日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語 EVE 概要
第 2 章:日本語EVEの拡張機能
第 3 章:DECwindows で起動する日本語 EVE
第 4 章:日本語 EVE コマンド・ディクショナリ
付録 A :定義済みキー一覧表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
日本語 EVE リファレンス・マニュアル


目次 索引





形式

SET BUFFER

  • MODIFIABLE

  • READ_ONLY

  • UNMODIFIABLE

  • WRITE


パラメータ



MODIFIABLE

省略時の設定。バッファは変更(編集)可能です。また,バッファの前のモード (挿入モードまたは重ね書きモード)が復元されます。

READ_ONLY

バッファは書き込みロックされ,変更不可能です。バッファ内でテキスト編集機能を使用することはできず,編集セッションを終了するときに,日本語 EVE はバッファの内容を保存しません。しかし,WRITE FILE コマンド, SAVE FILE コマンド,SAVE FILE AS コマンドを使用すれば,バッファの内容をファイルに書き込むことができます。

UNMODIFIABLE

バッファは変更できません。たとえば,バッファにテキストを挿入したり,バッファ内のテキストを消去することはできません。ステータス・ラインには, Insert や Overstrike のかわりに,Unmodifiable と表示されます。

WRITE

省略時の設定。バッファは書き込み可能です(READ_ONLY の反対)。編集セッションを終了するときに,バッファが変更されていれば,日本語 EVE はその内容をファイルに書き込むか,またはバッファの内容を書き込むかどうかを質問します。

各コマンドに対して1つのキーワードだけを指定できます。キーワードを指定しなかった場合には,日本語 EVE はキーワードを要求するプロンプトを表示します。プロンプトに対して [ Return ]キー,または [ Do ] キーだけを押し,キーワードを指定しなかった場合には,操作は取り消されます。


説明

現在のバッファの編集状態を設定します。つまり,バッファを変更できるかどうかや,編集セッションを終了するときに日本語 EVE がバッファの内容を保存する (ファイルに書き込む)かどうかを指定します。

変更状態は,ステータス・ラインに Insert または Overstrike(バッファが変更可能な場合),あるいは Unmodifiable として示されます。読み取り/書き込み状態は,ステータス・ラインに Read-onlyまたは Write として示されます。

通常,参照データや前のドラフトなどのように,保存しておきたいテキストを誤って変更しないようにするために,バッファは読み取り専用または変更不可能,あるいはその両方に設定します。

"スクラッチパッド"・バッファを一時的な作業領域として作成する場合には,そのバッファを読み取り専用で変更可能に設定できます。このようにすれば,バッファを編集できますが,日本語 EVE は編集セッションを終了するときに,そのバッファの内容を保存しません。

DECwindows では,次に示すようにステータス・ラインのインディケータの上で MB1 をクリックすることにより,バッファの設定を切り替えることができます。

  • ステータス・ラインの Write の上でクリックすると,バッファは読み取り専用で変更不可能に設定される。

  • Read-only インディケータの上でクリックすると,バッファは書き込み可能に設定される。

  • Unmodifiable インディケータの上でクリックすると,バッファは変更可能に設定され,前のモードを復元する(Insert または Overstrike)。


次の例は,バッファを読み取り専用に設定する方法と,バッファを読み取り専用で変更可能に設定する方法を示しています。


  1.   1.   Command: SET BUFFER READ_ONLY
    


    現在のバッファを読み取り専用で変更不可能に設定します。この機能は,参照データや前のドラフトなどの保存しておかなければならないテキストを誤って変更するのを防止するのに役立ちます。設定を取り消す場合には, SET BUFFER WRITEコマンドを使用します。


  2.   2.   Command: SET BUFFER READ_ONLY
           Command: SET BUFFER MODIFIABLE
    


    現在のバッファを読み取り専用で変更可能に設定します。この機能は編集が必要であり,編集セッションを終了するときに日本語 EVE がその内容を保存しないような "スクラッチパッド"・バッファに対して有効です。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項