日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語 EVE 概要
第 2 章:日本語EVEの拡張機能
第 3 章:DECwindows で起動する日本語 EVE
第 4 章:日本語 EVE コマンド・ディクショナリ
付録 A :定義済みキー一覧表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
日本語 EVE リファレンス・マニュアル


目次 索引





形式

REPEAT integer


説明

ユーザが指定した回数だけ次のコマンドまたはキーストロークを繰り返し,再入力不要にします。たとえば,矢印キー([↑][↓][→][←]) やカーソル移動コマンドを繰り返したり,タイピング・キー ( ダッシュなど ) や編集操作 ( ERASE コマンドなど ) を繰り返すことができます。

まだ終了していない繰り返しカウントを取り消すには, RESET コマンドを使用します。

別のREPEATコマンドをさらに繰り返すために, REPEAT コマンドを使用することはできません。同じ行で 2 つの REPEAT コマンドを使用した場合には, 2 番目のコマンドは最初のコマンドを無効にします。

EDT キーパッドまたは WPS キーパッドを使用している場合には,GOLD キーと数字キーの組み合わせを使用して繰り返しカウントを指定することができます。たとえば,カーソルを5行だけ下に移動する場合には,次の操作を実行できます。

  1. GOLD キー(通常は [ PF1 ])を押し,5 と入力します。

  2. [↓]キーを押します。

注意

REPEAT 操作を取り消すために [ Ctrl/C ] を使用することはできません。 [ Ctrl/C ] を押すと,操作は取り消されますが, [ Ctrl/C ] はジャーナル・ファイルに記録されず,システム障害によって編集セッションが異常終了したときに,作業結果を回復できなくなります。操作を取り消すために [ Ctrl/C ] を使用する場合には,編集セッションをただちに終了し,編集結果を保存し,その後,編集セッションを再起動してください。


パラメータ



integer

次の操作を繰り返す回数。1より大きい値でなければなりません。値を指定しなかった場合には,日本語 EVE は値を要求するプロンプトを表示します。プロンプトに対して [ Return ]または[ Do ]だけを押し,値を指定しなかった場合には,操作は取り消されます。

次の例は,ERASE WORDコマンドを 5 回繰り返します。つまり,現在の単語と次の 4 つの単語を消去します。


Command: REPEAT 5
次のコマンドを 5 回繰り返します 
Command: ERASE WORD


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項