日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:概要
第 2 章:日本語ライブラリの使用例
第 3 章:汎用ライブラリ
第 4 章:基本ライブラリ
第 5 章:かな漢字変換ライブラリ
第 6 章:漢字コード変換ライブラリ
付録 A :変換キー配列
付録 B :変換対応表
索引
PDF
OpenVMS ホーム

日本語 OpenVMS
日本語ライブラリ 利用者の手引き


目次 索引




文字列からの文字の取り出し,およびポインタの更新

形式

char-code = JSY$CH_RNEXT ( char-ptr )


引数


char-ptr
        JSY usage 文字の1バイト目を指すポインタ
        mechanism Reference渡し


戻り値

char-code ポインタが指している文字の文字コード




文字列への文字の書き込み

形式

JSY$CH_WCHAR ( char-code, char-ptr )


引数


char-code
        JSY usage 文字コード
        mechanism Value渡し
char-ptr
        JSY usage 文字の1バイト目を指すポインタ
        mechanism Value渡し




文字列への文字の書き込みおよびポインタの更新

形式

JSY$CH_WNEXT ( char-code, char-ptr )


引数


char-code
        JSY usage 文字コード
        mechanism Value渡し
char-ptr
        JSY usage 文字の1バイト目を指すポインタ
        mechanism Reference渡し




文字列からの文字の取り出し,および文字列の終わりのチェック

形式

char-code = JSY$CH_GCHAR ( char-ptr, end-ptr )


引数


char-ptr
        JSY usage 文字の1バイト目を指すポインタ
        mechanism Value渡し
end-ptr
        JSY usage 文字列の終わりを示すポインタ
        mechanism Value渡し


戻り値

char-code ポインタが指している文字の文字コード
  文字列の終わりを越えていた場合は 'FFFF'(16 進)




文字列からの文字の取り出し,ポインタの更新,および文字列の終わりのチェック

形式

char-code = JSY$CH_GNEXT ( char-ptr, end-ptr )


引数


char-ptr
        JSY usage 文字の1バイト目を指すポインタ
        mechanism Reference渡し
end-ptr
        JSY usage 文字列の終わりを示すポインタ
        mechanism Value渡し


戻り値

char-code ポインタが指している文字の文字コード
  文字列の終わりを越えていた場合は 'FFFF'(16 進)




文字列への文字の書き込み,および文字列の終わりのチェック

形式

status = JSY$CH_PCHAR ( char-code, char-ptr, end-ptr )


引数


char-code
        JSY usage 文字コード
        mechanism Value渡し
char-ptr
        JSY usage 文字の1バイト目を指すポインタ
        mechanism Value渡し
end-ptr
        JSY usage 文字列の終わりを示すポインタ
        mechanism Value渡し


戻り値

status 1 : 文字の書き込みができた場合
  0 : 文字の書き込みができなかった場合
  (end-ptr を越えた)




文字列への文字の書き込み,ポインタの更新,および文字列の終わりのチェック

形式

status = JSY$CH_PNEXT ( char-code, char-ptr, end-ptr )


引数


char-code
        JSY usage 文字コード
        mechanism Value渡し
char-ptr
        JSY usage 文字の1バイト目を指すポインタ
        mechanism Reference渡し
end-ptr
        JSY usage 文字列の終わりを示すポインタ
        mechanism Value渡し


戻り値

status 1 : 文字の書き込みができた場合
  0 : 文字の書き込みができなかった場合
  (end-ptr を越えた)



#include <stdio.h> 
#include <string.h> 
 
#define ENCODE( c )\
 ( ( ( ( c ) & 0xff ) << 8 ) |( ( ( c ) & 0xff00 ) >> 8 ) ) 
 
static void     create_display_string(); 
 
main() 
{ 
    unsigned short int  char_code; 
    char        *char_ptr, 
                *end_ptr; 
    int         status; 
    int         byte_offset = 4; 
    char        string[] = "実行前の文字列"; 
    char        disp_str[32]; 
    extern int  jsy$ch_pnext(); 
 
    char_code = ENCODE( '後' ); 
    char_ptr = string + byte_offset; 
    end_ptr = string + strlen( string ); 
 
    printf( "書き込む文字 :%c%c\n", 
        ( char_code & 0xff00 ) >> 8, char_code & 0xff ); 
    create_display_string( char_ptr, disp_str ); 
    printf( "実行前の文字列 :\"%s\"    実行前の位置の文字 :%s\n", 
        string, disp_str ); 
 
    status = jsy$ch_pnext( char_code, &char_ptr, end_ptr ); 
 
