機能を実行できるように,トランスレートされたイメージとネイティブ・イメージの両方を作成しなければなりません。また,場合によっては,トランスレートされたVAX共有可能イメージと新しいAlpha共有可能イメージとの間に関係を定義しなければならないことがあります。どちらの場合にも,トランスレートされたVAXイメージはジャケット・イメージとして作成されなければなりません。

    ジャケット・イメージを作成するには,VAXシステムで新しい Alphaイメージの代用バージョンを作成します。その後,変更された VAX共有可能イメージを作成し,/JACKET=shrimg修飾子を指定して,この共有可能イメージをトランスレートします。ただし, shrimgは新しいAlpha共有可能イメージの名前です。代用イメージのトランスレーションは前もって実行しておかなければなりません。これは,代用イメージを記述するIIFファイルが必要だからです。代用イメージの作成についての詳しい説明は,『DECmigrate for OpenVMS AXP Systems Translating Images』を参照してください。


    目次 索引

  • 印刷用画面へ
    プライバシー 本サイト利用時の合意事項