Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ

日本語 HP OpenVMS: V8.3 CD/DVD ユーザーズ・ガイド

第1章 インストレーション・キットの概要

≫ 

OpenVMS V8.3 ライブラリ

目次
まえがき
第 1 章:キットの概要
第 2 章:ドキュメントCD
PDF
OpenVMS ホーム
ここから本文が始まります

この章では,OpenVMS Version 8.3 メディア・キットについて説明します。 ここで説明する項目は次のとおりです。

  • メディア・キットの内容

  • OpenVMS オペレーティング・システムのインストールに関する情報,リリース・ノート,および新機能に関するドキュメントへのポインタ

  • 「OpenVMS I64 Operating Environment」DVD のディレクトリ構造

  • CD に収められている各レイヤード製品のディレクトリ

  • 「OpenVMS Freeware」CD,および関連情報へのポインタ

  • 「OpenVMS Open Source Tools」CD

    OpenVMS へポーティングしたさまざまなオープンソース・ソフトウェアが含まれています。

  • 製品ライセンス

1.1 OpenVMS for Integrity Servers インストレーション・キットの内容

OpenVMS for Integrity Servers のアップデート・キットには インストレーション・キットには次のものが含まれます。

  • 「HP OpenVMS Version 8.3 for Integrity Servers Operating Environment」DVD

  • 「HP OpenVMS Operating Environment Update」DVD

  • 「HP OpenVMS Layered Products Library」DVD

  • 「HP OpenVMS Layered Products Online Documentation Library」CD

  • 「OpenVMS Freeware」CD (3 枚)

  • 「OpenVMS Open Source Tools Version 4.0」CD

  • 「HP Services Tools Version 1.9」CD

  • 「OpenVMS Version 8.3 Documentation」CD

  • 「日本語 HP OpenVMS Version 8.3 ドキュメント Windows® システム用」CD

  • 「日本語 HP OpenVMS Version 8.3 ドキュメント OpenVMS システム用」CD

  • Cover Letter for HP OpenVMS Version 8.3

  • 日本語 HP OpenVMS Version 8.3 をご使用のお客様へ

  • HP OpenVMS V8.3 新機能説明書

  • HP OpenVMS V8.3 リリース・ノート [翻訳版]

  • HP OpenVMS V8.3-1H1 インストレーション・ガイド [翻訳版]

  • 日本語 OpenVMS インストレーション・ガイド

  • 日本語 OpenVMS リリース・ノート

  • HP OpenVMS License Management Utility Manual

  • Getting Started Layered Products Library and Operating Environment Update for OpenVMS for Integrity Servers

  • 日本語 HP OpenVMS CD / DVD ユーザーズ・ガイド』(本書)

1.1.1  レイヤード製品とオペレーティング環境のアップデート・キット

3ヶ月ごとにリリースされる OpenVMS for Integrity Servers の Quarterly Distribution のメディア・キットには, 以下のメディアおよびドキュメントが含まれます。

  • 「Operating Environment Update」DVD

  • 「Online Documentation Library」CD

  • 「Layered Products Library」CD

  • Getting Started Layered Products Library and Operating Environment Update for OpenVMS for Integrity Servers

これらメディアは 1 年に 4 回アップデートされ, 常に最新バージョンのソフトウェアが入手できるようになっています。

注意:

OpenVMS Version 8.3 for Integrity Servers のメディア・キットには, 最新バージョンのオペレーティング・システムとレイヤード製品のオンライン・ドキュメント CD が含まれています。 これらの CD は新しい Quarterly Distribution リリースのたびに最新バージョンに入れ換えられ,常にその時点での最新バージョンが提供されます。

1.2 OpenVMS for Integrity Servers オペレーティング環境

ここでは,OpenVMS for Integrity Servers オペレーティング環境が格納されている DVD 内のディレクトリについて説明します。 また,OpenVMS for Integrity Servers インストレーション・キットに含まれているすべてのレイヤード製品の名前,およびそれらの DVD 内の場所の一覧を示します。

OpenVMS for Integrity Servers オペレーティング環境をインストールする際には,『HP OpenVMS V8.3-1H1 インストレーション・ガイド [翻訳版]』および『日本語 HP OpenVMS インストレーション・ガイド』を参照してください。 なお,OpenVMS for Integrity Servers オペレーティング環境の問題点,変更点,制限事項については 『HP OpenVMS V8.3 リリース・ノート [翻訳版]』および『日本語 HP OpenVMS リリース・ノート』を,拡張機能や新機能については『HP OpenVMS V8.3 新機能説明書』を確認してください。

