日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:VAX, AlphaおよびOpenVMS
第 2 章:移行プロセスの概要
第 3 章:アプリケーションの評価: モジュールの調査
第 4 章:移行方法の選択
第 5 章:移行計画の作成
第 6 章:アプリケーションの移行
付録 A :アプリケーション評価チェックリスト
付録 B :移行計画の例
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS AXP オペレーティング・システム | HPE 日本

OpenVMS AXP
オペレーティング・システム
OpenVMS AXP オペレーティング・システムへの移行:システム移行の手引き


目次 索引

U
$UPDSEC
V
VAX
    アーキテクチャ固有の特徴
    アプリケーションの移行方法
    コード #1
    コード #2
    システム
    テスト
    データ処理メカニズム
    特権付きコード
    命令
        CALLx
        JSB #1
        JSB #2
        PALcodeでサポートされる
        インタプリタ
        実行時作成
        実行時に作成される
        実行速度の低下
        特権つき
        の動作への明示的な依存
        の変更
        ベクタ命令
    呼び出し規則(calling standard)
VAX MACRO
    アセンブリ言語 #1
    アセンブリ言語 #2
    移行の補助手段
    コンパイルされた言語としての
VEST/DEPENDENCY analysis tool
VEST(VAX Environment Software Translator)#1
VEST(VAX Environment Software Translator)#2
VEST(VAX Environment Software Translator)#3
    /DEPENDENCY分析ツール
    /FLOAT=D53_FLOAT
    /FLOAT=D56_FLOAT
    /OPTIMIZE=ALIGNMENT #1
    /OPTIMIZE=ALIGNMENT #2
    /OPTIMIZE=NOALIGNMENT
    /PRESERVE=FLOAT_EXCEPTIONS #1
    /PRESERVE=FLOAT_EXCEPTIONS #2
    /PRESERVE=INSTRUCTION_ATOMICITY #1
    /PRESERVE=INSTRUCTION_ATOMICITY #2
    /PRESERVE=INTEGER_EXCEPTIONS #1
    /PRESERVE=INTEGER_EXCEPTIONS #2
    /PRESERVE=MEMORY_ATOMICITY #1
    /PRESERVE=MEMORY_ATOMICITY #2
    /PRESERVE=READ_WRITE_ORDERING
    VAXシステムとAlpha AXPシステムで実行される
    VAX命令の
    必要な資源
    分析機能
    分析ツールとしての
    ページ・サイズ
VME
X
x.25
XMI
アーキテクチャ
    Alpha AXP
    RISC
    複雑命令セット・コンピュータ(CISC)
あいまいな例外報告(imprecise exception reporting)
アクセス・モード
    内部
アセンブリ言語
    VAX MACRO #1
    VAX MACRO #2
アプリケーション
    移植性
    依存するソフトウェア
    基準となる結果の設定
    使用される言語
    トランスレートされた
    の移行
        ソフトウェア
        ハードウェア
    の各モジュール
    の混在
    のサイズ
    の評価
    の分析
    の変換
    評価チェックリスト
    モジュールの確認
アラインされていない
    データ・アラインメント・デフォルト #1
    データ・アラインメント・デフォルト #2
    データ・アラインメント・デフォルト #3
    変数
アラインメント
    グローバル・セクション
移行(migration)
    アプリケーション
    環境とツール
    環境の設定
    計画
        概要
        の作成
        ビジネス的判断
    サード・パーティ・プロダクト
    ツール
    特権付きコード
    トレーニング
    に対するサポート
    の手段
    プログラム・イメージ
    方式
    方式の選択
    方法の選択 #1
    方法の選択 #2
    方法の比較
    補助手段
        VAX MACRO
移植性
    アプリケーションの将来的
イメージ
    のPCAによる実行
インターロック
エディタ
カーネル・エグゼクティブ
開発ツール
    その他の
書き込み可能なグローバル・セクション
仮想アドレスの操作
環境設定
    アプリケーションの移行
機械語の作成
共有(shared)
    データ・アラインメント・デフォルト
        の保護
共有可能(shareable)
    イメージ
        特権つき
        トランスレートされた
    ライブラリ
クロス開発ツール
    クロス・コンパイラ
    クロス・リンカ
グローバル・シンボル・テーブル(GST)
グローバル・セクション
    書き込み可能な
    のアラインメント
    の作成
    マッピング
コーディング様式
コードの確認
コール・フレーム
コマンド・プロシージャ
コンパイラ
    AXPで使用可能な
    OpenVMS AXP
    VAXアーキテクチャ依存の修飾子
    が作成したメッセージ
    最適化
    修飾子
    データ・アラインメント・デフォルト
    ネイティブなAXP #1
    ネイティブなAXP #2
コンパイル
    コマンド
コンパイル/リンク・プロシージャ
互換性(compatibility)
    OpenVMS VAX とOpenVMS AXP
    トランスレーションによる #1
    トランスレーションによる #2
    ネイティブなAXPイメージとトランスレートされたイメージの混在
    のない機能
サード・パーティ・プロダクト
    の移行
再コンパイル #1
再コンパイル #2
再コンパイル #3
再コンパイル #4
    アーキテクチャ依存の影響 #1
    アーキテクチャ依存の影響 #2
    エラーの解決
    コマンドの変更
    制限事項
    トランスレーションとの比較 #1
    トランスレーションとの比較 #2
    ネイティブなAXPイメージの作成
最適化された
    コード
    コンパイラ
再リンク
    コマンドの変更
    ネイティブなAXPイメージの作成
参考文献
算術演算例外
    条件ハンドラ
    正確な
    即時報告
    の報告
シグナル・アレイ
    明示的な依存
資源の見積り
    アプリケーションの移行
        ソフトウェア
        ハードウェア
システム
    アドレス空間
    管理インターフェイス
    空間アドレスの参照 #1
    空間アドレスの参照 #2
    サービス
        $CMEXEC
        $CMKRNL
        $CRETVA
        $CRMPSC #1
        $CRMPSC #2
        $CRMPSC #3
        $CRMPSC #4
        $DELTVA
        $DEQ #1
        $DEQ #2
        $ENQ #1
        $ENQ #2
        $GETSYI
        $LCKPAG
        $LKWSET
        $MGBLSC #1
        $MGBLSC #2
        $SETAST
        $UPDSEC
        メモリ管理
        ユーザ作成
        呼び出しインターフェイス
    シンボル・テーブル(SYS.STB)
        に対するリンク
    ライブラリ
        に対するコンパイル
自然にアラインされたデータ(naturally aligned data)
    ソフトウェアの非互換性
初期化されていない変数
ジャケット・ルーチン #1
ジャケット・ルーチン #2
    自動的に作成される
条件ハンドラ
    算術演算例外
    動的なハンドラの設定


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項