日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語 EVE 概要
第 2 章:日本語EVEの拡張機能
第 3 章:DECwindows で起動する日本語 EVE
第 4 章:日本語 EVE コマンド・ディクショナリ
付録 A :定義済みキー一覧表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
日本語 EVE リファレンス・マニュアル


目次 索引





形式

SET SCROLL JUMP


説明

ジャンプ・スクロールに設定します。

SET SCROLL JUMP コマンドは,まず画面に残る部分をスクロールさせ,画面の残りの部分は空白にします。続いて空白の部分を 1 回の書き換えで新しいテキストに書き換えます。このコマンドは画面の一部しかスクロールさせないため, SET SCROLL SMOOTH ( 省略時の設定 ) の設定より高速に動作します。

ターミナルの設定がジャンプあるいはスムース・スクロールのどちらであっても,それに関係なくジャンプかスムースのスクロールを設定することができます。例えばターミナルの設定をスムース・スクロールにし, SET SCROLL JUMP コマンドを使用した場合,テキストはスムースに画面の外にスクロールしていき ( ターミナル設定の影響 ),そのあとの空白部分を一回で新しいテキストに書き換えます ( SET SCROLL JUMP コマンドの影響 )。

この設定は SET SCROLL OFF コマンドを使用している場合は効果がありません。

この設定はすべてのバッファに適用されます。この設定を保存したい場合には, SAVE ATTRIBUTES コマンドを使用して,セクション・ファイルを作成するかコマンド・ファイルを作成または更新してください。より詳しい説明はオンライン・ヘルプのAttributes を参照してください。

DECwindows 上では次のようにして設定を変更することができます。

  • 「オプション(O)」のメニューから「一般設定(G)...」を選択します。

  • ダイアログ・ボックスの Set Scroll Jump ボタンをクリックします。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項