日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語 EVE 概要
第 2 章:日本語EVEの拡張機能
第 3 章:DECwindows で起動する日本語 EVE
第 4 章:日本語 EVE コマンド・ディクショナリ
付録 A :定義済みキー一覧表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
日本語 EVE リファレンス・マニュアル


目次 索引





形式

DCL dcl-command


パラメータ



dcl-command

実行する DCL コマンドであり,必要なパラメータも含みます。コマンドを指定しなかった場合には,日本語 EVE はコマンドを要求するプロンプトを表示します。このプロンプトに対して [ Return ] または [ Do ] だけを押し,コマンドを入力しなかった場合には,操作は取り消されます。

説明

編集セッション中に DCL コマンドを実行し,コマンドとそのコマンドからの出力を DCL バッファに書き込みます。DCL バッファは2つ目のウィンドウに(すでに2つ以上のウィンドウを使用していた場合は2番目のウィンドウに,ウィンドウが1つしかなかった場合は,そのウィンドウを2つに分割して)表示します。DCL コマンドを実行するために,サブプロセスが生成されます。コマンドの実行が終了すると,カーソルは自動的に,編集バッファの最後にカーソルがあった位置に戻ります。 DCL ウィンドウはそのままスクリーンに残ります。

DCL バッファは編集することができるので,DCL コマンドの出力結果を別のバッファに移すこともできます。DCL ウィンドウを削除したいときは, ONE WINDOWコマンドを実行してください。

日本語 EVE は DCL サブプロセスを生成するので,コマンドはサブプロセスにのみ適用され,日本語 EVE を起動しているプロセスには影響を与えません。たとえば, DCL で SET DEFAULT コマンドを実行しても,GET FILEINCLUDE FILE,またはSAVE EXTENDED EVEコマンドなどの日本語 EVE のコマンドで参照するディレクトリは変化しません。

アプリケーションまたはユーティリティを起動するために DCL コマンドを使用した場合には,コマンドが正常終了した後もサブプロセスを継続できます。後続の DCL コマンドは,そのユーティリティに対してサブプロセスを終了するまで機能しません。たとえば,OpenVMS ヘルプ・トピックを表示するために DCL の HELP コマンドを使用した後,DIRECTORY などの別の DCL コマンドを使用しようとした場合には,サブプロセスはまだ DCLのHELP を実行しています。このような場合には,次に示すように DCL サブプロセスに [ Ctrl/Z ] を渡さなければなりません。


Command: DCL
DCL command: [ Ctrl/V ] (を押す) 
キーを押してください: [ Ctrl/Z ] (を押す) 

この操作を実行すると,DCLのHELP を実行しているサブプロセスは終了します。その後,別の DCL コマンドを使用し,新しいサブプロセスを生成できます。


次のコマンドは日本語 EVE ウィンドウを分割し(まだ分割されていない場合), DCL の DIRECTORY コマンドとその出力(ディレクトリ・リスト)を2番目のウィンドウに表示します。


Command: DCL DIRECTORY *.txt


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項