1.2.1 OpenVMS Version 8.3 for Integrity Servers Operating Environment DVD のディレクトリ構成

表 1-1 「OpenVMS Version 8.3 for Integrity Servers Operating Environment DVD のディレクトリ構造」 に, 最上位の各ディレクトリ,ドキュメント・ディレクトリ, 各ドキュメントのファイル名を示します。 ドキュメント CD の詳細については,第2章 「OpenVMS ドキュメント CD」 を参照してください。

表 1-1 OpenVMS Version 8.3 for Integrity Servers Operating Environment DVD のディレクトリ構造

ディレクトリファイル名/内容

[000000]

I64 8.3 OS

[.AVAILMAN_I64026]

Availability Manager Version 2.6

[.VMSI18N_I64083]

C/C++ I18N

[.CDSA_I64022]

CDSA Version 2.2

[.CSWS_JAVA_I64030]

CSWS_JAVA Version 3.0
[.CSWS_PERL_I64021]CSWS_PERL Version 2.1
[.CSWS_PHP_I64013]

CSWS_PHP Version 1.3

[.DCE_I64032]DCE Version 3.2
[.DCPS_025]DCPS Version 2.5

[.DECNET_PHASE_IV_I64083]

DECnet Phase IV Version 8.3

[.DECNET_PLUS_I64083]

DECnet-Plus Version 8.3

[.DECNET_PLUS_I64083]

DECnet OSAK, VT, FTAM Version 8.3

[.DISTNETBEANS_I640111]

Distributed NetBeans Version 1.1

[.DWMOTIF_I64016]

DECwindows Motif Version 1.6

[.ENTERPRISE_DIR_I64055]

Enterprise Directory Version 5.5
[.JAVA_I6401423]Java™ Version 1.4.2-3

[.KERBEROS_I64030]

Kerberos Version 3.0

[.LMF_BACKPORT]

LMF Backport kits

[.MGMTAGENTS_I64034]

Management Agents Version 3.4
[.NETBEANS_I64036]NetBeans Version 3.6

[.OVPA_I64040]

OpenView Performance Agent Version 4.0
[.PERL_I640586]Perl Version 5.8-6

[.PPU_I64080]

Pay per use Version 8.0

[.RTR_I64050]

Reliable Transaction Router Version 5.0
[.SWB_I6401713]Secure Web Browser Version 1.7-13
[.SWS_I640121]Secure Web Server Version 2.1
[.SOAP_020]SOAP Toolkit Version 2.0
[.SSL_I64013]SSL Version 1.3

[.TCPIP_I64056]

TCP/IP Services Version 5.6

[.TDC_I64022]

TDC (The Performance Data Collector) Version 2.2

[.TIMEZONE]

Time Zone ECOs

[.UDDI_010]

UDDI4J Version 1.0
[.WBEMCIM_I64020]WBEMCIM Version 2.0

[.WSIT_I64011]

WSIT Version 1.1
[.XMLC_I64020]XML-C Version 2.0

[.XMLJ_020]

XML_J Version 2.0

[.I64083.DOCUMENTATION]

.PS または .TXT 形式の製品ドキュメント

 

OVMS_V83_INSTALL.[PS, TXT]   『OpenVMS Upgrade and Installation Manual

 

OVMS_V83_REL_NOTES.[PS,TXT]   『OpenVMS Release Notes

 

OVMS_V83_NEW_FEATURES.[PS,TXT]   『OpenVMS New Features and Documentation Overview

 

V83_SPD.[PS,TXT]   『OpenVMS SPD

OVMS_V83_OE_SPD.[PS,TXT]   『OpenVMS OE SPD

 

CLUSTER_SPD.[PS,TXT]   『OpenVMS Cluster Software SPD

 

DECram_SPD.[PS,TXT]   『DECram Software SPD

RMS_SPD.[PS,TXT]   『RMS SPD

 

VOLUME_SHADOWING_SPD.[PS,TXT]   『Volume Shadowing for OpenVMS SPD

 

1.3 HP Integrity サーバ対応のファームウェア

HP Integrity サーバには複数のファームウェア・コンポーネントが含まれており (システムの種類によって異なります),いずれのファームウェアもアップデートが必要になる場合があります。 最低限必要となるバージョンについては,『HP OpenVMS V8.3 リリース・ノート [翻訳版]』 を参照してください。 Integrity サーバのファームウェアをアップデートする場合には,『HP OpenVMS V8.3-1H1 インストレーション・ガイド [翻訳版]』に記載されている手順に従ってください。

