日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:概要
第 2 章:日本語ライブラリの使用例
第 3 章:汎用ライブラリ
第 4 章:基本ライブラリ
第 5 章:かな漢字変換ライブラリ
第 6 章:漢字コード変換ライブラリ
付録 A :変換キー配列
付録 B :変換対応表
索引
PDF
OpenVMS ホーム

日本語 OpenVMS
日本語ライブラリ 利用者の手引き


目次 索引




自立語次候補ルーチン

形式

status = JLB$CNV_NEXT_WORD ( clause-no )

clause-no
        JLB usage 次候補漢字列を要求する文節の番号
        type Longword
        access 入力のみ
        mechanism Reference渡し
  1以上JLB$CNV_GET_KANJIまたはJSY$CNV_GET_KANJIルーチンで返った文節数以下を指定する。


形式

status = JSY$CNV_NEXT_WORD ( clause-no )

clause-no
        JSY usage 次候補漢字列を要求する文節の番号
        type Longword
        access 入力のみ
        mechanism Value渡し
  1以上JLB$CNV_GET_KANJIまたはJSY$CNV_GET_KANJIルーチンで返った文節数以下を指定する。


説明

引数で指定された文節の自立語の次候補を採用して,新しい漢字文字列を作り,変換ルーチンの内部バッファに格納します。JLB$CNV_GET_KANJI または JSY$CNV_GET_KANJI ルーチンにより新しい漢字文字列を返します。漢字文字列の文節の数と区切りは変化しません。また,最後の候補のときに次候補が要求されると,JSY$_ROUNDK のステータスで,先頭の候補を返します。

戻り値

status  
SS$_NORMAL 正常終了
JSY$_ROUNDK 先頭の候補に戻った。(正常終了)
JSY$_CNVINTERR 変換ルーチンの内部エラーが起きた。
JSY$_INVCALL ルーチンの呼び出し順序が正しくない。
  変換開始ルーチンを呼び出した後に呼び出すこと。
JSY$_INVCLSNUM 文節番号の指定が正しくない。
JSY$_RMSERR 辞書I/Oの最中にRMSのエラーが起きた。
  JLB$CNV_IO_ERRORまたはJSY$CNV_IO_ERRORルーチンを呼び出せば,エラーの詳細がわかる。




自立語前候補ルーチン

形式

status = JLB$CNV_PREV_WORD ( clause-no )

clause-no
        JLB usage 前候補漢字列を要求する文節の番号
        type Longword
        access 入力のみ
        mechanism Reference渡し
  1以上JLB$CNV_GET_KANJIまたはJSY$CNV_GET_KANJIルーチンで返った文節数以下を指定する。


形式

status = JSY$CNV_PREV_WORD ( clause-no )

clause-no
        JSY usage 前候補漢字列を要求する文節の番号
        type Longword
        access 入力のみ
        mechanism Value渡し
  1以上JLB$CNV_GET_KANJIまたはJSY$CNV_GET_KANJIルーチンで返った文節数以下を指定する。


説明

引数で指定された文節の自立語の前候補を採用して,新しい漢字文字列を作り,変換ルーチンの内部バッファに格納します。JLB$CNV_GET_KANJIまたはJSY$CNV_GET_KANJI ルーチンにより新しい漢字文字列を返します。漢字文字列の文節の数と区切りは変化しません。

戻り値

status  
SS$_NORMAL 正常終了
JSY$_CNVINTERR 変換ルーチンの内部エラーが起きた。
JSY$_INVCALL ルーチンの呼び出し順序が正しくない。
  変換開始ルーチンを呼び出した後に呼び出すこと。
JSY$_INVCLSNUM 文節番号の指定が正しくない。
JSY$_RMSERR 辞書I/Oの最中にRMSのエラーが起きた。
  JLB$CNV_IO_ERRORまたはJSY$CNV_IO_ERRORルーチンを呼び出せば,エラーの詳細がわかる。




文節位置情報ルーチン

引数で指定した文節の各種情報を返します。

形式

status = JLB$CNV_GET_CLAUSE ( clause-no, offset, length, flag )

clause-no
        JLB usage 文節番号
        type Longword
        access 入力のみ
        mechanism Reference渡し
  1以上JLB$CNV_GET_KANJIまたはJSY$CNV_GET_KANJIルーチンで返った文節数以下を指定する。
offset
        JLB usage 指定した文節の位置
        type Longword
        access 出力のみ
        mechanism Reference渡し
  指定した文節の位置情報をJLB$CNV_GET_KANJIまたはJSY$CNV_GET_KANJI で返った漢字文字列の先頭からのオフセット(バイト単位)で返す。
length
        JLB usage 文節の長さ(バイト長)
        type Word (Unsigned)
        access 入力のみ
        mechanism Reference渡し
flag
        JLB usage 変換情報
        type Longword
        access 出力のみ
        mechanism Reference渡し
  値は常に1 ( V4.5 より,この引数の内容は意味を持ちません)。


