日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語 EVE 概要
第 2 章:日本語EVEの拡張機能
第 3 章:DECwindows で起動する日本語 EVE
第 4 章:日本語 EVE コマンド・ディクショナリ
付録 A :定義済みキー一覧表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
日本語 EVE リファレンス・マニュアル


目次 索引





形式

HELP [topic-name]


パラメータ



topic-name

ヘルプ情報が必要な日本語 EVE コマンドまたは他のトピック。トピック名は短縮できます ( EDT キーパッドまたは WPS キーパッドの機能の名前を入力することはできません )。複数の名前が要求と一致する場合には,日本語 EVE は一致するトピックのリストを表示し,適切なトピックを選択できるようにします ( たとえば,HELP SET と入力した場合には,日本語 EVE はすべての SET コマンドのリストを表示します )。疑問符 ( ? ) を指定した場合や,トピックを指定しなかった場合には,日本語 EVE はトピックのリストを表示します。プロンプトに対して[ Return ] キーを押すと, HELP は終了します。

説明

DEC XTPU 組込みプロシージャも含めて,日本語 EVE コマンド,キー,他のトピックに関するオンライン・ヘルプを表示します。

日本語 EVE には 3種類の HELP トピックがあります。

  • コマンド・トピック
    日本語 EVE コマンドについて説明し,コマンドの使い方を示す1つ以上の例または操作方法を示す。

  • キーパッド・トピック
    日本語 EVE コマンドに割り当てられていないEDTキーパッドと WPS キーパッドのキーについて説明する。

  • 情報トピック
    エディタの操作や機能などについて説明する。たとえば,省略時の設定,イニシャライゼーション・ファイル,キーの名前などについて説明する。

省略時の設定では,[ Help ] キーは HELP KEYPAD として定義されており,キーパッド・ダイアグラムを描き,どのキーが定義されているかに応じて,エディタ・キーパッドとキーパッドのどちらか一方またはその両方を表示します。その後,ヘルプ情報が必要なキーを押すことができます。

すべてのキー定義のリストを表示する場合には, HELP KEYS コマンドを使用するか,または GOLD キーが設定されている場合には, [ GOLD-Help] を押します。この操作を実行すると,制御キーや GOLD キーの組み合わせも含めて,現在定義されているすべてのキーのリストが表示されます。その後,ヘルプ情報が必要なキーを押します。

DEC XTPU 組込みプロシージャに関するヘルプが必要な場合には, HELP TPU コマンドを使用します。このコマンドは日本語 EVE の TPU コマンドに関するヘルプを表示し,XTPUHELP ライブラリに切り換えます。その後,たとえば,COPY_TEXT などのように,ヘルプ情報が必要な組込みプロシージャの名前を入力できます。エディタに関するヘルプに戻るには,EVE と入力します。

長い HELP トピックをスクロールする場合には,[ Next Screen ] キーと [ Prev Screen ] キーを押します。

HELPを終了し,編集を再開するには, [ Return ] を押します。

最後に表示した HELP トピックは,Help という名前の日本語 EVE システム・バッファに格納されます。Help バッファの内容は,たとえば定義されているキーのリストの複写を保存するなどの目的でファイルに書き込むことができます(保存できます)。その場合の操作は次のとおりです。

  1. 必要なトピックに関する HELP を表示します。たとえば,定義されているすべてのキーのリストが必要な場合には,次のコマンドを使用します。


    Command: HELP KEYS
    


    HELP を終了するには,[ Return ] を押します。

  2. Help バッファを現在のウィンドウに表示するには,次のコマンドを使用します。


    Command: BUFFER HELP
    


    たとえば,独自のコメントを追加するために,Help バッファを編集できます。 FILLコマンドなどの一部の編集操作は Help バッファの内部で使用できません。

  3. 最後に表示したトピックは,別のHELPコマンドを使用するまで (またはエディタを終了するまで)Help バッファに格納されています。Help バッファの内容を保存する場合には,次のコマンドを実行します。この例では,KEYDEFS.LIS というファイルにバッファの内容を書き込みます。


    Command: WRITE FILE keydefs.lis
    


次の例は,日本語 EVE コマンドと他のトピックに関するヘルプを表示する方法を示しています。


  1. Command: HELP
    


    ヘルプ情報を表示できるトピックのリストを表示します。この後,ヘルプが必要なトピックの名前を入力できます。


  2. Command: HELP CENTER LINE
    


    CENTER LINEコマンドに関するヘルプを表示します。


  3. Command: HELP KEYPAD
    


    キーパッド・ダイアグラムを表示します( [ Help ] キーを押す操作と同じ)。その後,ヘルプが必要なキーを押すことができます。たとえば,EDT キーパッドまたは WPSキーパッドを使用している場合には,[ Ctrl/J ] を押すことにより, Delete Previous Word キーに関するヘルプを表示できます。また,ユーザが定義したキーに割り当てられているコマンドに関するヘルプを表示する場合には,そのキーを押すこともできます。


  4. Command: HELP KEYS
    


    現在定義されているすべてのキーのリストを表示します( [ GOLD-Help] キーを押す操作と同じ)。その後,ヘルプが必要なキーを押します。日本語 EVE,EDT キーパッド, WPS キーパッド,ユーザ自身が定義したキーを押すことができます。


  5. Command: HELP XTPU
    


    XTPUコマンドに関するヘルプを表示し,XTPUHELP ライブラリに自動的に切り替えます。その後,ヘルプが必要なDEC XTPU 組込みプロシージャの名前を入力できます。たとえば,COPY_TEXT や GET_INFO を指定できます。トピックの名前は短縮できます。XTPUHELP トピックのリストが必要な場合には,疑問符(?)を入力します。日本語 EVE コマンドに関するヘルプに戻るには, EVEと入力します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項