日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:IMLIB の機能
第 2 章:アプリケーションの作成
第 3 章:ACTIONの実行
第 4 章:アプリケーションの作成方法
第 5 章:IMLIBライブラリ・ルーチン
第 6 章:プログラムの開発
付録 A :IMLIBがサポートするKEYSYM
付録 B :定義済のシンボル
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語OpenVMS | HPE 日本

日本語OpenVMS
IMLIB/OpenVMS ライブラリ・ リファレンス・マニュアル


目次 索引

第 1 章
IMLIB の機能

この章は,ユーザ・キー定義ライブラリ IMLIB を使うことで実現できる機能について書かれています。

1.1 ユーザによるかな漢字変換のキー定義

IMLIBは,かな漢字変換のキーをユーザが定義することができる機能を提供します。 IMLIBが定める規則に従ってアプリケーションを作成すると,ユーザはKEYBINDファイルを書き換えることで,アプリケーションの中でのかな漢字変換入力を自分の好みのキー定義で行うことができるようになります。KEYBINDファイルについての詳細は,『ユーザ・キー定義 利用者の手引き』を参照してください。

IMLIBを使ったユーザ・キー定義をサポートすることには,次のような利点があります。

  • ユーザが慣れたキー定義で,かな漢字変換を行うことができる

  • IMLIBをサポートするすべてのアプリケーションで,同じキー定義を使うことができる

  • IMLIBが定める規則に従えば,個々のキーの細かい動作を意識せずに,アプリケーションを作ることができる

アプリケーションを作るときに必要な規則は,本書に書かれています。ユーザによるかな漢字変換キー定義の方法については,『ユーザ・キー定義 利用者の手引き』を参照してください。

1.2 ユーザによるかな漢字変換の付加情報の指定

IMLIBは,KEYBINDファイルによるかな漢字変換キー定義に加えて,かな漢字変換に関連する環境の指定を行う機能を,提供しています。このような付加情報の指定は, PROFILEファイルで行います。PROFILEファイルについての詳細は,『ユーザ・キー定義 利用者の手引き』を参照してください。

ユーザの指示どおりにアプリケーションが動作するためには,アプリケーションは PROFILEファイルに書かれている情報を検索し,その指示に従った動作をするように作成されなければなりません。

PROFILEに書かれた情報を獲得するにはGET PROFILE DATAを使います。

PROFILEには,複数のアプリケーションで共通に使われる情報と,個々のアプリケーションで使われる情報の両方を書くことができます。共通に使われる情報のINDEXは,『ユーザ・キー定義 利用者の手引き』を参照してください。アプリケーションの動作環境によっては,共通のINDEXが意味をなさない場合もありますので,アプリケーションには共通のINDEXをすべてサポートする義務はありません。しかし,できるだけ多くの共通のINDEXをサポートすることが望まれます。

アプリケーションごとのINDEXはアプリケーションが独自に決めることができます。 INDEXは次のような形式に従ってください。


 
    facility-name.any-string 
 

たとえば, XYZというプロダクトが,エラーのときにベルを鳴らすかどうかをPROFILE の中で指定するようなときには,INDEXは


 
    XYZ.ERROR.bell 
 


のようになります。そのVALUEには,文字列 "enable" または "disable" をとるということをアプリケーションが独自に決めることができます。この場合は, PROFILEの中に


 
    XYZ.ERROR.bell : enable 
 


と書けば,そのアプリケーションでエラーが発生したときにはベルが鳴ることになります。

PROFILEのINDEXは大文字と小文字を区別しません。したがって
XYZ.ERROR.bellxyz.error.bellは同じINDEX とみなされます。
これに対してGET PROFILE DATAが返すVALUEは, PROFILEに書かれたとおりですので,大文字と小文字を区別して扱います。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