日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語 EVE 概要
第 2 章:日本語EVEの拡張機能
第 3 章:DECwindows で起動する日本語 EVE
第 4 章:日本語 EVE コマンド・ディクショナリ
付録 A :定義済みキー一覧表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
日本語 EVE リファレンス・マニュアル


目次 索引





形式

SET BOX NOPAD


説明

ボックス操作の動きをバッファのモードに従うように設定します(現在のバッファのモードはステータスラインに表示されています)。

設定 RESTORE BOX NOPADコマンドの効果
Insert ボックス領域を削除あるいは保留削除 (Pending Delete) により削除したとき,その領域を閉じるようにボックス領域の右にあったテキストが左に移動します。ボックス領域を回復またはリストアした場合,領域は挿入され,そこにあったテキストは右に押し出されます。
Overstrike ボックス領域を削除あるいは保留削除により削除したとき,その領域の右にあるテキストのカラム位置を変えないように同じ数のスペースが挿入されます。ボックス領域を回復またはリストアした場合,下にあるテキストの上に領域が上書きされます。つまり重ね書きモードの時には SET BOX PADの設定の時と同じ動きになります。

省略時にはSET BOX PADの設定になっています。この時ボックス操作はバッファのモードに関係なく Overstrike の動きをするように設定されています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項