Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ


HP OpenVMS Alpha: パーティショニングおよび Galaxy ガイド

≫ 

OpenVMSドキュメント・ライブラリ

目次
まえがき
第1章:パーティションによる負荷の管理
第2章:OpenVMS Galaxyの概念
第3章:OpenVMSアプリケーションに対するNUMAの影響
第4章:GS140/GS60/GS60Eでの構築
第5章:AlphaServer 8400での構築
第6章:AlphaServer 8200での構築
第7章:AlphaServer 4100での構築
第8章:ES40での構築
第9章:GS80/160/320での構築
第10章:ES47/ES80/GS1280での構築
第11章:AlphaシステムでのシングルインスタンスGalaxyの使用
第12章:Galaxyに関するヒントと手法
第13章:Galaxy Configurationユーティリティ
第14章:Graphical Configuration Manager
第15章:DCL CLIを使ったCPUの最割り当て
第16章:GalaxyとNUMAのコマンドとレキシカル関数
第17章:共用メモリを使った通信
第18章:共用メモリ・プログラミング・インタフェース
第19章:Galaxyデバイス・ドライバ
付録A:Galaxy CPU Load Balancerプログラム
付録B:メモリサイズ設定の共通値
付録C:ライセンスのインストール
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
ここから本文が始まります

HP 部品番号: AA-RFJFE-TE

第 1.1 版

2009 年 8 月

概要

本書は,OpenVMS Alpha Version 7.3-1 用の『パーティショニングおよび Galaxy ガイド』を置き換えるものです。


目次

まえがき
1 本書の対象読者
2 本書の構成
3 関連資料
4 本書で使用する表記法
1 パーティションによる負荷の管理
1.1 OpenVMS システムでのハード・パーティションとソフト・パーティションの使用
1.2 OpenVMS パーティショニングのガイドライン
1.2.1 パーティションのセットアップ手順
1.3 AlphaServer ES47/ES80/GS1280 でのパーティショニング
1.3.1 ハード・パーティションの構成例
1.4 AlphaServer GS80/160/320 でのパーティショニング
1.4.1 ハード・パーティションの構成例 1
1.4.2 ハード・パーティションの構成例 2
1.4.3 ハード・パーティションの構成例 3
1.4.4 AlphaServer GS80/160/320 システムでのコンソール・ファームウェアの更新
1.5 OpenVMS Galaxy サポート
1.6 RAD (リソース・アフィニティ・ドメイン) に対する OpenVMS アプリケーション・サポート
2 OpenVMS Galaxy の概念
2.1 OpenVMS Galaxy の概念およびコンポーネント
2.2 OpenVMS Galaxy の機能
2.3 OpenVMS Galaxy の利点
2.4 OpenVMS Galaxy バージョン 7.3 の機能
2.5 OpenVMS Galaxy の利点
2.6 OpenVMS Galaxy が最良の選択ではない場合
2.7 さまざまな OpenVMS Galaxy 構成
2.7.1 shared-nothing コンピューティング・モデル
2.7.2 shared-partial コンピューティング・モデル
2.7.3 shared-everything コンピューティング・モデル
2.8 シングル・インスタンス Galaxy 構成
2.9 OpenVMS Galaxy の構成上の考慮点
2.9.1 XMI バスのサポート
2.9.2 メモリ分割に関する制限事項
2.9.3 EISA バスのサポート
2.10 推奨される CD ドライブ
2.11 Galaxy を使ったクラスタ
2.11.1 OpenVMS Galaxy インスタンスになる
2.11.2 SCSI Cluster に関する留意事項
2.12 OpenVMS Galaxy コンピューティング環境でのセキュリティに関する留意事項
2.13 OpenVMS Galaxy インスタンスのタイム・ゾーンでの構成
2.14 OpenVMS Galaxy プログラムの開発
2.14.1 ロック・プログラミング・インタフェース
2.14.2 システム・イベント・プログラミング・インタフェース
2.14.3 OpenVMS Galaxy での System Dump Analyzer (SDA) の使用
3 OpenVMS アプリケーションに対する NUMA の影響
3.1 OpenVMS の NUMA への対応
3.1.1 ホーム RAD