    create_display_string( char_ptr, disp_str ); 
    printf( "実行後の文字列 :\"%s\"    実行後の位置の文字 :%s    ステータス :%1d\n",) 
        string, disp_str, status ); 
} 
 
static void     create_display_string(src, disp) 
char    *src; 
char    *disp; 
{ 
    int nof_byte_char = 1; 
    unsigned char       check; 
 
    check = (unsigned char)(*src); 
    if ( ( 0x0A1 <= check ) && ( check <= 0x0FE ) )     /* 範囲内なら2バイト文字 */
        nof_byte_char = 2; 
 
    strncpy( disp, src, nof_byte_char ); 
    disp[ nof_byte_char ] = '\0'; 
} 




文字が占めるバイト数の入手

形式

nof-byte = JSY$CH_SIZE ( char-code )


引数


char-code
        JSY usage 文字コード
        mechanism Value渡し


戻り値

nof-byte 文字コードが255以下の場合は1,256以上の場合は2




文字列が占めるバイト数の入手

形式

nof-byte = JSY$CH_NBYTE ( top-ptr,#nof-char )


引数


top-ptr
        JSY usage 文字列の先頭を指すポインタ
        mechanism Value渡し
nof-char
        JSY usage 文字数
        mechanism Value渡し


戻り値

nof-byte top-ptrからnof-char文字が占めるバイト数




文字列に含まれる文字数の入手

形式

nof-char = JSY$CH_NCHAR ( top-ptr,#nof-byte )


引数


top-ptr
        JSY usage 文字列の先頭を指すポインタ
        mechanism Value渡し
nof-byte
        JSY usage バイト数
        mechanism Value渡し


戻り値

nof-char top-ptrからnof-byteバイト内にある文字数




文字列の検索

形式

address = JSY$POSITION ( src-str, src-len, sub-str, sub-len )


引数


src-str
        JSY usage 検索される文字列の先頭を指すポインタ
        mechanism Value渡し
src-len
        JSY usage 検索される文字列のバイト長
        mechanism Value渡し
sub-str
        JSY usage 検索する文字列の先頭を指すポインタ
        mechanism Value渡し
sub-len
        JSY usage 検索する文字列のバイト長
        mechanism Value渡し


戻り値

address 検索する文字列が含まれていた場合は文字列の先頭アドレス
  文字列が含まれていなければ 0
  sub-len がゼロの場合は src-str




英大文字/小文字,全角/半角,ひらがな/カタカナ変換による文字列の比較

形式

status = JSY$STR_EQUAL ( str1, len1, str2, len2, flg )


引数


str1  
        JSY usage 比較対象文字列 1 の先頭を指すポインタ
        mechanism Value渡し
len1  
        JSY usage 比較対象文字列 1 のバイト長
        mechanism Value渡し
str2  
        JSY usage 比較対象文字列 2 の先頭を指すポインタ
        mechanism Value渡し
len2  
        JSY usage 比較対象文字列 2 のバイト長
        mechanism Value渡し
flg  
        JSY usage 変換フラグ
  比較の前に行う変換を指定する。
  bit 0 0 : 英大文字/小文字変換を行う
    1 : 英大文字/小文字変換を行わない
  bit 1 0 : 全角/半角変換を行う
    1 : 全角/半角変換を行わない
  bit 2 0 : ひらがな/カタカナ変換を行う
    1 : ひらがな/カタカナ変換を行わない
        mechanism Value渡し


戻り値

ret-code 1 : 文字列1と文字列2が等しい
  0 : 文字列1と文字列2が等しくない




英大文字/小文字,全角/半角,ひらがな/カタカナ変換による文字列の比較

文字列1が文字列2で始まっているかどうかを調べます。

形式

status = JSY$STR_START ( str1, len1, str2, len2, flg )


引数


str1  
        JSY usage 比較対象文字列1の先頭を指すポインタ
        mechanism Value渡し
len1  
        JSY usage 比較対象文字列1のバイト長
        mechanism Value渡し
str2  
        JSY usage 比較対象文字列2の先頭を指すポインタ
        mechanism Value渡し
len2  
        JSY usage 比較対象文字列2のバイト長
        mechanism Value渡し
flg  
        JSY usage 変換フラグ
  比較の前に行う変換を指定する。
  bit 0 0 : 英大文字/小文字変換を行う
    1 : 英大文字/小文字変換を行わない
  bit 1 0 : 全角/半角変換を行う
    1 : 全角/半角変換を行わない
  bit 2 0 : ひらがな/カタカナ変換を行う
    1 : ひらがな/カタカナ変換を行わない
        mechanism Value渡し


戻り値

ret-code 1 : 文字列1が文字列2で始まっている
  0 : 文字列1が文字列2で始まっていない


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項