日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:移行プロセスの概要
第 2 章:移行方法の選択
第 3 章:アプリケーションの移行
第 4 章:再コンパイルと再リンクの概要
第 5 章:ページ・サイズの拡大に対するアプリケーションの対応
第 6 章:共有データの整合性の維持
第 7 章:アプリケーション・データ宣言の移植性の確認
第 8 章:アプリケーション内の条件処理コードの確認
第 9 章:アプリケーションのトランスレート
第 10 章: ネイティブなイメージとトランスレートされたイメージの間の相互操作性の確認
第 11 章:OpenVMS Alpha コンパイラ
付録 A :アプリケーション評価チェックリスト
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS Alpha
オペレーティング・システム
OpenVMS VAX から OpenVMS Alpha へのアプリケーションの移行


目次 索引

まえがき

本書は,OpenVMS VAX アプリケーションを OpenVMS Alpha システムまたは複合アーキテクチャ・クラスタに移行する開発者を支援できるように設計されています。

対象読者

本書は,高級プログラミング言語または中級プログラミング言語で作成されたアプリケーション・コードの移行を担当される経験の豊富なソフトウェア・エンジニアの方々を対象にしています。

本書の構成

本書は次の章で構成されています。

  • 第 1 章 では,OpenVMS と VAX アーキテクチャおよび Alpha アーキテクチャの関係の概要を示し,アプリケーションを VAX システムから Alpha システムに移行する処理について説明します。この章では特に次のことについて説明します。

    • OpenVMS Alpha と OpenVMS VAX の互換性が高い分野

    • Alpha アーキテクチャと他の RISC アーキテクチャおよび VAX アーキテクチャとの比較

    • 移行処理の各段階の概要

    • おもな 2 種類の移行パス,つまりソース・コードの再コンパイルと VAX イメージのトランスレート

    • 弊社から提供される移行サポート

  • 第 2 章 では,2 種類の移行パスの相違点について考慮し,アプリケーションを移行するときにどのパスを使用するかを選択するために考慮しなければならない問題点について説明します。また,アプリケーションの個々の要素を分析して,移行に影響を与えるアーキテクチャ上の相違点を識別する方法と,これらの相違点を解決するために必要な処理を評価する方法についても説明します。

  • 第 3 章 では,移行環境のセットアップから移行したアプリケーションを新しい環境に統合する処理までを実際の移行の手順について説明します。

  • 第 4 章 では,再コンパイルと再リンクによってアプリケーションを変換する処理の概要について説明します。

  • 第 5 章 では,アプリケーションが VAX のページ・サイズに依存している可能性がある場合,それを取り扱う方法について説明します。

  • 第 6 章 では,複数のプロセスによるデータ・アクセスに関して,VAX アーキテクチャが提供する同期化機能にアプリケーションが依存している可能性がある場合,それを取り扱う方法について説明します。

  • 第 7 章 では,アライメントの検討事項も含めて, Alpha システムでのデータ宣言について説明します。

  • 第 8 章 では,VAX の条件処理機能にアプリケーションが依存している可能性がある場合,それを取り扱う方法について説明します。

  • 第 9 章 では,Alpha システムで実行するために, VAX イメージをトランスレートする処理について説明します。

  • 第 10 章 では,トランスレートされた VAX イメージを呼び出したり,そのイメージから呼び出すことができるネイティブな Alpha イメージを作成する方法について説明します。

  • 第 11 章 では,Alpha システムの Ada,C,COBOL, FORTRAN,Pascal プログラミング言語でサポートされる新しい機能と変更された機能の概要を示します。

  • 付録 A では,OpenVMS VAX から OpenVMS Alpha に移行するために,アプリケーションを評価するときに使用できるチェックリストを示します。



参考文献

本書は OpenVMS VAX システムから OpenVMS Alpha システムへの移行について説明した複数のマニュアル・セットの一部です。このマニュアル・セットには,本書の他に次のマニュアルが含まれています。

  • 『OpenVMS MACRO-32 Porting and User's Guide』では,OpenVMS Alpha 用の MACRO--32 コンパイラを使用して,VAX MACRO コードを Alpha システムに移植する方法について説明します。コンパイラの機能について説明し,VAX MACRO コードを移植する方法を示し,移植不可能なコーディング方式を示し,このようなコーディング方式に代わる方法を示します。このマニュアルではまた,参照情報の部分でコンパイラの修飾子,指示文,組み込み関数について詳しく説明し,Alpha システムに移植するために作成されるシステム・マクロについても説明します。

  • 『Creating an OpenVMS Alpha Device Driver from an OpenVMS VAX Device Driver』では,OpenVMS VAX デバイス・ドライバを OpenVMS Alpha システムで実行するためのコンバートの方法について説明しています。OpenVMS VAX デバイス・ドライバをコンパイル,リンク,ロード,そして OpenVMS Alpha デバイス・ドライバとして実行するための準備に必要な変更点を示します。また,OpenVMS デバイス・ドライバで使用されているエントリ・ポイント,システム・ルーチン,データ構成,マクロについても記述されています。

