日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ユーザ・キー定義ライブラリ (IMLIB) の概要
第 2 章:標準のキー定義と使い方
第 3 章:個々のキー定義の変更
第 4 章:PROFILE
第 5 章:入力シーケンスのカスタマイズ
第 6 章:KEYBINDコンパイラ
第 7 章:KEYBINDファイル作成例
付録 A :キー名
付録 B :KEYBINDファイルのシンタックス
付録 C :KEYBINDコンパイラのエラー
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語OpenVMS | HPE 日本

日本語OpenVMS
ユーザ・キー定義 利用者の手引き


目次 索引

第 2 章
標準のキー定義と使い方



IMLIBは,あらかじめ作成されたキー定義を4種類提供します。ユーザは,簡単な操作で,これらのキー定義のうちの1つを選択して使うことができます。ユーザが何の変更もしなかったときには,JVMSキーが使われます。

  1. JVMSキー
    日本語OpenVMS標準のキー定義です。JVMSキーを使うと,かな漢字変換キーと VMS の行編集キーとが重ならないという特徴があります。詳しくは,『日本語ライブラリ 利用者の手引き』を参照してください。

  2. EVEJキー
    EVEJエディタのキー定義です。日本語EVEのEVEJキーパッド・モードで使われています。詳しくは『日本語EVEユーザーズ・ガイド』を参照してください。

  3. LEIAキー
    LEIAエディタのキー定義です。数字キーパッドを使ってかな漢字変換を行います。詳しくは,『日本語ライブラリ 利用者の手引き』を参照してください。

  4. TAROキー
    ワープロ・ソフトの一太郎1のキー定義に似たキー定義です。

IMLIBでのキー定義では,かな漢字変換およびかな漢字変換中の編集に関するもののみが定義できます。カーソル移動や単語消去のような通常の編集機能は,各アプリケーションが定義するキーで行われます。

注意

1 一太郎は株式会社ジャストシステムの登録商標です。



2.2 EVEJキー,LEIAキーまたはTAROキーを選択する方法

ユーザが何も選択しないときには,キー定義はJVMSキーが使われます。EVEJキー, LEIAキーまたはTAROキーを使うときには次のようにします。

  • 論理名IM$PROFILEを次のように定義する


        $ DEFINE IM$PROFILE IM$PROFILE_EVEJ 
                       (EVEJ キーを使う場合) 
    


    または


        $ DEFINE IM$PROFILE IM$PROFILE_LEIA 
                       (LEIA キーを使う場合) 
    


    または


        $ DEFINE IM$PROFILE IM$PROFILE_TARO 
                       (TARO キーを使う場合) 
    

この定義をユーザのLOGIN.COMに入れておくと,以後のセッションで選択したキー定義を使うことができます。

新しいキー定義を使うには,アプリケーションを再起動してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項