日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語 EVE 概要
第 2 章:日本語EVEの拡張機能
第 3 章:DECwindows で起動する日本語 EVE
第 4 章:日本語 EVE コマンド・ディクショナリ
付録 A :定義済みキー一覧表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
日本語 EVE リファレンス・マニュアル


目次 索引





形式

TAB


説明

バッファの現在のタブ・ストップとタブ・モードに従って,現在の位置にタブを挿入します。

タブ・モード TABの結果
SET TABS INSERT
(省略時設定)
TAB はタブ文字を挿入し,カーソルとその行の既存のテキストを次のタブ・ストップに移動する。
SET TABS MOVEMENT TABはカーソルだけを次のタブ・ストップに移動し,何も挿入しない。カーソルは現在の行から移動せず,カーソルがバウンド・カーソルに設定されている場合でも,バッファの使用されていない部分に移動できる。
SET TABS SPACES TABはタブ文字のかわりに適切な数のスペースを挿入し,カーソルとその行の既存のテキストを次のタブ・ストップに移動する。
SET TABS INVISIBLE
(省略時設定)
編集を実行している間,タブ文字はブランク・スペースとして表示される。
SET TABS VISIBLE 編集を実行している間,タブ文字は小さい   HT (水平タブ) として表示される。


タブ・モードはグローバル設定であり,日本語 EVE のすべてのバッファに適用されます。

バッファのタブ・ストップを設定する場合には, SET TABS AT コマンドまたは SET TABS EVERY コマンドを使用します。省略時のタブ・ストップは 8 カラムおきに設定されます。現在のバッファのタブ・ストップを確認するには,SHOW コマンドを使用します。

[ Tab ] キーと [ Ctrl/I ] のいずれか一方の定義を変更すると,もう一方の定義も変更されます。

[ Tab ] または [ Ctrl/I ] をすでに定義している場合や,タブ・モードを SPACES または MOVEMENT に設定している場合には,次に示すように,QUOTE コマンドを使用してタブ文字を挿入できます。

  1. QUOTE コマンドを使用するか,または [ Ctrl/V ] を押します。

  2. タブ文字を挿入するために [ Tab ] (または [ Ctrl/I ] )を押します。

詳しい説明は,QUOTEコマンドの説明を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