日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語環境設定ユーティリティ (JSY$CONTROL) -- I64/Alpha のみ
第 2 章:日本語メール・ユーティリティ (JMAIL) -- Alpha/VAX のみ
第 3 章:日本語ソート/マージ (SORT/MERGE)
第 4 章:ローマ字・かな漢字変換型 INQUIRE (KINQUIRE)
第 5 章:個人辞書編集ユーティリティ (JDICEDIT)
第 6 章:漢字コード変換ユーティリティ (KCODE)
第 7 章:DEC 漢字コード変換ユーティリティ (KCONVERT) -- Alpha/VAX のみ
第 8 章:デバッガの日本語拡張機能
第 9 章:日本語DECnet/SNA リモート・ジョブ・エントリ (RJE) -- Alpha/VAX のみ
第 10 章:日本語DECnet/FNA リモート・ジョブ・エントリ (F-RJE) -- VAXのみ
第 11 章:日本語メッセージ -- Alpha/VAX のみ
索引
PDF
OpenVMS ホーム

日本語 OpenVMS
日本語ユーティリティ 利用者の手引き


目次 索引

NOMOREMSG, これ以上メッセージはありません。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: これ以上メッセージはありません。
ユーザの処置: もう1度メッセージを読みたいときは READ コマンドを入力してください。

NOMSGPRI, メッセージは1つもプリントされていません。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: メッセージはプリントされていません。
ユーザの処置: ありません。

NOMSGS, メッセージはありません。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: メッセージがありません。
ユーザの処置: ありません。

NOORIGNUM, 指定されたライン NO. はオリジナル・ライン NO. です。

ファシリティ: JEDIT,EDT
説明: 順番号ファイルを扱えるように EDT が修正され,順番号は将来のために残されたため,この機能は本来の行番号機能に置き換えられました。
ユーザの処置: ありません。

NOSUCHUSR, ユーザ ' user-name ' は登録されていません。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: システムに登録されていないユーザに対してメッセージが送られようとされました。複数のユーザへの送信時に,1人以上の登録済みユーザがいる場合は,登録されていないユーザ1人1人について次の質問が行われます。

それでも発信しますか(Y/N, 省略時は N です)?
ユーザの処置: 正しいユーザ名を指定してください。

NOSUCHUSRAT, ユーザ ' user-name ' はノード ' node-name ' には存在しません。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: そのノードにはそのユーザはいません。
ユーザの処置: 正しいユーザを指定してください。

NOSYSNAM, この操作には SYSNAM 特権が必要です。

ファシリティ: JMAIL,MAIL,VMS System Services and Job Controller
説明: プロセスに SYSNAM 特権がないため,この操作は実行できません。
ユーザの処置: 実行しないようにしてください。どうしても実行しなければならないときは,システム管理者に相談してください。

NOSYSPRV, この操作には SYSPRV 特権が必要です。

ファシリティ: JMAIL,MAIL,VMS System Services
説明: プロセスに SYSPRV 特権が無いためにこの操作は実行できません。
ユーザの処置: 実行しないようにしてください。どうしても実行しなければならないときは,システム管理者に相談してください。

NOTCALEDT, このコマンドは実行できません。JMAIL$EDIT がコーラブル・エディタを指定していません。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: 論理名 JMAIL$EDIT がコーラブル・エディタに割り当てられていないのに, /EDIT 修飾子が指定されました。
ユーザの処置: 論理名 JMAIL$EDIT を deassign するか,コーラブル・エディタに再割り当てしてください。

NOTEXIST, フォルダ ' folder-name ' は存在しません。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: そのフォルダはありません。
ユーザの処置: 正しいフォルダ名を指定してください。

NOTFORMSG, この処理はフォーリン・メッセージに対してのみ行えます。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: その処理はフォーリン・メッセージに対してのみ行えます。
ユーザの処置: 正しい処理を行ってください。

NOTFOUND, 文字列 ' text ' を含むメッセージは見つかりませんでした。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: SEARCH コマンドにおいて指定された文字列は見つかりませんでした。
ユーザの処置: ありません。

