日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語EVE 概要
第 2 章:日本語 EVE 入門
第 3 章:EVEJ キーパッドを使用して文字を入力する
第 4 章:TARO キーパッドを使用して文字を入力する
第 5 章:JVMS キーパッドを使用して文字を入力する
第 6 章:半角カナの入力
第 7 章:日本語 EVE の編集機能
付録 A :日本語EVEコマンドのリスト
付録 B :ローマ字かな変換対応表
付録 C :ローマ字かな変換における特殊文字変換対応表
付録 D :記号変換対応表
索引
PDF
OpenVMS ホーム

日本語 OpenVMS
日本語EVE ユーザーズ・ガイド


目次 索引

第 5 章
JVMS キーパッドを使用して文字を入力する

この章では,JVMS キーパッドの使い方について説明します。JVMS キーパッドを選択すると,変換キー,定義済みキーなどが,日本語 OpenVMS の JMAIL や KINQUIRE などのユーティリティとほとんど同じように使用できます。



5.1 変換キー

表 5-1 は,JVMSキーパッドの変換キーを示します。

表 5-1 JVMSキーパッドの変換キー
変換キー 機能
ローマ字入力 カナ入力  
[Ctrl/スペース] [Ctrl/スペース] 漢字変換
[Ctrl/L] [Ctrl/L] ひらがな変換
[Ctrl/K] [Ctrl/K] カタカナ変換
[Ctrl/G] →  [Ctrl/K] [Ctrl/G] →  [Ctrl/K] , [Ctrl/F] 半角カタカナ変換
[Ctrl/F] 1 全角変換
[Ctrl/G] →  [Ctrl/F] 1 半角変換
[Ctrl//(スラッシュ)] [Ctrl//(スラッシュ)] 文節縮小
[Ctrl/P] [Ctrl/P] 文節移動

1英数字の入力は,ローマ字入力で行ってください。

以下の例を参考に,入力した文字列を変換してみましょう。

この例は,ローマ字入力を仮定しています。

5.1.1 変換操作の例

日本語 EVE を起動して,SAMPLE.TXTというファイルを作成します。


$ EDIT/XTPU SAMPLE.TXT

日本語EVEの編集画面があらわれます。


注意

以後,説明のために小さい画面を使用しますが,実際の画面は上の図のような大きさ/形になります。

■ ひらがな変換  [Ctrl/L] ■

まず最初に,konnichiha と入力します。


入力文字列は,高輝度表示されています。この状態で,[Ctrl/L] ([Ctrl] キーを押しながら,[ L ]キーを押す)を押します。konnichiha がひらがな変換されます。


■ カタカナ変換  [Ctrl/K] ■

[Return]キーを押して,改行してください。新しい行に,ki-paddo と入力します。


入力文字列は,高輝度表示されています。この状態で,[Ctrl/K]を押します。 ki-paddo がカタカナ変換されます。


■ 半角カタカナ変換  [Ctrl/G] → [Ctrl/K] ■

[Return]キーを押して,改行してください。新しい行に再び,ki-paddo と入力します。入力文字列は,高輝度表示されています。


この状態で,[Ctrl/G] を押し,続けて[Ctrl/K]を押します。ki-paddo が半角カタカナ変換されます。


■ 全角変換  [Ctrl/F] ■

[Return]キーを押して,改行してください。新しい行に,DIGITALと入力します (大文字を入力するときは,[Shift]キーを押しながら,文字をタイプします)。


入力文字列は,高輝度表示されています。この状態で,[Ctrl/F]を押します。 DIGITALが全角変換されます。


■ 高輝度表示 = 変換可能な状態 ■

ここで,変換キーを押したあとも,入力文字列が高輝度表示されたままなのに注目してください。入力文字列は,変換が確定されるまで(高輝度表示されている間) は,何度でも変換可能です。DIGITALが高輝度表示された状態で,[Ctrl/L][Ctrl/K][Ctrl/G][Ctrl/K][Ctrl/F])と順番に押してみて,変換されることを確認してください。

■ 半角変換  [Ctrl/E] ■

このままの状態(DIGITALが高輝度表示された状態)で[Ctrl/G]を押し,続けて[Ctrl/F]を押してみてください。DIGITALが半角変換されます。


■ 漢字変換  [Ctrl/スペース] ■

[Return]キーを押して,改行してください。新しい行に,kanji と入力して, [Ctrl/スペース]を押します。kanji が "漢字" に変換されます。


注意

漢字変換の結果は,ユーザの個人辞書によって,若干異なります。必ずしも,変換結果が例のとおりになるとは限りませんので,ご注意ください。

ここでもう1度,変換キー([Ctrl/スペース])を押してください。変換結果が, "感じ" に変わり,画面の下のほう(ステータス・ラインの1行下)に,変換候補が表示されます。