3.1.2 システム・コードの複製
3.1.3 グローバル・ページの分散
3.2 アプリケーション・リソースに関する注意事項
3.2.1 プロセスと共用データ
3.2.2 メモリ
3.2.3 共用と同期処理
3.2.4 OpenVMS 機能の使用
3.3 NUMA リソース・アフィニティ・ドメインのバッチ・ジョブ・サポート
3.3.1 バッチ・キュー・レベルの RAD サポート
3.3.2 ジョブ・レベルの RAD サポート
3.3.3 実行時の動作
3.4 RAD アプリケーション・プログラミング・インタフェース
3.5 RAD システム・サービスの要約の表
3.6 RAD DCL コマンドの要約の表
3.7 System Dump Analyzer (SDA) の RAD サポート
3.7.1 SHOW RAD
3.7.2 SHOW RMD (予約済みメモリ記述子)
3.7.3 SHOW PFN
3.7.4 RAD のハード・アフィニティのサポート
4 AlphaServer GS140/GS60/GS60E システムでの OpenVMS Galaxy の構築
4.1 ファームウェアのダウンロード
4.2 OpenVMS Galaxy の構築
5 AlphaServer 8400 システムでの OpenVMS Galaxy の構築
5.1 ステップ 1: 構成の選択とハードウェア要件の判断
5.2 ステップ 2: ハードウェアの設定
5.2.1 KFE72-DA コンソール・サブシステム・ハードウェアの概要
5.2.2 KFE72-DA モジュールの取り付け
5.2.3 シェルフをシステムに取り付ける
5.2.4 ターミナル・サーバの使用
5.2.5 EISA 装置の取り付け
5.3 ステップ 3: システム・ディスクの作成
5.4 ステップ 4: OpenVMS Alpha のインストール
5.4.1 OpenVMS Galaxy ライセンス情報
5.5 ステップ 5: ファームウェアのアップグレード
5.6 ステップ 6: 環境変数の設定
5.7 ステップ 7: セカンダリ・コンソール装置の起動
5.8 ステップ 8: OpenVMS Galaxy のブート
6 AlphaServer 8200 システムでの OpenVMS Galaxy の構築
6.1 ステップ 1: 構成の選択とハードウェア要件の判断
6.2 ステップ 2: Galaxy ハードウェアの設定
6.2.1 EISA 装置の取り付け
6.3 ステップ 3: システム・ディスクの作成
6.4 ステップ 4: OpenVMS Alpha バージョン 7.3 のインストール
6.5 ステップ 5: ファームウェアのアップグレード
6.6 ステップ 6: 環境変数の設定
6.7 ステップ 7: セカンダリ・コンソール装置の起動
6.8 ステップ 8: OpenVMS Galaxy のブート
7 AlphaServer 4100 システムでの OpenVMS Galaxy の構築
7.1 はじめに
7.2 ステップ 1: AlphaServer 4100 構成を確かめる
7.3 ステップ 2: OpenVMS Alpha Version 7.3-2 をインストールする
7.4 ステップ 3: ファームウェアをアップグレードする
7.5 ステップ 4: 環境変数を設定する
7.6 ステップ 5: システムを初期化し,コンソール装置を起動する
8 AlphaServer ES40 システムでの OpenVMS Galaxy の構築
8.1 コンピューティング環境を構築する前に
8.2 ステップ 1: AlphaServer ES40 の構成を確かめる
8.3 ステップ 2: OpenVMS Alpha バージョン 7.3-2 をインストールする
8.4 ステップ 3: ファームウェアをアップグレードする
8.5 ステップ 4: 環境変数の設定
8.6 ステップ 5: システムを初期化し,コンソール装置を起動する
9 AlphaServer GS80/160/320 システムでの OpenVMS Galaxy の構築
9.1 ステップ 1: 構成の選択とハードウェア要件の判断
9.2 ステップ 2: ハードウェアの設定
9.3 ステップ 3: システム・ディスクの作成
9.4 ステップ 4: OpenVMS Alpha バージョン 7.3-2 のインストール
9.4.1 OpenVMS Galaxy ライセンス情報
9.5 ステップ 5: 環境変数の設定
9.5.1 AlphaServer GS160 の例
9.5.2 AlphaServer GS320 の例
9.5.3 環境変数の説明
9.6 ステップ 6: セカンダリ・コンソール装置の起動
9.7 ステップ 7: セカンダリ・コンソールの初期化
9.8 ステップ 8: OpenVMS Galaxy のブート
10 AlphaServer ES47/ES80/GS1280 システムでの OpenVMS Galaxy の構築