1.4 OpenVMS Freeware CD

OpenVMS I64 Version 8.3 インストレーション・キットには,3 枚の OpenVMS Freeware Version 8.0 CD が同梱されています。 これらの Freeware CD には,HP からのサポートは受けられませんが,さまざまなソフトウェアとユーティリティ,および一般的なオープンソース・パッケージを OpenVMS へポーティングしたものが収められています。

各フリーウェア・パッケージの詳細については,それぞれの FREEWARE_README.TXT ファイルを参照してください。ファイルにアクセスするには,該当する CD を CD ドライブに挿入し,マウンドされている Freeware ボリュームに応じて,次のようにコマンドを入力します。 MOUNT コマンドの後の ddcu: には,お使いの OpenVMS システムの CD ドライブまたは DVD ドライブのデバイス名を指定します。

$ MOUNT ddcu:FREEWARE80_3

$ TYPE DISK$FREEWARE80_3:[FREEWARE]FREEWARE_README.TXT

適切な CD をマウントしたら,標準の DCL コマンド (DIRECTORY コマンドなど) を使用して,ディスクの内容およびディレクトリ構造を表示させることができます。あるいは,次のいずれかのコマンドを使用して,適切なボリュームについて Freeware メニュー・システムを起動します。

$ @DISK$FREEWARE80_1:[FREEWARE]FREEWARE_MENU

$ @DISK$FREEWARE80_2:[FREEWARE]FREEWARE_MENU

$ @DISK$FREEWARE80_3:[FREEWARE]FREEWARE_MENU

個別のパッケージのライセンスや関連情報については,各パッケージを確認してください。

これらのパッケージのコピー,Freeware の古いバージョンのコピー,今後のディストリビューションのリリース予定,および現行のディストリビューションに関する最新の情報は,すべて以下の Web サイトから入手することが可能です。

http://www.hp.com/go/openvms/freeware

1.5 Open Source Tools CD

Open Source Tools CD は,OpenVMS エンジニアリングによって OpenVMS に移植されたオープンソース・ツールを集めたものです。 これらのツールは,GNU Lesser General Public License に従うフリー・ソフトウェアとして提供されています。 Free Software Foundation による GNU Lesser General Public License Version 2.1 の制限の下で,再配布や修正が可能です。

このライブラリで紹介するオープンソース・ツールに対して,HP はいかなる保証も行いません。 また,商品としての適格性や,特定の目的への適合性を保証するものでもありません。 詳細は Open Source Tools CD の GNV キットのディレクトリにある GNU Lesser General Public License を参照してください。

Open Source Tools CD に含まれるソフトウェアは次のとおりです。

  • GNV

    OpenVMS 上に UNIX® 環境を提供するオープンソースの GNU ベースのソフトウェアです。 UNIX アプリケーションの開発者,システム管理者,およびユーザに UNIX スタイルの環境を提供します。 この環境により,UNIX ソフトウェアの開発,および OpenVMS へのポーティングが可能になります (GNU は UNIX スタイルのオペレーティング・システムを提供するフリーソフトウェアです)。 GNV は UNIX システム上で通常使用されるユーティリティを提供するために,UNIX スタイルのシェル環境 (コマンドライン・インタプリタ),および C ランタイム・ライブラリ (CRTL) の追加ライブラリを提供します。 GNV では bash (Bourne-Again SHell の略,GNU が提供するもので,POSIX.2 準拠) シェルが使用されます。 Open Source Tools CD には,OpenVMS Alpha 用と OpenVMS for Integrity Servers 用の 2 つの GNV キットが含まれています。

  • IAS (Intel® Itanium® Assembler/Disassembler)

    Intel 提供のオープンソース Itanium アセンブラを OpenVMS I64 へポーティングしたものです。下位レベルの Itanium アセンブラ・コードを記述するのに使用することができます。OpenVMS I64 でより使いやすくするため,いくつかの機能が追加されています。追加された機能に関する情報およびアセンブラの使用方法についてはキットの内容を参照してください。

  • Stunnel

    OpenVMS システムから別のマシンへ SSL (Secure Sockets Layer) 接続を行うことにより,任意の TCP 接続の暗号化を可能にするプログラムです。 Stunnel の提供する暗号化によって,SSL に対応していないアプリケーション (Telnet,IMAP,LDAP) が保護されるので,SSL 対応のためにアプリケーション自体を変更する必要がなくなります。Stunnel はイメージとソースコードの両方が提供されています。

Open Source Tools CD には次のものも含まれています。

  • SSL (Secure Sockets Layer) ソースコード

    OpenVMS Version 8.3 にオプションのレイヤード製品として提供されます。 この CD では OpenVMS にポーティングしたソースとして SSL Version 1.3 が提供されます。

