日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語 EVE 概要
第 2 章:日本語EVEの拡張機能
第 3 章:DECwindows で起動する日本語 EVE
第 4 章:日本語 EVE コマンド・ディクショナリ
付録 A :定義済みキー一覧表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
日本語 EVE リファレンス・マニュアル


目次 索引





形式

ATTACH [process-name]


パラメータ



process-name

ATTACHするプロセス名またはサブプロセス名を指定(省略可能)します。プロセス名は大文字と小文字が区別され,1〜15文字の英数字でなければなりません。プロセス ID を指定することはできません。プロセス名またはサブプロセス名を指定しなかった場合には,日本語 EVE は親プロセスにATTACHします。

説明

編集セッションを一時中断し,ターミナルを他のプロセスまたはサブプロセスに再接続します。ATTACHコマンドは新しくプロセスを生成するのではないので,すでに存在しているプロセスまたはサブプロセスにしか再接続できません。

ATTACHコマンドとSPAWNコマンドを日本語 EVE の内部や DCL レベル,あるいは MAIL などの他のユーティリティの内部で使用すると,VMS セッション(またはログイン)全体を通じて編集セッションを有効にしておくことができ,日本語 EVE は継続的にエディタとして使用されます。このようにすれば,編集をただちに再開できますが,より多くのシステム資源が必要になります。

ATTACHするプロセスの名前を確認する場合には,DCL の SHOW PROCESS/SUBPROCESS コマンドを使用します。

/DISPLAY=DECWINDOWS 修飾子を使用して日本語 EVE を起動した場合には, ATTACHコマンドはサポートされません。


次の例では,まず DCL コマンド・レベルの SPAWN コマンドで PUPPY_1 というサブプロセスを作成すると同時に,そこで MEMO.TXT というファイルを編集する日本語 EVE を起動しています。

MEMO.TXT を編集中に日本語 EVE でATTACHコマンドを実行すると,親プロセスである PUPPY に ATTACH します。DCL レベルでの作業が終了し, DCL コマンドの ATTACH PUPPY_1 を実行すると,サブプロセスPUPPY_1での編集セッションが再開されます。日本語 EVE を終了すると,同時にサブプロセスも終了し,制御は親プロセスPUPPYに戻されます。


$ SPAWN EDIT/XTPU memo.txt
%DCL-S-SPAWNED,プロセス PUPPY_1 が生成されました。 
%DCL-S-ATTACHED,ターミナルはプロセス PUPPY_1 にアタッチされました。
       . 
       .  [ サブプロセス PUPPY_1 で MEMO.TXT を編集中 ]
       . 
Command: ATTACH
%DCL-S-RETURNED, control returned to process PUPPY 
$ 
       . 
       .  [ DCL レベル(プロセス PUPPY)] 
       . 
$ ATTACH PUPPY_1
       . 
       .  [ サブプロセス PUPPY_1 で MEMO.TXT を編集中 ]
       . 
 
Command: EXIT
 
%DCL-S-RETURNED, control returned to process PUPPY 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項