日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語 EVE 概要
第 2 章:日本語EVEの拡張機能
第 3 章:DECwindows で起動する日本語 EVE
第 4 章:日本語 EVE コマンド・ディクショナリ
付録 A :定義済みキー一覧表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語 HP OpenVMS
日本語 EVE リファレンス・マニュアル


目次 索引





形式

SET NOWRAP


説明

現在のバッファで自動ラップ機能を禁止し,行の最後に入力したときに,テキストが右マージンをこえて入力されるようにします。この機能は,幅の広い表や何段階も字下げされた長いプログラム文などのように,非常に長い行を編集するときに役立ちます。日本語 EVE ウィンドウの幅に応じて,テキストは表示されなくなる可能性があります。

WRAP 機能を有効にするには,SET WRAPコマンドを使用します。これは省略時の設定です。その後,行の最後に入力すると,テキストが右マージンに到達したときに,日本語 EVE は自動的に改行します。したがって, [ Return ] を押したり,FILLコマンドを使用する必要はありません。

WRAP 機能はバッファ固有の設定であり,現在のバッファに対してラップ機能を禁止または許可しても,他のバッファにはまったく影響ありません。

ラップ機能を禁止した状態でテキストの書式を変更する場合には, FILLコマンドを使用します。


次のコマンドはラップ機能を無効にすることにより,幅の広いテキストを入力できるようにします。その後,再度ラップ機能を有効にします。


Command: SET NOWRAP
このバッファではラップは実行されません 
                 . 
                 . 
                 . 
Command: SET WRAP
このバッファ内のテキストは右マージンでラップします 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項