日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語 EVE 概要
第 2 章:日本語EVEの拡張機能
第 3 章:DECwindows で起動する日本語 EVE
第 4 章:日本語 EVE コマンド・ディクショナリ
付録 A :定義済みキー一覧表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
日本語 EVE リファレンス・マニュアル


目次 索引





形式

BUFFER buffer-name


パラメータ



buffer-name

編集または作成するバッファ名。既存のバッファを表示する場合には,バッファ名を短縮することができます。また,バッファ名の指定には大文字と小文字の区別はありません。ただし,ワイルドカードを使用することはできません(たとえば,バッファ名でアスタリスクを使用した場合には,それは文字として取り扱われます)。

指定した文字列が複数のバッファ名と一致する場合には,日本語 EVE は一致する名前のリストを表示し,適切なバッファを選択できるようにします。バッファを指定しなかった場合には,日本語 EVE はバッファ名を要求するプロンプトを表示します。操作を中止したいときは,プロンプトに対して何も入力せずに [ Return ] キーか,あるいは [ Do ] キーを押してください。


説明

指定したバッファを現在の日本語 EVE ウィンドウに表示します。指定したバッファがすでに存在する場合は,カーソルはそのバッファの最後の編集位置に置かれます。バッファが存在しない場合には,日本語 EVE は新しいバッファを作成し,カーソルはバッファの先頭に置かれます。

既存のバッファに戻る場合には,BUFFERコマンドを使って,バッファ名を指定します。通常,バッファ名はそのバッファに格納されているファイルの名前 (すなわち,日本語 EVE の起動時に指定するファイル名や,GET FILEOPEN,またはOPEN SELECTEDコマンドで使用するファイル名)と同じです。作成したバッファのリストを表示する場合には, SHOW BUFFERSコマンドを使用します。

また,BUFFERコマンドを使用すれば,Messages バッファ,DCL バッファ,およびInsert Here バッファなどのシステム・バッファを表示することもできます。日本語 EVE のシステム・バッファのリストを表示する場合には, SHOW SYSTEM BUFFERS コマンドを使用します。

ユーザが作成したバッファには,$DEFAULTS$ と呼ばれる日本語 EVE システム・バッファと同じ設定が適用されます。 $DEFAULTS$ には,省略時のバッファ属性が登録されています。詳しい説明は,『日本語EVE ユーザーズ・ガイド』の第7.13節 "$DEFAULTS$ バッファの変更" を参照してください。


次の例は,編集するバッファの作成または表示方法,および日本語 EVE のシステム・バッファの表示方法を示しています。


  1. BUFFER memo.txt
    


    MEMO.TXT という名前のバッファを現在のウィンドウに表示し,カーソルをそのバッファの最後の位置に戻します。または新しいバッファを作成します。


  2. Command: BUFFER MESSAGES
    


    現在のウィンドウに日本語 EVE の Messages バッファを表示します。このコマンドは,EXTENDコマンドを使用するときにコンパイル・メッセージを見るのに便利です。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項