さらに,『DECmigrate for OpenVMS AXP Systems Translating Images』では,VAX Environment Software Translator (VEST) ユーティリティについても説明します。このマニュアルはオプションのレイヤード製品である DECmigrate for OpenVMS Alpha に同梱されており,この製品は OpenVMS VAX アプリケーションを OpenVMS Alpha システムに移行する処理をサポートします。このマニュアルでは,VEST を使用して大部分のユーザ・モード VAX イメージを Alpha システムで実行できるトランスレートされたイメージに変換する方法,トランスレートされたイメージの実行時性能を向上する方法,VEST を使用して VAX イメージで Alpha と互換性のない部分を元のソース・ファイルまでさかのぼってトレースする方法,および VEST を使用してネイティブな実行時ライブラリとトランスレートされた実行時ライブラリとの間で互換性をサポートする方法についても説明します。また,VEST コマンドのすべての参照情報も示します。

また,次の一般プログラミング・マニュアルも参照してください。

  • 『VAX Architecture Reference Manual』

  • 『Alpha Architecture Reference Manual』

  • 『VAX/VMS Internals and Data Structures』

  • 『OpenVMS AXP Internals and Data Structures』

  • 『HP OpenVMS Programming Concepts Manual』

  • 『OpenVMS Programming Interfaces: Calling a System Routine』

  • 『Guide to the POSIX Threads Library』

OpenVMS 製品とサービスの詳細については, Digital OpenVMS World Wide Web サイトにアクセスしてください。 URL は次のとおりです。


http://www.openvms.digital.com 



本書で使用する表記法

本書では,OpenVMS Alpha は OpenVMS Alpha オペレーティング・システムを指します。

OpenVMS AXP オペレーティング・システムはバージョン 6.2 から OpenVMS Alpha オペレーティング・システムに名称が変更されました。OpenVMS AXP あるいは AXP の表記は OpenVMS Alpha または Alpha と同じ意味です。

VMScluster システムは,現在 OpenVMS クラスタ・システムと同じ意味を示します。 OpenVMS クラスタまたはクラスタは本書では,VMSclusters と同じ意味です。

本書では,DECwindows および DECwindows Motif はすべて DECwindows Motif for OpenVMS ソフトウェアを意味します。

また,本書では次の表記法も使用しています。

表記法 意味
Ctrl/ x Ctrl/ x という表記は, Ctrl キーを押しながら別のキーまたはポインティング・デバイス・ボタンを押すことを示します。
PF1 x または
GOLD x
PF1 x または Gold x という表記は, PF1 または GOLD に定義されたキーを押してから,別のキーまたはポインティング・デバイス・ボタンを押すことを示します。

EVE コマンドでは,GOLD キーのあとにスラッシュ (/),ダッシュ (--),またはアンダースコア (_) を区切り文字として使用できます。

[Return] 例の中で,キー名が四角で囲まれている場合には,キーボード上でそのキーを押すことを示します。テキストの中では,キー名は四角で囲まれていません。
... 例の中の水平方向の反復記号は,次のいずれかを示します。

  • 文中のオプションの引数が省略されている。

  • 前出の 1 つまたは複数の項目を繰り返すことができる。

  • パラメータや値などの情報をさらに入力できる。

.
.
.
垂直方向の反復記号は,コードの例やコマンド形式の中の項目が省略されていることを示します。このように項目が省略されるのは,その項目が説明している内容にとって重要ではないからです。
( ) コマンドの形式の説明において,括弧は,複数のオプションを選択した場合に,選択したオプションを括弧で囲まなければならないことを示しています。
[ ] コマンドの形式の説明において,大括弧で囲まれた要素は任意のオプションです。オプションをすべて選択しても,いずれか1つを選択しても,あるいは1つも選択しなくても構いません。ただし,OpenVMS ファイル指定のディレクトリ名の構文や,割り当て文の部分文字列指定の構文の中では,大括弧に囲まれた要素は省略できません。
{ } コマンドの形式の説明において,中括弧で囲まれた要素は必須オプションです。いずれか1のオプションを指定しなければなりません。
太字 太字のテキストは,新しい用語,引数,属性,条件を示しています。
italic text イタリック体のテキストは,重要な情報を示します。また,システム・メッセージ (たとえば内部エラー number),コマンド・ライン(たとえば /PRODUCER= name),コマンド・パラメータ(たとえば device-name) などの変数を示す場合にも使用されます。
UPPERCASE TEXT 英大文字のテキストは,コマンド,ルーチン名,ファイル名,ファイル保護コード名,システム特権の短縮形を示します。
Monospace type モノスペース・タイプの文字は,コード例および会話型の画面表示を示します。

C プログラミング言語では,テキスト中のモノスペース・タイプの文字は,キーワード,別々にコンパイルされた外部関数およびファイルの名前,構文の要約,または例に示される変数または識別子への参照などを示します。

-- コマンド形式の記述の最後,コマンド・ライン,コード・ラインにおいて,ハイフンは,要求に対する引数がその後の行に継くことを示します。
数字 特に明記しない限り,本文中の数字はすべて10 進数です。 10 進数以外 (2 進数,8 進数,16 進数) は,その旨を明記してあります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項