NOTISAM, ISAM メッセージ・ファイル以外のファイルには,操作は実行できません。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: その処理は ISAM メッセージ・ファイルに対してのみ実行できます。
ユーザの処置: ISAM メッセージ・ファイルに対してその処理を行ってください。

NOTREADIN, まだメッセージを読んでいません。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: メッセージを読んでからでなければ,指定されたコマンドは実行できません。
ユーザの処置: メッセージを読んでから行ってください。

NOTSUBDIR, パラメータ ' subdirectory-spec ' がサブディレクトリを指定していません。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: サブディレクトリを指定していません。
ユーザの処置: サブディレクトリを指定してください。

OPENIN, ' file ' がインプットできません。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: 入力ファイルがオープンできません。
ユーザの処置: エラーの原因を取り除いてから,コマンドを再入力してください。

OPENIN, 入力ファイル ' file ' がオープンできません。

ファシリティ: KCONVERT,KPRINT
説明: 入力ファイルがオープンできません。
ユーザの処置: エラーの原因を取り除いてから,コマンドを再入力してください。

OPENOUT, ' file ' にアウトプットできません。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: 出力ファイルがオープンできません。
ユーザの処置: エラーの原因を取り除いてから,コマンドを再入力してください。

OPENOUT, 出力ファイル ' file ' がオープンできません。

ファシリティ: KCONVERT,KPRINT
説明: 出力ファイルがオープンできません。
ユーザの処置: エラーの原因を取り除いてから,コマンドを再入力してください。

OPNINTRM, 入力装置として端末がオープンできません。

ファシリティ: JEDIT,EDT
説明: 指定された端末を入力装置として利用できません。実行中のプログラムから JEDIT を使用している場合に起こります。
ユーザの処置: エラーの原因を調べて対処してください。

OPNOUTTRM, 出力装置として端末がオープンできません。

ファシリティ: JEDIT,EDT
説明: 指定された端末を出力装置として利用できません。実行中のプログラムから JEDIT を使用している場合に起こります。
ユーザの処置: エラーの原因を調べて対処してください。

PARSEFAIL, ' command ' がパーズできません。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: 入力コマンドのパーズで誤りが見つかりました。
ユーザの処置: 正しく入力し直してください。

PROTOCOL, ネットワーク・プロトコルのエラーです。

ファシリティ: JMAIL,MAIL,VMS System Services
説明: DECnet 上の論理リンクの初期化に失敗しました。
ユーザの処置: ネットワーク担当者に知らせてください。

READERR, ' file ' を読むことができません。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: 入力ファイルが読めません。
ユーザの処置: エラーの原因を取り除いてから,コマンドを再入力してください。

READERR, ' file ' の読み込みエラー

ファシリティ: KCONVERT
説明: 入力ファイルが読めません。
ユーザの処置: エラーの原因を取り除いてから,コマンドを再入力してください。

READERR, ファイル ' file ' が読めません。

ファシリティ: KPRINT
説明: 入力ファイルが読めません。
ユーザの処置: エラーの原因を取り除いてから,コマンドを再入力してください。

RECTOBIG, ' record-size ' バイト・レコードが MAIL バッファには長すぎます。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: メッセージを読んでいる最中に長すぎるレコードが検出されました。
ユーザの処置: メッセージのフォーマットが誤っているので,それを消去してください。

REENTRY, すでに EDT 作動中です。

ファシリティ: JEDIT,EDT
説明: プログラムからコーラブル JEDIT を使用中に JEDIT の再呼び出しが行われました。
ユーザの処置: 再呼び出しの前に Exit してください。

SEARCHFAIL, ' file ' がサーチできません。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: 指定されたファイルが見つかりません。
ユーザの処置: ありません。

SENDABORT, メッセージは送られませんでした。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: メッセージの送信中に [Ctrl/C] が入力されました。
ユーザの処置: ありません。

SENDERR, ユーザ ' user-name ' への発信時にエラーが起きました。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: 指定されたユーザへの送信時にエラーが発生しました。
ユーザの処置: ありません。

SENDERRAT, ユーザ ' user-name ' (ノード名: ' node-name ')へ発信できません。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: 発信できません。
ユーザの処置: ありません。

