日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ユーザ・キー定義ライブラリ (IMLIB) の概要
第 2 章:標準のキー定義と使い方
第 3 章:個々のキー定義の変更
第 4 章:PROFILE
第 5 章:入力シーケンスのカスタマイズ
第 6 章:KEYBINDコンパイラ
第 7 章:KEYBINDファイル作成例
付録 A :キー名
付録 B :KEYBINDファイルのシンタックス
付録 C :KEYBINDコンパイラのエラー
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語OpenVMS | HPE 日本

日本語OpenVMS
ユーザ・キー定義 利用者の手引き


目次 索引

付録 B
KEYBINDファイルのシンタックス

図 B-1 にKEYBINDファイルのシンタックスを示します。このシンタックスの記述規則は以下のとおりです。

  • 大文字はキーワードを示します(終端記号)。

  • アイデンティファイアは大カッコ[]を使って示します(終端記号)。アイデンティファイアには,キー名[keyname],ACTION名[action],マクロ名[macro_identifier],STATE名[state_string]があります。

  • 非終端記号は小文字で示します。

KEYBIND ファイルで使われるディレクティブには以下のものがあります。

  • %include (ファイル名)
    指定したファイルを読み込む。

図 B-1 KEYBIND ファイルのシンタックス



 
    ## Syntax ## 
 
        keybind ::= macro_def_list states | states 
 
    ## Syntax of keydef_header ## 
 
        macro_def_list ::= macro_def | macro_def macro_def_list 
        macro_def      ::= macro_name = key_choice ; 
        macro_name     ::= [macro_identifier] 
 
    ## Syntax of keydef_body ## 
 
        states         ::= a_state | a_state states 
        a_state        ::= STATE state_name = key_def_list END ; 
        state_name     ::= [state_string] 
        key_def_list   ::= key_def | key_def key_def_list 
        key_def        ::= key_choice : actions ; 
 
        key_choice     ::= key_sequence | key_sequence , key_choice 
        key_sequence   ::= keys | keys + key_sequence 
        keys           ::= ( key_choice ) | a_key 
 
        a_key          ::= key | macro_name 
                              #(defined macro_name in keydef_header) 
        key            ::= [keyname] 
 
        actions        ::= an_action | an_action , actions | goto_action 
        an_action      ::= [action] 
        goto_action    ::= GOTO state_name 
 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