日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語 EVE 概要
第 2 章:日本語EVEの拡張機能
第 3 章:DECwindows で起動する日本語 EVE
第 4 章:日本語 EVE コマンド・ディクショナリ
付録 A :定義済みキー一覧表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
日本語 EVE リファレンス・マニュアル


目次 索引





形式

RESTORE WORD


説明

ERASE PREVIOUS WORDコマンド,ERASE WORDコマンド,またはこれに類似した EDT キーパッドや WPS キーパッドのキーによって最後に消去した内容を現在の位置に再挿入します。

【操作方法】

  1. 消去した内容を再挿入する位置にカーソルを移動します。

  2. RESTORE WORDコマンドを使用します。

バッファのモードが挿入モードの場合も,重ね書きモードの場合も,復元されたテキストは挿入されます。既存のテキストは左から右に,または上から下に移動されます。復元されるテキストの量と現在の位置に応じて,テキストは右マージンより右に移動されたり,部分的に表示されなくなる可能性があります。必要に応じてテキストの書式を変更する場合には(再ラップ),FILLコマンドを使用します。


次のコマンドは,1つの単語を消去し,それを再挿入します。


Command: ERASE WORD
          . 
          . 
          . 
Command: RESTORE WORD


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項