日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語 EVE 概要
第 2 章:日本語EVEの拡張機能
第 3 章:DECwindows で起動する日本語 EVE
第 4 章:日本語 EVE コマンド・ディクショナリ
付録 A :定義済みキー一覧表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
日本語 EVE リファレンス・マニュアル


目次 索引





形式

QUOTE


説明

キーを押すことにより指定した制御コードまたは他の文字を入力します。コマンド文字列の一部として使用する文字や,バッファ内のテキストとして文字を入力するときに,その文字の特殊な意味を取り消すことができます。一部の制御コードは逆疑問符として表示されます。

QUOTEはバッファのモードの影響を受けます(バッファのモードはステータス・ラインに表示されます)。挿入モードでは,特殊な意味を取り消した文字は現在の位置に挿入されます。重ね書きモードでは,特殊な意味を取り消した文字は現在の文字を置換します。

FIND コマンドや REPLACE コマンドに対して文字列を入力する場合には,制御コードや他の文字の特殊な意味を取り消すことができます。たとえば,SET TABS SPACES コマンドや SET TABS MOVEMENT コマンドを使用した場合には,次に示す方法でタブ文字を検索するために, [ Tab ] または [ Ctrl/I ] の特殊な意味を取り消すことができます。

  1. FINDコマンドを使用し,日本語 EVE が検索文字列を要求するプロンプトを表示するようにします。

  2. プロンプトに対して,[ Ctrl/V ] (またはQUOTEとして定義したキー)を押します。

  3. タブ文字を指定するために[ Tab ]または[ Ctrl/I ]を押します。

  4. [ Return ] を押すことによりコマンドを終了します。

同様に,タイピング・キー(英字,数字,句読点)や制御キーを定義するために XTPU DEFINE_KEY 組込みプロシージャを使用した場合には,通常はそのキーに割り当てられている文字または制御コードを入力するためにQUOTE を使用できます。たとえば,プロシージャを実行するためにティルド( ~ )を定義した場合には,次の操作を実行することにより,ティルド文字を挿入できます。

  1. QUOTEコマンドを使用します(または[ Ctrl/V ]を押します)。

  2. ティルド( ~ )をタイプします。

QUOTEの別の使い方として,DCL コマンドを使用して作成したサブプロセスに[ Ctrl/Z ]を渡し,そのサブプロセスを終了する方法があります。詳しい説明は,DCLコマンドの説明を参照してください。

次に示す制御コードやキーは VMS が処理します。したがって,これらの特殊な意味を取り消すことはできません。

  • [ Ctrl/C ]

  • [ Ctrl/O ]

  • [ Ctrl/Q ]

  • [ Ctrl/S ]

  • [ Ctrl/T ]

  • [ Ctrl/X ]

  • [ Ctrl/Y ]

  • [ F6 ]


次の例はバッファにエスケープ文字を挿入します。


Command: QUOTE
キーを押してください: 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項