日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語 EVE 概要
第 2 章:日本語EVEの拡張機能
第 3 章:DECwindows で起動する日本語 EVE
第 4 章:日本語 EVE コマンド・ディクショナリ
付録 A :定義済みキー一覧表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
日本語 EVE リファレンス・マニュアル


目次 索引





形式

DELETE BUFFER buffer-name


パラメータ



buffer_name

削除するバッファ。バッファ名は正確に一致しなければなりません。つまり,ワイルドカードを使用したり,短縮形を使用することはできません。バッファ名では大文字と小文字は区別されません。通常,バッファ名はそのバッファに格納されているファイルと同じです ( 日本語 EVE を起動するときに指定するか,または BUFFER コマンド,GET FILE コマンド,NEW コマンド, OPEN コマンド,OPEN SELECTED コマンドを使用したときに指定した名前 )。バッファを指定しなかった場合には,日本語 EVE はバッファを要求するプロンプトを表示します。プロンプトに対して [ Return ]または [ Do ] だけを押し,バッファを指定しなかった場合には,操作は取り消されます。

説明

名前で指定したバッファを削除します。指定したバッファがウィンドウに表示されている場合には,日本語 EVE はバッファを削除し,別のバッファを表示します。通常,編集セッションで表示した最初のバッファを表示します。

変更した後,空でないバッファを指定した場合には,日本語 EVE はそのバッファを削除するかどうかを確認します。次の表は可能な応答と各応答の結果を示しています。応答を入力する場合には,1 文字目だけを指定してください(最後に [ Return ] を押します)。

応答 結果
削除(D) 指定したバッファを削除する。
書き込み(W) 削除する前にバッファをファイルに書き込む。バッファに対してファイル指定が設定されていない場合,つまり,入力ファイルを指定せずに日本語 EVE を起動した場合や, BUFFER コマンドまたは NEW コマンドを使用してバッファを作成した場合には,日本語 EVE は WRITE FILE コマンドの場合と同様に,ファイル指定を要求するプロンプトを表示する。
取り消し(Q) 操作を取り消す。つまり,バッファは削除されない。これは省略時の応答なので, [ Return ] または [ Ctrl/Z ] を押すだけでよい。

また,Buffer List バッファ内で REMOVE または CUT を使用することにより,バッファを削除することも可能です。この場合には,バッファ名を入力する必要はありません。 SHOW BUFFERS コマンドの説明を参照してください。

Messages バッファ,Insert Here バッファ,$RESTORE$ バッファなどの日本語 EVE システム・バッファを削除することはできません。これらのバッファは一部のコマンドにとって必ず必要なバッファだからです。一部のシステム・バッファは削除できず,永久的なバッファとしてマークされています。


次のコマンドは MEMO.TXT という名前のバッファを削除します。この場合,バッファはすでに変更されているため(まだファイルに書き込まれていないため),日本語 EVE は削除を確認するプロンプトを表示します。


 
Command: DELETE BUFFER memo.txt
modified バッファです(削除→ D,書き込み→ W,取り消し→ Q): D
 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項