形式

status = JSY$CNV_GET_CLAUSE ( clause-no, offset, length, flag )

clause-no
        JSY usage 文節番号
        type Longword
        access 入力のみ
        mechanism Value渡し
  1以上JLB$CNV_GET_KANJIまたはJSY$CNV_GET_KANJIルーチンで返った文節数以下を指定する。
offset
        JSY usage 指定した文節の位置
        type Longword
        access 出力のみ
        mechanism Reference渡し
  指定した文節の位置情報をJLB$CNV_GET_KANJIまたはJSY$CNV_GET_KANJI で返った漢字文字列の先頭からのオフセット(バイト単位)で返す。
length
        JSY usage 文節の長さ(バイト長)
        type Longword
        access 出力のみ
        mechanism Reference渡し
flag
        JSY usage 変換情報
        type Longword
        access 出力のみ
        mechanism Reference渡し
  値は常に1 ( V4.5 より,この引数の内容は意味を持ちません)。


戻り値

status  
SS$_NORMAL 正常終了
JSY$_INVCALL ルーチンの呼び出し順序が正しくない。
  変換開始ルーチンを呼び出した後に呼び出すこと。
JSY$_INVCLSNUM 文節番号の指定が正しくない。




文節に対応する入力文字列の位置情報ルーチン

引数で指定した文節に対応する入力文字列の位置情報を返します。指定した文節の読みが得られます。

形式

status = JSY$CNV_GET_PHONETIC_CLAUSE ( clause-no, offset, length )


引数


clause-no
        JSY usage 文節番号
        type Longword
        access 入力のみ
        mechanism Value渡し
  1以上JLB$CNV_GET_KANJIまたはJSY$CNV_GET_KANJIルーチンで返った文節数以下を指定する。
offset
        JSY usage 指定した文節に対応する入力文字列の位置
        type Longword
        access 出力のみ
        mechanism Reference渡し
  JLB$CNV_CONVERTまたはJSY$CNV_CONVERTルーチンに引き渡した読み文字列の先頭からのオフセット(バイト単位)で返す。
  JLB$CNV_ROM_CONVERTまたはJSY$CNV_ROM_CONVERTルーチンを使用していた場合は,引き渡したローマ字列をかな変換した(JLB$TRA_ROM_KANA)結果を,入力文字列とみなし,このかな文字列の先頭からのオフセット(バイト単位)で返す。
length
        JSY usage 読み文字列の長さ(バイト長)
        type Longword
        access 出力のみ
        mechanism Reference渡し


戻り値

status  
SS$_NORMAL 正常終了
JSY$_INVCALL ルーチンの呼び出し順序が正しくない。
  変換開始ルーチンを呼び出した後に呼び出すこと。
JSY$_INVCLSNUM 文節番号の指定が正しくない。




文節縮小ルーチン

形式

status = JLB$CNV_SHORTEN_CLAUSE ( clause-no )

clause-no
        JLB usage 文節番号
        type Longword
        access 入力のみ
        mechanism Reference渡し
  1以上JLB$CNV_GET_KANJIまたはJSY$CNV_GET_KANJIルーチンで返った文節数以下を指定する。


形式

status = JSY$CNV_SHORTEN_CLAUSE ( clause-no )

clause-no
        JSY usage 文節番号
        type Longword
        access 入力のみ
        mechanism Value渡し
  1以上JLB$CNV_GET_KANJIまたはJSY$CNV_GET_KANJIルーチンで返った文節数以下を指定する。


説明

引数で指定された文節の長さ縮小し,文法解析をやり直して新しい漢字文字列を作ります。指定された文節以降の文節は,長さや区切りが変わることもあります。 JLB$CNV_GET_KANJIまたはJSY$CNV_GET_KANJIルーチンにより,新しい漢字文字列を返します。

戻り値

status  
SS$_NORMAL 正常終了
JSY$_CANNOTCNV 文節を縮小すると変換ができない。
JSY$_CNVINTERR 変換ルーチンの内部エラーが起きた。
JSY$_INVCALL ルーチンの呼び出し順序が正しくない。
  変換開始ルーチンを呼び出した後に呼び出すこと。
JSY$_INVCLSNUM 文節番号の指定が正しくない。
JSY$_RMSERR 辞書I/Oの最中にRMSのエラーが起きた。
  JLB$CNV_IO_ERRORまたはJSY$CNV_IO_ERRORルーチンを呼び出せば,エラーの詳細がわかる。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項