■ 変換候補の選び方 ■

変換キー([Ctrl/スペース])を押し続けると,表示された候補の順にしたがって,変換結果が変化していきます。

1つ前の変換結果に戻すときは,[Ctrl/G]を押してから,[Ctrl/スペース] を押します。

変換したい候補を数字キーで選ぶこともできます。たとえば,"監事"に変換したいときは,数字キーの[ 7 ]を押します。

変換候補の中に期待する変換結果が見つからないときは, [Next Screen] キーまたは [Prev Screen] キーで他の変換候補群を表示して探してください。

また,日本語EVEでは多文節を一括変換することもできます。文節移動には [Ctrl/P]を,文節の縮小/拡大には[Ctrl// (スラッシュ)]を使ってください。

5.1.2 日本語EVEの終了

日本語 EVE を終了するときは,[Ctrl/Z] を押します。編集セッションは終了し,SAMPLE.TXT というファイルが作成されます。

ファイルを保存しない場合は,[Do] キーを押して,画面下のコマンド・ラインにQUITコマンドを入力してください。 [Return] を押すと,ファイルを作成せずに編集セッションを終了します。

また,日本語 EVE を終了せずに文書を保存する場合は,保存したいバッファにカーソルを置いた状態で,WRITE FILE コマンドを実行します。日本語 EVE は,バッファ名と同じ名前のファイルに文書を保存します。

5.2 カーソル移動に関する定義済みキー

表 5-2 は,JVMS キーパッドでカーソルを移動するための定義済みキーを示します。

表 5-2 JVMSキーパッドのカーソル移動に関する定義済みキー
編集キー 日本語EVEコマンド 機能
[↑] MOVE UP カーソルを1行上に移動する。
[↓] MOVE DOWN カーソルを1行下に移動する。
[←] MOVE LEFT カーソルを1文字,あるいは1カラム左に移動する。
[→] MOVE RIGHT カーソルを1文字,あるいは1カラム右に移動する。
[Ctrl/H] または [PF1-←] START OF LINE カーソルを現在行の先頭に移動する。
[Ctrl/E] または [PF1-→] END OF LINE カーソルを現在行の最後に移動する。
[Ctrl/G-↑] TOP カーソルを現在のバッファの先頭に移動する。
[Ctrl/G-↓] BOTTOM カーソルを現在のバッファの最後に移動する。
[F11] CHANGE DIRECTION 現在のバッファの方向 (カーソルの移動方向)を変更する。バッファの方向はステータス・ラインに表示 (ForwardまたはReverse)される。
[F14]または [Ctrl/A] CHANGE MODE 現在のバッファの入力モードを切り替える。入力モードはステータス・ラインに表示(InsertまたはOverstrike)される。



5.2.1 カーソルの移動例

以下の例を参考に,カーソルを動かしてみましょう。

次のコマンドを使用して,日本語 EVE を起動し,EXAMPLE.TXT ファイルを作成します。


$ EDIT/XTPU EXAMPLE.TXT

テキストを入力してみましょう。


カーソルは,ユーザが挿入したテキストの最後に移動します。カーソルをファイルの先頭に移動するには,[Ctrl/G]を押したあと,[↑]キーを押します。


カーソルを行の最後に移動するには,[Ctrl/E]キーを押します。


カーソルを行の先頭に移動するには,[Ctrl/H]キーを押します。

カーソルをバッファの最後に移動するには,[Ctrl/G]キーを押したあと, [↓]キーを押します。




表 5-3 は,よく使われる編集キーと,そのキーに定義されたコマンドの一覧表です。日本語 EVE コマンドに関する詳しい説明は,『日本語EVE リファレンス・マニュアル』の第 4 章を参照してください。

表 5-3 JVMSキーパッドの便利な定義済みキー
コマンド 定義済みキー
TOP [Ctrl/G - ↑ ]
BOTTOM [Ctrl/G - ↓ ]
START OF LINE [Ctrl/H], [Ctrl/G - ← ]
END OF LINE [Ctrl/E], [Ctrl/G - → ]
CODE [Ctrl/G - X]
KIGOU [Ctrl/G - Z]
DO [Do] , [PF4]
EXIT [Ctrl/Z], [F10]
HELP KEYPAD [HELP]
TAB [TAB]
DELETE < X|
RETURN [Return], [Enter]
FIND [Find]
INSERT HERE [Insert Here]
REMOVE [Remove]
SELECT [Select]
NEXT SCREEN [Next Screen]
PREVIOUS SCREEN [Prev Screen]
NEXT WINDOW [Ctrl/G - Next Screen]
PREVIOUS WINDOW [Ctrl/G - Prev Screen]
QUOTE [Ctrl/V]
RECALL [Ctrl/B]
REMEMBER [Ctrl/R]
ERASE START OF LINE [Ctrl/U]
ERASE WORD [Ctrl/J], [F13]
RESTORE CHARACTER [CTRL/G - Insert Here]
RESTORE WORD [Ctrl/G - F13]


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項