日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:概要
第 2 章:日本語ライブラリの使用例
第 3 章:汎用ライブラリ
第 4 章:基本ライブラリ
第 5 章:かな漢字変換ライブラリ
第 6 章:漢字コード変換ライブラリ
付録 A :変換キー配列
付録 B :変換対応表
索引
PDF
OpenVMS ホーム

日本語 OpenVMS
日本語ライブラリ 利用者の手引き


目次 索引




英大文字/小文字,全角/半角,ひらがな/カタカナ変換による文字列の比較
文字列1が文字列2で始まっているかどうかを調べます。

形式

match = JLB$STR_START ( str1, str2 [, flg])


引数


strl  
        JLB usage 比較対象文字列1
        access 入力のみ
        mechanism Descriptor渡し
str2  
        JLB usage 比較対象文字列2
        access 入力のみ
        mechanism Descriptor渡し
flg  
        JLB usage 変換フラグ
        type Byte
        access 入力のみ
        type Reference渡し
  比較の前に行う変換を指定する。
  bit 0 0 : 英大文字/小文字変換を行う
    1 : 英大文字/小文字変換を行わない
  bit 1 0 : 全角/半角変換を行う
    1 : 全角/半角変換を行わない
  bit 2 0 : ひらがな/カタカナ変換を行う
    1 : ひらがな/カタカナ変換を行わない


戻り値

match 1 : 文字列 1 が文字列 2 で始まっている
  0 : 文字列 1 が文字列 2 で始まっていない




英大文字/小文字,全角/半角,ひらがな/カタカナ変換による文字列の検索

検索文字列が含まれていない場合は0を返します。

形式

index = JLB$STR_SEARCH ( src-str, sub-str[[, start-pos][, flg]] )


引数


src-str  
        JLB usage 入力文字列
        access 入力のみ
        mechanism Descriptor渡し
sub-str  
        JLB usage 検索文字列
        access 入力のみ
        mechanism Descriptor渡し
start-pos  
        JLB usage 検索開始文字位置 (省略時は1)
        type Longword
        access 入力のみ
        mechanism Reference渡し
flg  
        JLB usage 変換フラグ (省略時は0)
        type Byte
        access 入力のみ
        mechanism Reference渡し
  検索の前に行う変換を指定する。
  bit 0 0 : 英大文字/小文字変換を行う
    1 : 英大文字/小文字変換を行わない
  bit 1 0 : 全角/半角変換を行う
    1 : 全角/半角変換を行わない
  bit 2 0 : ひらがな/カタカナ変換を行う
    1 : ひらがな/カタカナ変換を行わない


戻り値

index 検索文字列が含まれている場合はその開始位置
  検索文字列が含まれていなければ 0
  検索文字列の長さがゼロの場合は 1



#include <stdio.h> 
#include <descrip.h> 
#include <string.h> 
 
main() 
{ 
    struct dsc$descriptor_s     src_str; 
    struct dsc$descriptor_s     sub_str; 
    char        flg; 
    int         index; 
    extern int  jlb$str_search(); 
    char        src_str_body[] = "日本語ライブラリ",
                sub_str_body[] = "らいぶらり";
    int         start_pos = 1; 
 
    src_str.dsc$b_class = DSC$K_CLASS_S; 
    src_str.dsc$b_dtype = DSC$K_DTYPE_T; 
    src_str.dsc$w_length = strlen( src_str_body ); 
    src_str.dsc$a_pointer = src_str_body; 
 
    sub_str.dsc$b_class = DSC$K_CLASS_S; 
    sub_str.dsc$b_dtype = DSC$K_DTYPE_T; 
    sub_str.dsc$w_length = strlen( sub_str_body ); 
    sub_str.dsc$a_pointer = sub_str_body; 
 
    printf( "文字列 1:\"%s\"    文字列 2:\"%s\"\n", src_str_body, sub_str_body); 
    for ( flg = 0; flg < 8; ++flg ) { 
        index = jlb$str_search( &src_str, &sub_str, &start_pos, &flg ); 
        printf( "変換フラグ :%1d    結果 :%d\n", flg, index ); 
    } 
} 




文字列の後の空白の切り捨て

文字列の後に含まれる空白(半角および全角)ならびにタブを切り捨てます。

形式

ret-status = JLB$TRIM ( dst-str, src-str [, out-len] )


引数


dst-str
        JLB usage 出力文字列
        access 出力のみ
        mechanism Descriptor渡し
src-str
        JLB usage 入力文字列
        access 入力のみ
        mechanism Descriptor渡し
out-len
        JLB usage 出力文字列のバイト長 (省略時は長さが返りません。)
        type Word
        access 出力のみ
        mechanism Reference渡し


