日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語 EVE 概要
第 2 章:日本語EVEの拡張機能
第 3 章:DECwindows で起動する日本語 EVE
第 4 章:日本語 EVE コマンド・ディクショナリ
付録 A :定義済みキー一覧表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
日本語 EVE リファレンス・マニュアル


目次 索引





形式

REPLACE {"old-string"["new-string"]}
{old-string[new-string]}


パラメータ



old-string

削除するテキスト。文字列が複数の単語で構成される場合には,文字列全体を引用符で囲むか,または日本語 EVE が文字列を要求するプロンプトを表示するようにします。大文字と小文字を区別せずに検索する場合には,すべて小文字を使用します。大文字と小文字を正確に区別して検索する場合には,大文字と小文字の組み合わせまたはすべて大文字を使用します。古い文字列を指定しなかった場合には,日本語 EVE は文字列を要求するプロンプトを表示します。プロンプトに対して [ Return ]または[ Do ]だけを押し,文字列を指定しなかった場合には,操作は取り消されます。

new-string

古い文字列を置換するテキスト。文字列が複数の単語で構成される場合には,文字列全体を引用符で囲むか,または日本語 EVE が文字列を要求するプロンプトを表示するようにします。新しい文字列を指定しなかった場合,つまり,プロンプトに対して [ Return ] だけを押した場合には,REPLACE は古い文字列を単に削除し,新しい文字列を挿入しません。

説明

1つのテキスト文字列を別のテキスト文字列と置き換えます。つまり日本語 EVEは,ユーザが指定した old string を検索し,それを new string に変更します。

日本語 EVE は最初に現在の方向に古い文字列を検索し,必要に応じて,反対の方向にも検索します。古い文字列を反対方向に検索できる場合には,日本語 EVE は検索の方向を変更するかどうかを質問します。検索の方向を変更する場合には, [ Return ] を押します。検索の方向を変更しない場合には,NO と入力し, [ Return ] を押します。

古い文字列を検索できた場合には,日本語 EVE は文字列の先頭にカーソルを移動し,検索したテキストを強調表示し,次のいずれかを選択するように要求します。応答を入力する場合には,最初の文字だけを入力すれば十分です(最後に[ Return ] を押してください)。

応答 結果
YES 古い文字列のこの発生箇所を新しい文字列に変更し,次の発生箇所を検索する。これは省略時の設定である。この応答を選択する場合には, [ Return ] だけを押してもかまわない。
NO この発生箇所を置換せず,次の発生箇所を検索する。
ALL この発生箇所から順にすべての発生箇所を置換し,カーソルを各発生箇所に順に移動しない。
LAST この発生箇所を置換し,置換操作をここで停止する。
QUIT この発生箇所を置換せず,置換操作をここで停止する ( [ Ctrl/Z ]を押してもかまわない)。

YES または ALL を応答したときに,バッファ全体を2回以上検索している場合には,日本語 EVE は操作を継続するかどうかを質問します(古い文字列と新しい文字列が類似しているときに,文字列を再度置換するのを防止できます)。

操作が終了した場合には,日本語 EVE は実行した置換の回数を表示します。

REPLACE コマンドでは,大文字と小文字は区別されます。古い文字列がすべて小文字の場合には,日本語 EVE は大文字と小文字を区別せずにすべての発生箇所を検索します ( FIND コマンドと同じ )。新しい文字列もすべて小文字の場合には,日本語 EVE は次に示すように,各置換操作で大文字と小文字を適切に設定します。

  • 古い文字列の1文字目が大文字であり,2文字目以降が小文字である場合には,新しい文字列も1文字目を大文字にし,2文字目以降を小文字にする。

  • 古い文字列がすべて大文字である場合には,新しい文字列もすべて大文字に変換される。

  • それ以外の場合には,新しい文字列はすべて小文字になる。

次の表は,日本語 EVE が文字列の大文字と小文字をどのように使用するかを示しています。

古い文字列 新しい文字列 対象となる文字列 置換後
butter margarine butter
Butter
BUTTER
BUtteR
margarine
Margarine
MARGARINE
margarine
Butter margarine Butter margarine
butter Margarine butter
Butter
BUTTER
BUtteR
Margarine
Margarine
Margarine
Margarine
Butter Margarine Butter Margarine

古い文字列は次の FINDのための検索文字列になります。したがって,butter を margarine に変更した後,FIND NEXT コマンドを実行すると,butter が検索されます。


次の例は,1つのテキスト文字列を別のテキスト文字列に置換する方法を示しています。複数の単語で構成される文字列の場合も示しています。


  1. Command: REPLACE butter margarine
    置き換えますか?(Yes, No, All, Last, Quit): A 
    8 個置き換えました 
    


    butter という単語のすべての発生箇所を margarine という単語に変更します。古い文字列はすべて小文字であるため,日本語 EVE は大文字と小文字を区別せずに,butter のすべての発生箇所を検索します。新しい文字列もすべて小文字であるため,日本語 EVE は置換するときに新しい文字列の大文字と小文字を適切に設定します。


  2. Command: REPLACE computer VAX
    


    computer を VAX に変更します。古い文字列はすべて小文字であるため,日本語 EVE はすべての発生箇所を検索しますが,新しい文字列は大文字であるため,新しい文字列はこのまま正確に挿入されます(この例では,すべて大文字で挿入されます)。


  3. Command: REPLACE "Samuel L. Clemens" "Mark Twain"
    


    フレーズ(複数の単語)を置換する場合には,文字列を引用符で囲むか,または日本語 EVE が文字列を要求するプロンプトを表示するようにします。古い文字列と新しい文字列には大文字が含まれているため,検索操作でも置換操作でも,大文字と小文字は正確に区別されます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項