日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語 EVE 概要
第 2 章:日本語EVEの拡張機能
第 3 章:DECwindows で起動する日本語 EVE
第 4 章:日本語 EVE コマンド・ディクショナリ
付録 A :定義済みキー一覧表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
日本語 EVE リファレンス・マニュアル


目次 索引





形式

SET KEYPAD WPS


説明

WPS スタイルのキーパッドの使用を許可し,補助キーパッドや他のキーを定義し,カーソルをバウンド・カーソルに設定します。

将来のセッションのために WPS キーパッドを保存する場合には, SET KEYPAD WPS コマンドを日本語 EVE イニシャライゼーション・ファイルに登録するか,または SAVE EXTENDED EVE コマンドを使用してセクション・ファイルを作成します。

SET KEYPAD WPS は「GOLD キーの編集」のために大部分の WPS キーパッド・キーを提供します。しかし,WPS を完全に実現したり,エミュレートしているわけではありません。日本語 EVE での WPS キーパッドと実際の WPS の相違点は次のとおりです。

  • WPS キーパッドでは [ PF1 ] を GOLD キーとして設定しており, [ PF1 ] の現在の定義は無効となる。しかし,別のキーを GOLD キーとして設定した場合には(SET GOLD KEYコマンドによって),そのGOLD キーが使用される。一度に1つのキーだけを GOLD キーとして設定できる。

  • WPS キーパッドを設定すると,WPS キーの他に,SET GOLD KEY コマンドの場合と同じ GOLD の組み合わせが定義される。ただし, [ GOLD-F13 ] は Delete Beginning Sentence として定義される。

  • 繰り返しカウントのために GOLD と数値の組み合わせを使用できる。たとえば,次のキーストロークまたはコマンドを5回繰り返す場合には,[ GOLD-5 ] を使用できる。しかし,この方法で WPS の [ Paste ] キーを繰り返すことはできない。これは,WPS の Paste が [ GOLD-1 ] から [ GOLD-9 ] までを WPS スタイルの代替ペースト・バッファの指定として解釈するからである。

  • [ KP5 ][ GOLD-R ] などのように,WPS が通常定義しているキーを定義した場合には,ユーザの定義が WPS の定義より優先する。

  • 日本語 EVE コマンドを入力するために,[ GOLD-][ はDO として定義されており,[ GOLD-]> と[ Ctrl/K ] はどちらも LEARNとして定義されている。学習シーケンスを終了するには, REMEMBERとして定義されているキー( [ Ctrl/R ] )を押すか,または WPS の Halt キー( [ GOLD-' ] )を押す。

  • [ Ctrl/J ][ F13 ] はどちらも Delete Previous Word として定義されている。
    [ GOLD-F13 ][ GOLD-Ctrl/J ] はどちらも Delete Beginning Sentence として定義されている。

  • [ GOLD-PF3 ][ GOLD-PF4 ]RESTOREとして定義されており,WPS の Delete Word キー( [ PF3 ] ),WPS の Delete Beginning Sentence キー,ERASE LINEコマンドなどによって最後に消去した内容を再挿入するが,最後に消去または削除した文字は復元されない。したがって,[ GOLD-PF3 ]RESTORE WORD として定義し,[ GOLD-PF4 ]RESTORE CHARACTERとして定義することが必要である。

  • RESTORE SENTENCEコマンドは,Delete Beginning Sentence キー ( [ GOLD-F13 ] または [ GOLD-Ctrl/J ] )によって最後に消去した内容を再挿入する。WPS キーパッドを設定しても,RESTORE SENTENCE に対するキーは定義されない。したがって,RESTORE SENTENCEに対するキーを定義する必要がある。

  • WPS キーパッドでは,エディタ・キーパッドの [ Select ] を押すか,またはキーパッドの [ PERIOD ] を押すと,バッファの方向が順方向に設定される。しかし,SELECTコマンドを入力した場合や,マウスを使用してテキストを選択した場合には,方向は変更されない。

  • 現在の位置が Buffer List バッファの内部である場合には,WPS の Cut キー ( [ MINUS ] または [ Remove ] )を押すことにより,カーソルが現在設定されている名前のバッファを削除できる(REMOVEと同じ)。詳しい説明は,SHOW BUFFERSコマンドの説明を参照。

