日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:IMLIB の機能
第 2 章:アプリケーションの作成
第 3 章:ACTIONの実行
第 4 章:アプリケーションの作成方法
第 5 章:IMLIBライブラリ・ルーチン
第 6 章:プログラムの開発
付録 A :IMLIBがサポートするKEYSYM
付録 B :定義済のシンボル
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語OpenVMS | HPE 日本

日本語OpenVMS
IMLIB/OpenVMS ライブラリ・ リファレンス・マニュアル


最初へ
索引

目次 (まとめ)
まえがき まえがき
第 1 章 IMLIB の機能
第 2 章 アプリケーションの作成
第 3 章 ACTIONの実行
第 4 章 アプリケーションの作成方法
第 5 章 IMLIBライブラリ・ルーチン
第 6 章 プログラムの開発
付録 A IMLIBがサポートするKEYSYM
付録 B 定義済のシンボル
  索引
 
 


目次


まえがき
まえがき まえがき
第 1 章
1 IMLIB の機能
     1.1     ユーザによるかな漢字変換のキー定義
     1.2     ユーザによるかな漢字変換の付加情報の指定
第 2 章
2 アプリケーションの作成
     2.1     IMLIBの初期化
     2.2     IMLIBの終了
     2.3     キー入力処理
         2.3.1         アプリケーションとの関係
         2.3.2         かな漢字変換入力インターフェイスの範囲
第 3 章
3 ACTIONの実行
     3.1     ACTION の定義
第 4 章
4 アプリケーションの作成方法
     4.1     アプリケーションが用意する資源
     4.2     ACTION による状態の遷移
     4.3     ACTIONの動作
第 5 章
5 IMLIBライブラリ・ルーチン
     5.1     IMLIBルーチンとは?
         5.1.1         プログラミング言語
     5.2     PROFILEに関連するルーチン
         5.2.1          PROFILEのオープン
         5.2.2         PROFILEのクローズ
         5.2.3         PROFILEデータの検索
         5.2.4         PROFILEデータの変更
         5.2.5         PROFILEデータの書き込み
     5.3     KEYBINDに関連するルーチン
         5.3.1         KEYBIND情報の設定
         5.3.2         ACTIONを得るルーチン (C バインディング)
         5.3.3         ACTIONを得るルーチン(VMSバインディング)
         5.3.4         STATEを初期化するルーチン
         5.3.5         直前のSTATEに戻すルーチン
     5.4     KEYCODEに関連するルーチン
         5.4.1         キー名文字列からKEYCODEへの変換
         5.4.2         KEYCODEに対応する文字を返すルーチン
         5.4.3         半角カナのKEYCODE に対応する文字を返すルーチン
         5.4.4         キーが発生するコードからKEYCODEへの変換
         5.4.5         KEYSYMからKEYCODEへの変換
         5.4.6         半角カナからKEYCODEへの変換
     5.5     IMLIBルーチン
    コマンド 1     OPEN PROFILE
    コマンド 2     WRITE PROFILE
    コマンド 3     CLOSE PROFILE
    コマンド 4     SET PROFILE DATA
    コマンド 5     GET PROFILE DATA
    コマンド 6     SET KEYBIND
    コマンド 7     GET KEY ACTION
    コマンド 8     SET KEY
    コマンド 9     GET ACTION
    コマンド 10     RECOVER KEY STATE
    コマンド 11     GET KEYCODE
    コマンド 12     GET CHARACTER
    コマンド 13     MC GET CHARACTER
    コマンド 14     INIT KEY STATE
    コマンド 15     ENCODE KEY
    コマンド 16     MC ENCODE KEY
    コマンド 17     KEYSYM TO KEYCODE
第 6 章
6 プログラムの開発
     6.1     ヘッダ・ファイル
     6.2     コンパイル・リンクの方法
         6.2.1         Cで書かれたアプリケーション・プログラム
         6.2.2         FORTRAN で書かれたアプリケーション・プログラム
付録 A
付録 A IMLIBがサポートするKEYSYM
付録 B
付録 B 定義済のシンボル
     B.1     エラー・シンボル
     B.2     ACTIONを示すシンボル
     B.3     KEYを示すシンボル
     B.4     Key Modifier を示すシンボル
索引
索引
2-1 IMLIBとアプリケーションの関係
4-1 かな漢字変換の内部状態と状態間の遷移
4-1 状態間の遷移
A-1 サポートされるKEYSYM
B-1 エラー・シンボル
B-2 ACTIONを示すシンボル
B-3 KEYを示すシンボル
B-4 Key Modifierを示すシンボル

索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項