日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:IMLIB の機能
第 2 章:アプリケーションの作成
第 3 章:ACTIONの実行
第 4 章:アプリケーションの作成方法
第 5 章:IMLIBライブラリ・ルーチン
第 6 章:プログラムの開発
付録 A :IMLIBがサポートするKEYSYM
付録 B :定義済のシンボル
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語OpenVMS
IMLIB/OpenVMS ライブラリ・ リファレンス・マニュアル


目次 索引

まえがき



本書の目的

本書は,ユーザ・キー定義ライブラリ,IMLIB/KEYBIND を使用したアプリケーションの開発者のためのマニュアルです。 IMLIB/KEYBIND は,ユーザが漢字変換のキー定義をできるようにするライブラリです。 IMLIB を使用してアプリケーションを開発すると,ユーザによるキー定義で各種のプログラムを動作することができます。ユーザによるキー定義の方法については,『ユーザ・キー定義 利用者の手引き』を参照してください。

本書の構成

本書は6つの章と2つの付録から構成されています。

第 1 章 IMLIBの機能について説明します。
第 2 章 アプリケーションを作成するための具体的な方法について説明します。
第 3 章 ACTIONを実行するモジュールの作成方法について説明します。
第 4 章 アプリケーションの作成について説明します。
第 5 章 IMLIBルーチンの一覧です。
第 6 章 IMLIBを使ったプログラムの開発について説明します。
付録 A KEYSYM TO KEYCODE がサポートする KEYSYM の一覧です。
付録 B IMLIBで定義済みのシンボルについて説明します。



表記法

本書では,以下の表記法を使用しています。

表記法 意味
[Return] 四角形で囲まれたこの記号は,キーボードのキーを押すことを示します。たとえば, [Return]は Returnキーを押すことを示します。
[Ctrl/x] [Ctrl/x] の記号は,Ctrl キーを押しながら,同時にあるキーを押すことを示します。たとえば, [Ctrl/c] は Ctrl キーと c 文字キーを同時に押します。
[   ] 大括弧は,項目が省略可能であることを示します。
英大文字 英大文字は,コマンド,修飾子,パラメータ,ルーチン名,ファイル名,ファイル保護コード名,システム特権の短縮形を示します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項