日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語 EVE 概要
第 2 章:日本語EVEの拡張機能
第 3 章:DECwindows で起動する日本語 EVE
第 4 章:日本語 EVE コマンド・ディクショナリ
付録 A :定義済みキー一覧表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
日本語 EVE リファレンス・マニュアル


目次 索引





形式

GET FILE filespec


パラメータ



filespec

編集または作成するファイル。ファイル指定では論理名とワイルドカードを使用できます。複数のファイルが要求と一致する場合には,日本語 EVE は一致するファイルのリストを表示し,適切なファイルを選択できるようにします。1つの編集セッションで複数のファイルを編集できますが,同時に指定できるのは 1つのファイルだけです。ファイルを指定しなかった場合には,日本語 EVE はファイルを要求するプロンプトを表示します。プロンプトに対して [ Return ] キー,または [ Do ] キーだけを押し,ファイルを指定しなかった場合には,操作は取り消されます。

説明

指定したファイルを現在の日本語 EVE ウィンドウに表示し,必要に応じて新しいバッファを作成します(OPENコマンドと同じ)。このコマンドを使用すれば,同じセッションで別のファイルを編集できます。

ファイルが存在する場合には,日本語 EVE はそのファイルを現在のウィンドウの新しいバッファに複写します。ファイルが存在しない場合には,日本語 EVE は新しい空のバッファを作成し,バッファ名としてファイル名およびファイル・タイプを使用します。その名前を持つバッファがすでに存在し,ファイルに対応づけられていない場合には(たとえば,BUFFERコマンドやNEW コマンドを使用してバッファを作成した場合),日本語 EVE はバッファを作成する前に,別の名前を要求します。

SET DIRECTORY LISTコマンドを使用している場合には, GET FILEコマンドはDIRECTORY LISTコマンドと同様に動作します。詳しくは,DIRECTORY LISTコマンドの説明を参照してください。

編集セッションですでにオープンされているファイルを指定した場合には(つまり,すでにバッファが存在するファイル),そのバッファがまだ存在しているときは,日本語 EVE はそのファイルに対するバッファの最後の位置に戻ります。

新しいバッファのマージンや他の設定は,$DEFAULTS$ という名前の日本語 EVE システム・バッファと同じです。 $DEFAULTS$ には,省略時のバッファ属性が登録されています。詳しい説明は『日本語EVE ユーザーズ・ガイド』の第7.13節 "$DEFAULTS$ バッファの変更" を参照してください。


次のコマンドは,MEMO.TXT というファイルを検索し,カーソルをバッファ名の最後の位置に戻すか,または新しいバッファを作成します。


Command: GET FILE memo.txt


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