日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ユーザ・キー定義ライブラリ (IMLIB) の概要
第 2 章:標準のキー定義と使い方
第 3 章:個々のキー定義の変更
第 4 章:PROFILE
第 5 章:入力シーケンスのカスタマイズ
第 6 章:KEYBINDコンパイラ
第 7 章:KEYBINDファイル作成例
付録 A :キー名
付録 B :KEYBINDファイルのシンタックス
付録 C :KEYBINDコンパイラのエラー
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語OpenVMS | HPE 日本

日本語OpenVMS
ユーザ・キー定義 利用者の手引き


目次 索引

第 1 章
ユーザ・キー定義ライブラリ (IMLIB) の概要



IMLIBは,かな漢字変換のキー定義を,ユーザが自分の好みにあわせて変更するためのライブラリです。IMLIBを使って作成されたアプリケーションでは,文字入力におけるかな漢字変換のキー定義を,ユーザが好みにあわせて変更することができます。また,複数のアプリケーションで共通のキー定義を使用することができます。

ユーザ・キー定義は,IMLIBを使ったアプリケーションにのみ有効です。使用しているアプリケーションにおいてユーザ・キー定義が使えるかどうかは,個々のアプリケーションのマニュアルを参照してください。

1.2 IMLIBの基本的な要素

IMLIBによるユーザ・キー定義を使用するにあたってユーザが知っておかなければならないものは以下のとおりです。

  1. PROFILE
    かな漢字変換を行うときに必要となる情報のうち,キー定義以外のものがこのファイルに書かれます。PROFILEファイルは標準のものが提供されますが,ユーザが自分の好みにあわせて変更することもできます。
    たとえば,変換中のビデオ属性は,PROFILEファイルを使ってユーザが指定することができます。これによって現在の文節を反転表示にしたり,下線付き表示にしたり,好みにあわせて変更できます。次に説明するKEYBINDファイルの指定もPROFILE ファイルの中で行います。

  2. KEYBINDファイル
    かな漢字変換のキー定義を行うファイルです。KEYBINDファイルには「テキスト形式」と「バイナリ形式」があり,ユーザはテキスト形式で作成した後,KEYBINDコンパイラでバイナリ形式に変換しなければなりません。

  3. KEYBINDコンパイラ
    テキスト形式のKEYBINDファイルをバイナリ形式のKEYBINDファイルに変換するときに使います。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項