  • WPS キーパッド・キーは DECwindows クリップボードを使用しない。たとえば WPS の Copy,Cut,Paste キーは日本語 EVE の Insert Here バッファを使用するか,または番号によってユーザが指定した WPS スタイルの代替ペースト・バッファ( [ GOLD-1 ][ GOLD-9 ] )を使用する。日本語 EVE コマンドと EDT キーパッド・キーは設定に応じて,Insert Here バッファまたはクリップボードを使用する(SET CLIPBOARDコマンドの説明を参照)。

  • WPS の Ruler キー([ GOLD-R ] )を使用する場合には,一度に1つのルーラだけを有効にできる。ルーラを文書の内部に組み込むことはできない。マージンや段落字下げを設定した場合,テキストが自動的に再ラップされたり,テキストの書式が変更されることはない。したがって,テキストの書式を変更するには, FILLコマンドを使用する。

  • WPS キーパッド・キーによるスクロール操作は,WPS の Halt キー ( [ GOLD-' ] )だけでなく,他のどのキーを押した場合にも停止する。スクロールを停止するためにキーを押すと,そのキーに割り当てられている機能も実行される。

  • WPS キーパッドを設定すると,カーソルは自動的にバウンド・カーソルに設定され,バッファの使用されていない部分には移動しない。フリー・カーソルを使用しなければならない場合には,SET CURSOR FREEコマンドを実行する。これは日本語 EVE の省略時の設定である。カーソルの移動タイプは次の WPS キーパッド・キーに影響を与える。
    Advance( [ KP0 ] )
    Backup( [ KP1 ] )
    Scroll Advance( [ GOLD-KP0 ] )
    Scroll Backup( [ GOLD-KP1 ] )

  • WPS キーパッドはソフト・ページ区切り挿入のために次のキーを定義している。

キー 定義
[ PF2 ] MOVE BY PAGE。バッファの方向に応じて,次のページ区切り又は前のページ区切りにカーソルを移動する。
[ GOLD-PF2 ] PAGINATE。1 頁 54 行でソフト・ページ区切りを挿入する。これはフォーム・フィードと空 (null) 文字の組み合わせであり,小さい   FF ,   NL として表示される。
[ GOLD-N ] INSERT PAGE BREAKN。ハード・ページ区切りを挿入する。これはフォーム・フィードであり,小さい   FF として表示される。 [ Ctrl/L ] と同じ。
[ GOLD-P ] WPS Page Marker。ソフト・ページ区切りを挿入する。


  • 検索操作の大文字と小文字の区別および方向に関しては,日本語 EVE の規則に従う。詳しい説明は,FINDコマンドの説明を参照。

  • 日本語 EVE では,段落はブランク行,バッファの先頭または最後,ベージ区切り,DIGITAL Standard Runoff コマンド(.BLANKなど),JUNOFF コマンドによって区切られる。文はピリオド,疑問符,感嘆符によって区切られる。 Runoff コマンドまたは 10 進数の内部のピリオドは文区切りとして取り扱われる。

  • SET PARAGRAPH INDENT コマンドによって実行される段落字下げはバッファの左マージンを基準にしている。 WPS の Ruler キー( [ GOLD-R ] ) の場合には,マージンとは無関係である。

  • [ GOLD-C ]CENTER LINEとして定義されており,左マージンと右マージンの中央に現在の行をセンタリングするために,スペースを使用する。センタリング・マークは使用しない。

  • 編集セッションを終了しても,入力ファイルの古いバージョンは削除されない。また,バッファの内容を変更していない場合には(またはすでにバッファの内容をファイルに書き込んでおり,その後,バッファを変更していない場合), EXITQUIT は同じである。新しいファイルは作成されない。日本語 EVE は [ F10 ][ Ctrl/Z ] の両方を EXIT として定義している。 WPS キーパッドでは,[ GOLD-F ]EXIT として定義し, [ GOLD-K ]QUIT として定義している。

  • 日本語 EVE で実現されていない WPS の機能:
    短縮形またはライブラリ文書
    プリントのための制御コマンド
    エディタ算術演算
    脚注,段落の番号付け,目次
    ハイフン挿入とノンブレーキング・スペース
    ASCII 以外の出力ファイル
    肩文字,添字,合成文字
    VIEW モード
    TDE (2 次元エディタ)
    UDP (ユーザ定義 WPS プロシージャ)
    ワード・ラップ・リターン (日本語 EVE では,行はすべてハード・リターンで終了する)


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項