日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語 EVE 概要
第 2 章:日本語EVEの拡張機能
第 3 章:DECwindows で起動する日本語 EVE
第 4 章:日本語 EVE コマンド・ディクショナリ
付録 A :定義済みキー一覧表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
日本語 EVE リファレンス・マニュアル


目次 索引





形式

SET SECTION FILE PROMPTING


説明

SET SECTION FILE PROMPTINGコマンドはグローバル属性や各種設定を保存するときにプロンプトを表示するように設定します。これは省略時の設定です。セッション終了時に,あるいは SAVE ATTRIBUTES コマンドか SAVE SYSTEM ATTRIBUTESコマンドを使用して属性を保存するときに,日本語EVEは変更された設定や属性をセクション・ファイルに保存するかどうかをきいてきます。

表 4-13 は,保存のための省略時のセクション・ファイルを設定しているかどうかによる, SET SECTION FILE PROMPTINGコマンドの動きの違いをまとめたものです。

表 4-13 セクション・ファイルの設定によるSET SECTION FILE PROMPTING コマンドの動き
セクション・ファイルの設定 SET SECTION FILE PROMPTINGの効果
SET NODEFAULT SECTION FILE
(省略時の設定)
属性を保存するときにセクション・ファイルに保存するかどうかをきいてきます。もしYesと答えると続いてセクション・ファイル名を要求するプロンプトを出力します。
SET DEFAULT SECTION FILE 属性を保存するときセクション・ファイルに保存するかどうかをきいてきます。 Yesと答えるとプロンプトを表示せず省略時のセクション・ファイルに保存します。

詳しい説明はオンライン・ヘルプの Attributes を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項