日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語 EVE 概要
第 2 章:日本語EVEの拡張機能
第 3 章:DECwindows で起動する日本語 EVE
第 4 章:日本語 EVE コマンド・ディクショナリ
付録 A :定義済みキー一覧表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語 HP OpenVMS
日本語 EVE リファレンス・マニュアル


目次 索引





形式

GET WILDCARD FILE wildcarded_filespec


パラメータ



wildcarded_filespec

編集あるいは作成したいファイルのファイル指定。ファイル指定に論理名やワイルドカードを使用することができます。もしファイル指定に複数のファイルがマッチした場合,マッチしたすべてのファイルを読み込みます。もしファイルを指定しなかった場合には,ファイル名を要求するプロンプトが表示されます。何も入力せずに[Do]あるいは [Return] キーを押すと,操作がキャンセルされます。

説明

GET WILDCARDED FILESコマンドは指定したファイルそれぞれについてバッファを作成します。GET FILEコマンドとの違いは,同時に複数のファイルがオープンされることです。このコマンドはひとつのコマンドで2つ以上のファイルをオープンすることができます。

もし該当するファイルがないとき (つまり指定したファイルが存在しないとき), GET WILDCARD FILEコマンドはワイルドカードをファイル指定に使用していてもいなくても新しいバッファは作成しません(この動きは GET FILEコマンドやOPENOPEN SELECTED コマンドと異なります。これらのコマンドはファイルが存在してもしなくてもバッファを作成します)。

日本語EVEはひとつひとつのファイルについて,すでにオープンされていないかをチェックします。もしすでにオープンされていなければ,ファイル名とファイル・タイプをバッファ名にしてバッファを作成します。それからファイルの内容がその新しいバッファにコピーされます。新しいバッファのマージンやその他の設定は $DEFAULTS$ バッファと同じ設定になります(オンライン・ヘルプの Defaultsを参照)。もしファイルがすでにオープンされていた場合には,バッファは作成されません。

2つかそれ以上のファイルがオープンされたとき,ワイルドカードに最後にマッチしたファイルのバッファが現在の画面に表示されます。もしそのファイルがすでにオープンされているファイルだったときには,カーソルはそのバッファ上で最後にいた位置に移動します。もしそのバッファが新しく作成されたものだったときには,カーソルはバッファの先頭に移動します。

オープンしたいファイル名と同じ名前で,ファイルに関連付けられていないバッファがすでにある場合,日本語EVEはバッファを作成する前に別のバッファ名をきいてきます。一回のGET WILDCARD FILES コマンドでバッファ名を要求するプロンプトが複数表示されることもあります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項