日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語 EVE 概要
第 2 章:日本語EVEの拡張機能
第 3 章:DECwindows で起動する日本語 EVE
第 4 章:日本語 EVE コマンド・ディクショナリ
付録 A :定義済みキー一覧表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語 HP OpenVMS
日本語 EVE リファレンス・マニュアル


目次 索引





形式

ERASE CHARACTER


説明

バッファのモードに応じて,カーソルが置かれている文字を消去するか,またはその文字をスペースに変更します。挿入モードでは,行の残りの部分は1文字だけ左に移動します。重ね書きモードでは,消去した文字はスペースに変更されます。

【操作方法】

  1. 消去する文字の上にカーソルを移動します。

  2. ERASE CHARACTERコマンドを使用します。

現在の位置が行の最後である場合には,ERASE CHARACTERはモードとは無関係にその行のキャリッジ・リターンだけを消去し,次の行を上に移動します。この機能は,FILLコマンドのために段落を作成するときにブランク行を消去するのに役立ちます。

消去した文字を復元するには,RESTORE CHARACTERコマンドを使用します。このコマンドもモードに応じて機能が異なります。


次の例は,挿入モードと重ね書きモードの場合の ERASE CHARACTER コマンドの使い方を示しています。


  1. Command: INSERT MODE
    Command: ERASE CHARACTER
    


    挿入モードでは,ERASE CHARACTERコマンドは現在の文字を消去します。


  2. Command: OVERSTRIKE MODE
    Command: ERASE CHARACTER
    


    重ね書きモードでは,ERASE CHARACTERコマンドは現在の位置が行の最後である場合を除き,現在の文字をスペースに変更します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項