日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語 EVE 概要
第 2 章:日本語EVEの拡張機能
第 3 章:DECwindows で起動する日本語 EVE
第 4 章:日本語 EVE コマンド・ディクショナリ
付録 A :定義済みキー一覧表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
日本語 EVE リファレンス・マニュアル


目次 索引





形式

MOVE DOWN


説明

カーソルを一度に1行ずつ下に移動します。

カーソルがフリー・カーソル(省略時の設定)の場合には,テキストが存在する場合も,存在しない場合も,カーソルは画面の同じカラムを下に移動します。

カーソルがバウンド・カーソルの場合には,EDT,WPS,あるいは他のエディタの場合と同様に,カーソルは各行で対応する位置を下に移動します。たとえば,現在の行が次の行より長く,カーソルが行の最後にある場合には,MOVE DOWN コマンドを使用すると,カーソルは次の行の最後に移動します。バッファの使用されていない部分にカーソルを移動することはできません。

現在の位置がバッファの最後である場合には,カーソルは移動しません。ただし,バッファがウィンドウの長さより短く,カーソルがフリー・カーソルである場合は例外です。したがって,[End of file]マーカをこえてカーソルを移動することができます。この操作を実行した場合には,次の編集操作(テキストの入力など)によって,[End of file]マーカの位置は適切に変更されます。

カーソルの移動タイプの設定についての説明は, SET CURSOR BOUND コマンドとSET CURSOR FREEコマンドの説明を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項