SEQINCROV, 指定されたライン増加分は 65536 以下でなければなりません。

ファシリティ: JEDIT,EDT
説明: /SEQUENCE 修飾子において 65536 以上の増分が指定されました。
ユーザの処置: 正しく指定し直してください。

SEQNUMOV, ラインのシーケンス NO. が 65536 を超えられません。

ファシリティ: JEDIT,EDT
説明: /SEQUENCE 修飾子において 65536 以上の番号が指定されました。
ユーザの処置: 正しく指定し直してください。

SYSERROR, システム・サービスのエラーです。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: システム・サービス内でエラーが発生しました。
ユーザの処置: ありません。

TBLDUPKEY, 変換テーブルの二重定義エラー(' line ' 行目)

ファシリティ: KCONVERT
説明: 変換指定が重複しています。
ユーザの処置: 変換テーブルを修正してください。

TBLNOTFND, 変換テーブル・ファイル ' file ' が見つかりません。

ファシリティ: KCONVERT
説明: 変換テーブル・ファイルがありません。
ユーザの処置: 正しく指定し直してください。

TBLOVERFLOW, 変換テーブルの数が多すぎます(' number ' 個)。

ファシリティ: KCONVERT
説明: 変換指定が多すぎます。
ユーザの処置: 変換テーブルを修正してください。

TBLSYNTAX, 変換テーブルの文法エラー(' line ' 行目)

ファシリティ: KCONVERT
説明: 変換テーブルに文法エラーがあります。
ユーザの処置: 変換テーブルを修正してください。

UAFGETERR, ユーザ登録ファイルが読めません。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: ユーザ登録ファイルが読めません。
ユーザの処置: RMS ステータス・コードを利用して対策を施してください。

UAFOPNERR, ユーザ登録ファイルがオープンできません。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: ユーザ登録ファイルがオープンできません。
ユーザの処置: RMS ステータス・コードを利用して対策を施してください。

UPGRADE, メール・バージョンのアップグレードが進行中です。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: 現在はメールは使えません。
ユーザの処置: アップグレードが終わるまで待ってください。

USERDSABL, ユーザ ' username ' は新しいメールを受信できません。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: メールを受信できないユーザに対してメールを送ろうとしました。
ユーザの処置: ありません。

USERSPEC, ユーザの指定に誤りがあります ' user-name '。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: ユーザのリストにしたがってメッセージを送信中に誤ったユーザ名が指定されました。
ユーザの処置: 正しく入力し直してください。

WORFILFAI, ワークファイルが OPEN できません。

ファシリティ: JEDIT,EDT
説明: ワークファイルのオープンができませんでした。
ユーザの処置: エラーの原因を調べて対処してください。

WORKING, 処理中です。

ファシリティ: JEDIT,EDT
説明: コマンド実行中に別のコマンドの実行を行おうとする際に,このメッセージが出力されます。
ユーザの処置: 特にありません。

WRITEERR, ' file ' の書き込みエラー

ファシリティ: KCONVERT
説明: 出力ファイルに書き込めません。
ユーザの処置: エラーの原因を取り除いてから,コマンドを再入力してください。

WRITEERR, ファイル ' file ' に書き込めません。

ファシリティ: KPRINT
説明: 出力ファイルに書き込めません。
ユーザの処置: エラーの原因を取り除いてから,コマンドを再入力してください。

WRKFILOVF, ワークファイル・オーバフローです。

ファシリティ: JEDIT,EDT
説明: ワークファイルの最大ブロック数 (65535) を超えました。
ユーザの処置: 使用していないバッファがあったら CLEAR コマンドで削除してください。

WRONGCTX, コンテキスト・ブロックが正しくありません。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: コーラブル・ルーチンに対して誤ったコンテキスト・ブロックを指定しています。
ユーザの処置: 正しいコンテキスト・ブロックを指定してください。

WRONGFILE, ファイル ' file ' はこのコンテキストには正しくありません。

ファシリティ: JMAIL,MAIL
説明: 誤ったファイルが指定されています。
ユーザの処置: 正しいファイルを指定してください。


索引 目次

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項