  • CD-Record ソースコード

    OpenVMS Version 8.3 の一部として提供されます。 CD レコード・イメージの作成に使用される完全なソース・キットが,オペレーティング・システムに同梱されています。

  • GnuPG (GNU Privacy Guard)

    安全な通信とデータ保護のための GNU ツールです。データの暗号化や,デジタル署名の生成に利用されます。GnuPG には最新のキー管理機能が備わっています。GnuPG は,PGP に置き換わる完全なフリーソフトウェアです。特許が取得されている IDEA アルゴリズムを使用してないため,制限なしに使用できます。GnuPG は RFC 2440 (OpenPGP) に準拠したアプリケーションです。

  • CDSA (Common Data Security Architecture) ソースコード

    OpenVMS Version 8.3 の一部として提供されます。この CD には,OpenVMS Version 2.2 用の CDSA の作成に使用される完全なソース・キットが同梱されています。

  • Kerberos Sources

    OpenVMS Version 8.3 の一部として提供されます。この CD には,OpenVMS Version 2.1 用の Kerberos の作成に使用される完全なソース・キットが同梱されています。

  • GTK+

    グラフィカル・ユーザ・インタフェース (GUI) を生成するためのオープンソースのフリーソフトウェア・ライブラリです。

  • libIDL

    libIDL (IDL Compiling Library) は,CORBA IDL (Interface Definition Language) ファイルのツリーを作成するために使用されるオープンソースのフリー・ソフトウェア・ライブラリです。

  • フリーウェア・ツールの tar ファイルおよび zip ファイルは [.000TOOLS] ディレクトリに置かれています。

表 1-2 「Open Source Tools CD」 に, Open Source Tools CD に含まれている製品およびディレクトリを示します。

表 1-2 Open Source Tools CD

製品ディレクトリ
CD-Record Sources Version 1.10[.CDRECORD_SOURCE]
CDSA ソース[.CDSA_SOURCE]
解凍 (unzip) およびその他のツール[.000TOOLS]
GnuPG Version 1.24[.GNUPG]
GNV for I64 Version 2.1[.GMV_I64]
GNV for Alpha Version 2.1[.GNV]
GTK+[.GTK]
IAS (Intel Assembler Source)[.IAS]
Kerberos Version 3.0 ソース[.KERBEROS_SOURCE]
libIDL[.LIBIDL]
SSL Version 1.3 ソース[.SSL_SOURCE]

Stunnel Version 3.26

[.STUNNEL]

 

1.6 製品ライセンス

OpenVMS I64 メディアおよび OpenVMS Alpha CD に収められているソフトウェアは,HP に属します。ソフトウェアの使用は,各製品について HP が発行した有効なソフトウェア・ライセンスを所有している場合に限り認められます。

ソフトウェア製品にアクセスするには,LMF (License Management Facility) の PAK (Product Authorization Key) が必要です。この CD からソフトウェアをインストールするには,あらかじめ PAK を登録し,ロードしておく必要があります。PAK の取得については,HP のサポート担当者または販売代理店までお問い合わせください。

System Integrated Products (SIP) は,利用する各ソフトウェアのライセンスを購入した場合に限り,OpenVMS ソフトウェアの CD (複数枚) に同梱されています。なお,関連するドキュメントについては別途ご購入いただけます。

SIP の製品は次のとおりです。

  • DECram

  • DECnet Phase IV

  • OpenVMS Cluster ソフトウェア

  • OpenVMS Galaxy

  • RMS Journaling

  • Volume Shadowing for OpenVMS

OpenVMS オペレーティング・システムおよび特定のレイヤード製品は,FOE (基本オペレーティング環境),EOE (エンタープライズ・オペレーティング環境),MCOE (ミッションクリティカル・オペレーティング環境) の各オペレーティング環境で提供されるため,OpenVMS I64 のライセンスは OpenVMS Alpha のライセンスとは異なります。 EOE には,FOE のすべての内容が含まれているのに加え,いくつかのレイヤード製品が追加されています。 MCOE には,EOE のすべての内容に加え,OpenVMS Cluster と RTR が含まれています。

必要なレイヤード製品に応じて,FOE のライセンスと追加のレイヤード製品のライセンスを購入するか,あるいは EOE や MCOE を購入するかを選択することができます。オペレーティング環境とその内容の詳細については,下記の Web サイトで『HP Operating Environments for OpenVMS Industry Standard 64 Version 8.3 for Integrity Servers SPD』 (82.34.06) を参照してください。

http://h18000.www1.hp.com/info/XAV12Z/XAV12ZPF.PDF

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項
© 2006 Hewlett-Packard Development Company, L.P.