戻り値

ret-status SS$_NORMAL
  LIB$_STRTRU



#include <stdio.h> 
#include <descrip.h> 
#include <ssdef.h> 
#include <libdef.h> 
#include <string.h> 
 
#include <ssdef.h> 
#include <stsdef.h> 
#include <varargs.h> 
 
main() 
{ 
    struct dsc$descriptor_s     dst_str; 
    struct dsc$descriptor_s     src_str; 
    int         ret_status; 
    extern int  jlb$trim(); 
    char        src_str_body[] = "日本語    "; 
    char        dst_str_body[] = "外国人    "; 
 
    dst_str.dsc$b_class = src_str.dsc$b_class = DSC$K_CLASS_S; 
    dst_str.dsc$b_dtype = src_str.dsc$b_dtype = DSC$K_DTYPE_T; 
    src_str.dsc$w_length = strlen (src_str_body); 
    dst_str.dsc$w_length = strlen (dst_str_body); 
    src_str.dsc$a_pointer = src_str_body; 
    dst_str.dsc$a_pointer = dst_str_body; 
 
    printf( "入力文字列 :\"%s\"\n", src_str_body ); 
 
    ret_status = jlb$trim( &dst_str, &src_str, &dst_str.dsc$w_length ); 
 
    dst_str_body[ dst_str.dsc$w_length ] = '\0'; 
    printf( "出力文字列 :\"%s\"    文字列長 :%d    ステータス :",
        dst_str.dsc$a_pointer, dst_str.dsc$w_length ); 
 
    switch ( ret_status ) { 
    case SS$_NORMAL: 
        printf( "SS$_NORMAL" ); 
        break; 
    case LIB$_STRTRU: 
        printf( "LIB$_STRTRU" ); 
        break; 
    } 
    putchar( '\n' ); 
} 




文字列の切り捨て

文字列を指定された長さで切り捨てます。

形式

ret-status = JLB$TRUNC ( dst-str, src-str, size [, out-len] )


引数


dst-str
        JLB usage 出力文字列
        access 出力のみ
        mechanism Descriptor渡し
src-str
        JLB usage 入力文字列
        access 入力のみ
        mechanism Descriptor渡し
size
        JLB usage 切り捨てを行う長さ
        type Word
        access 入力のみ
        mechanism Reference渡し
out-len
        JLB usage 出力文字列のバイト長
        type Word
        access 出力のみ
        mechanism Reference渡し


戻り値

ret-status SS$_NORMAL
  LIB$_STRTRU




文字の検索

入力文字列中で最初に現れた検索文字の文字位置を返します。検索文字が含まれていない場合は0を返します。

形式

index = JLB$LOCC ( char-str, src-str )


引数


char-str
        JLB usage 検索文字
        access 入力のみ
        mechanism Descriptor渡し
src-str
        JLB usage 入力文字列
        access 入力のみ
        mechanism Descriptor渡し


戻り値

index 文字位置



#include <stdio.h> 
#include <descrip.h> 
#include <string.h> 
 
main() 
{ 
    struct dsc$descriptor_s     char_str; 
    struct dsc$descriptor_s     src_str; 
    int         index; 
    extern int  jlb$locc(); 
    char        char_str_body[] = "本", 
                src_str_body[]  = "日本語"; 
 
    char_str.dsc$b_class = src_str.dsc$b_class = DSC$K_CLASS_S; 
    char_str.dsc$b_dtype = src_str.dsc$b_dtype = DSC$K_DTYPE_T; 
    char_str.dsc$w_length = strlen( char_str_body ); 
    char_str.dsc$a_pointer = char_str_body; 
    src_str.dsc$w_length = strlen( src_str_body ); 
    src_str.dsc$a_pointer = src_str_body; 
 
    index = jlb$locc( &char_str, &src_str ); 
 
    printf( "検索文字 :\'%s\'    入力文字列 :\"%s\"\n 結果 :%d\n", 
        char_str_body, src_str_body, index ); 
} 




文字の飛び越し

入力文字列中で最初に現れた検索文字以外の文字位置を返します。検索文字以外の文字がない場合は0を返します。

形式

index = JLB$SKPC ( char-str, src-str )


引数


char-str
        JLB usage 検索文字
        access 入力のみ
        mechanism Descriptor渡し
src-str
        JLB usage 入力文字列
        access 入力のみ
        mechanism Descriptor渡し


戻り値

index 文字位置
  char-str の長さがゼロの場合は 1




文字列からの文字の取り出し

形式

char-code = JLB$RCHAR ( src-str [, pos] )


引数


src-str
        JLB usage 入力文字列
        access 入力のみ
        mechanism Descriptor渡し
pos
        JLB usage 文字位置
        type Longword
        access 入力のみ
        mechanism Reference渡し


戻り値

char-code 文字コード


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項