日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語 EVE 概要
第 2 章:日本語EVEの拡張機能
第 3 章:DECwindows で起動する日本語 EVE
第 4 章:日本語 EVE コマンド・ディクショナリ
付録 A :定義済みキー一覧表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語 HP OpenVMS
日本語 EVE リファレンス・マニュアル


目次 索引





形式

REMOVE


説明

選択領域または検索領域を削除します。削除した領域は他の場所に挿入できます
(CUTコマンドと同じ)。Buffer List バッファでは,カーソルが設定されている名前を持つバッファが削除されます。

【操作方法】

  1. SELECTFINDWILDCARD FIND コマンドのいずれかを使用して,削除するテキストを高輝度表示します ( 選択領域は検索領域より優先します )。

  2. REMOVEコマンドを使用します。

  3. 削除したテキストを他の場所に挿入する場合には,INSERT HERE コマンドまたはPASTEコマンドを使用します。

削除したテキストは,設定に応じて日本語 EVE の Insert Here バッファまたは DECwindows クリップボードに格納され,その前に削除または複写した記憶領域の内容と置き替えられます。省略時の設定は NOCLIPBOARD であり,この場合には Insert Here バッファが使用されます。詳しい説明は,SET CLIPBOARD コマンドの説明を参照してください。

変更不可能なバッファでREMOVEを使用した場合には,日本語 EVEは STORE TEXT コマンドを実行し,強調表示されているテキストを削除せずに,単に複写します。

現在の位置が Buffer List バッファの内部である場合には,REMOVE コマンドはバッファを削除し,そのとき,バッファ名を入力する必要はありません。

  1. SHOW BUFFERSコマンドを使用してユーザが作成したバッファのリストを表示します。

  2. 削除するバッファの名前の上にカーソルを移動します。

  3. REMOVEコマンドを使用してそのバッファを削除します。

バッファの削除についての詳しい説明は, DELETE BUFFER コマンドの説明を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項