日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部:入門編
第 1 章:日本語EVEを使ってみましょう
第 2 章:文字を入力しましょう(ローマ字入力の場合)
第 3 章:文字を入力しましょう(カナ入力の場合)
第 4 章:漢字に変換しましょう
第 5 章:文章の作成例(入門編のまとめ)
第 2 部:実践編
第 6 章:漢字かな交じり文に変換しましょう
第 7 章:文節を拡大/縮小しましょう
第 8 章:入力を間違えたときには
第 9 章:半角英数字を入力するには
第 3 部:日本語 応用編
第 10 章:記号とコードを入力してみましょう
第 11 章:罫線を引いてみましょう
第 12 章:図表の作成例(応用編のまとめ)
付録 A :変換キーのまとめ
付録 B :変換対応表
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語EVE かな漢字変換入門 | HPE 日本

日本語EVE かな漢字変換入門


目次 索引

第 2 章
文字を入力しましょう(ローマ字入力の場合)

ローマ字漢字モードで入力します

日本語EVEを起動したら,モードがローマ字漢字モードになっているかを確認してください。カナ表示ランプが点灯していたら,[カナ]キーを押して解除します。

2.1 ひらがな

[K] [U] [R] [U] [M] [A] と入力してください。入力文字列は,ひらがなに変換されて表示されます。


入力文字列はアンダーラインの引かれた状態になります。

この状態では,変換は確定されていません。[Return]キーを押してください。変換が確定され,アンダーラインは消えます。もう1度,[Return]キーを押して改行してください。

2.2 カタカナ

[S] [U] [K] [I] [−] と入力してください。画面上には,"すきー"と表示されます。


入力文字列はアンダーラインの引かれた状態になります。 [F12]キーを押してください。文字がカタカナに変換されます。


"スキー"が反転表示されています。ここで,[Return]キーを押して変換を確定します。


もう1度,[Return]キーを押して改行してください。

2.3 半角カタカナ

[S] [U] [K] [I] [−] と入力してください。画面上には,"すきー"と表示されます。


入力文字列はアンダーラインの引かれた状態になります。 [F13]キーを押してください。文字が半角カタカナに変換されます。


半角の"スキー"が反転表示されています。ここで,[Return]キーを押して変換を確定します。


もう1度,[Return]キーを押して改行してください。

2.4 英字

[T] [E] [N] [N] [I] [S] と入力してください(大文字の入力は,[Lock]キーを押してから入力するか,または[Shift]キーを押しながら入力してください)。画面上には, "てんいS"と表示されます。


入力文字列はアンダーラインの引かれた状態になります。 [F14]キーを押してください。全角の英字に変換されます。


全角の"TENNIS"が反転表示されています。ここで,[Return]キーを押して確定します。改行のために,[Return]キーをもう1度押します。

再び [T] [E] [N] [N] [I] [S] と入力してください。


ここで,[F14]キーを押してから[F13]キーを押してください。半角の英字に変換されます。


半角の"TENNIS"が反転表示されています。

反転表示の状態の文字は,[F11][F12][F13][F14]キーを押して,何度でも変換できます。何度か押してみて確認してください。

最後に[F14]キーを押してから[F13]キーを押して半角に戻し,[Return] キーを押して変換を確定します。


★半角文字の入力★

[F13]キーでの半角変換は,反転表示の文字がひらがなまたはカタカナの場合は半角カタカナとなり,英字の場合は半角英字となります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項