日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ユーザ・キー定義ライブラリ (IMLIB) の概要
第 2 章:標準のキー定義と使い方
第 3 章:個々のキー定義の変更
第 4 章:PROFILE
第 5 章:入力シーケンスのカスタマイズ
第 6 章:KEYBINDコンパイラ
第 7 章:KEYBINDファイル作成例
付録 A :キー名
付録 B :KEYBINDファイルのシンタックス
付録 C :KEYBINDコンパイラのエラー
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語OpenVMS
ユーザ・キー定義 利用者の手引き


目次 索引

第 3 章
個々のキー定義の変更

この章では,標準で提供されるキー定義ファイルを使って,個々のキーの定義を変更する方法について説明します。

3.1 標準のキー定義ファイル

標準で提供されるキー定義ファイルは,テキストとバイナリの両方の形式で提供されます。以下に提供されるファイルの説明をします。

バイナリ形式のキー定義ファイルは,テキスト形式のキー定義ファイルをコンパイルしたものです。アプリケーションが実行されるときには,バイナリ形式のキー定義ファイルが使われます。

提供されるバイナリ形式のキー定義ファイルを以下に示します。

キー定義ファイル 説明
SYS$LIBRARY:IM$KEY_JVMS.IM$DAT JVMSキー
SYS$LIBRARY:IM$KEY_EVEJ.IM$DAT EVEJキー
SYS$LIBRARY:IM$KEY_LEIA.IM$DAT LEIAキー
SYS$LIBRARY:IM$KEY_TARO.IM$DAT TAROキー
   
SYS$LIBRARY:IM$KEY_JVMS_LEVEL2.IM$DAT JVMSキー
SYS$LIBRARY:IM$KEY_EVEJ_LEVEL2.IM$DAT EVEJキー
SYS$LIBRARY:IM$KEY_LEIA_LEVEL2.IM$DAT LEIAキー
SYS$LIBRARY:IM$KEY_TARO_LEVEL2.IM$DAT TAROキー

提供されるテキスト形式のキー定義ファイルを以下に示します。

キー定義ファイル 説明
IM$EXAMPLES:IM$KEY_JVMS.DAT JVMSキー用マクロ
IM$EXAMPLES:IM$KEY_EVEJ.DAT EVEJキー用マクロ
IM$EXAMPLES:IM$KEY_LEIA.DAT LEIAキー用マクロ
IM$EXAMPLES:IM$KEY_COMMON_BODY.DAT JVMS, EVEJ, LEIAキー用本体
IM$EXAMPLES:IM$KEY_TARO.DAT TAROキー用マクロ
IM$EXAMPLES:IM$KEY_TARO_BODY.DAT TAROキー用本体
   
IM$EXAMPLES:IM$KEY_JVMS_LEVEL2.DAT JVMSキー用マクロ
IM$EXAMPLES:IM$KEY_EVEJ_LEVEL2.DAT EVEJキー用マクロ
IM$EXAMPLES:IM$KEY_LEIA_LEVEL2.DAT LEIAキー用マクロ
IM$EXAMPLES:IM$KEY_COMMON_BODY_LEVEL2.DAT JVMS, EVEJ, LEIAキー用本体
IM$EXAMPLES:IM$KEY_TARO_LEVEL2.DAT TAROキー用マクロ
IM$EXAMPLES:IM$KEY_TARO_BODY_LEVEL2.DAT TAROキー用本体

テキスト形式のキー定義ファイルは「マクロ」と「本体」に分かれています。「マクロ」で個々のキーの機能を定義し,「本体」でキー定義の状態の変化を記述しています。

ファイル名に「LEVEL2」を含むファイルは,半角カナ変換用のキー定義を追加したものです。これらを使用するには,アプリケーションが半角カナをサポートしていることが必要です。

3.2 キー定義を変更する方法

個々のキー定義を変更するには,マクロが書かれたファイルを変更してコンパイラでバイナリ形式に変換します。次にキー定義を変更する例を示します。キーボード上のキーの名称については 付録 A を参照してください。

JVMSキーでは,ひらがな変換は[Ctrl/L]キーに定義されています。そこで,ひらがな変換キーを[Ctrl/H]キーに変更することを例に説明します。

  1. JVMSキー用のマクロ・ファイルを自分のログイン・ディレクトリにコピーします。


        $ SET DEFAULT SYS$LOGIN: 
        $ COPY IM$EXAMPLES:IM$KEY_JVMS.DAT MY_JVMS.DAT 
    

  2. エディタを使ってMY_JVMS.DATの中の1行を次のように変更します。


       (変更前)hiragana_henkan = CTRL_L; 
       (変更後)hiragana_henkan = CTRL_H; 
    

  3. 変更されたファイルをコンパイルします。


        $ KEYBIND MY_JVMS.DAT 
    


    コンパイルによってMY_JVMS.IM$DATが作られます。

  4. PROFILEを自分のログイン・ディレクトリにコピーします。


        $ COPY IM$DEFAULTS:IM$PROFILE.DAT SYS$LOGIN: 
    

  5. エディタを使って,ログイン・ディレクトリにある IM$PROFILE.DAT の中の1行を次のように変更します。


        (変更前) DEC-JAPANESE.KEY.keybind : IM$KEY_JVMS 
        (変更後) DEC-JAPANESE.KEY.keybind : SYS$LOGIN:MY_JVMS
    

以上で,キー定義は変更されます。新しいキー定義を使うには,アプリケーションを再起動してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項