10.1 ステップ 1: 構成の選択とハードウェア要件の判断
10.2 ステップ 2: ハードウェアの設定
10.3 ステップ 3: システム・ディスクの作成
10.4 ステップ 4: OpenVMS Alpha のインストール
10.4.1 OpenVMS Galaxy ライセンス情報
10.5 Step 5: パーティションの設定
10.6 ステップ 6: OpenVMS Galaxy のブート
11 Alpha システムでのシングル・インスタンス Galaxy の使用
11.1 GCU を使ったシングル・インスタンス Galaxy の作成
11.2 Galaxy インスタンスとしてのリブート
12 OpenVMS Galaxy に関するヒントと手法
12.1 システム・オート・アクション
12.2 コンソール環境変数の変更
12.3 コンソールに関するヒント
12.4 Galaxy モードのオフ設定
13 OpenVMS Galaxy Configuration ユーティリティ
13.1 GCU の概略
13.1.1 Galaxy 構成モデルの作成
13.1.2 監視
13.1.3 会話
13.2 GCU による OpenVMS Galaxy の管理
13.2.1 独立インスタンス
13.2.2 分離されたインスタンス
13.2.3 必要な PROXY アクセス
13.3 Galaxy 構成モデル
13.3.1 アクティブ・モデル
13.3.2 オフライン・モデル
13.4 GCU チャートの使用
13.4.1 コンポーネントの識別と表示プロパティ
13.4.2 Physical Structure チャート
13.4.3 Logical Structure チャート
13.4.4 Memory Assignment チャート
13.4.5 CPU Assignment チャート
13.4.6 IOP Assignment チャート
13.4.7 Failover Target チャート
13.5 コンポーネント・パラメータの表示
13.6 コンポーネント・コマンドの実行
13.7 GCU メニューのカスタマイズ
13.8 HP Availability Manager による OpenVMS Galaxy の監視
13.9 CPU Load Balancer プログラムの実行
13.10 インスタンスの作成
13.11 インスタンスの破棄
13.12 シャットダウンおよびリブート・サイクル
13.13 オンライン・モデルとオフライン・モデル
13.14 GCU システム・メッセージ
14 Graphical Configuration Manager
14.1 概要
14.2 インストールの前提条件
14.2.1 ソフトウェア要件
14.2.2 ハードウェア要件
14.3 インストール手順
14.3.1 キット
14.3.2 GCM サーバのインストール
14.3.3 GCM クライアントのインストール
14.3.4 GCM サーバのセットアップ
14.4 GCM サーバの起動
14.4.1 GCM サーバの自動起動
14.4.2 GCM サーバの手動起動
14.5 インストール後の管理タスク
14.5.1 GCM ユーザの登録とサブスクリプション・テンプレートの定義
14.5.2 ライブラリの管理
14.5.3 カスタム・バナー
14.5.4 システム通知
14.5.5 コマンドのカスタマイズ
14.6 アソシエーションの構成
14.6.1 考慮事項
14.6.2 アソシエーションへのシステムの追加
14.7 GCM のカスタマイズ
14.7.1 コマンドの定義と使用
14.8 GCM サーバのログ・ファイル
14.9 GCM サーバのトラブルシューティング
14.9.1 診断情報の取得
14.9.2 潜在的な問題領域
14.9.3 タイムアウトの検出
14.10 性能
14.11 GCM サーバの保守
14.12 冗長な GCM サーバ・セットアップの例
15 DCL CLI を使った CPU の再割り当て
15.1 DCL による再割り当て
15.2 GCU のドラッグ・アンド・ドロップによる再割り当て
15.3 インターモダル再割り当て
15.4 Galaxy サービスを使用したソフトウェアによる再割り当て
15.5 再割り当ての失敗
16 Galaxy と NUMA のコマンドとレキシカル関数
16.1 CPU 関連の DCL コマンド
16.2 Galaxy 関連の DCL レキシカル関数
16.3 DCL コマンド例
16.3.1 CPU コマンド
16.3.2 SHOW MEMORY
16.3.3 レキシカル関数の例
16.3.4 INSTALL LIST
16.3.5 INSTALL ADD/WRITABLE
16.3.6 CONFIGURE GALAXY
17 共用メモリを使った通信
17.1 共用メモリ・クラスタ・インターコネクト (SMCI)
17.1.1 SYS$PBDRIVER ポート・デバイス
17.1.2 1 つの Galaxy 内の複数のクラスタ
17.1.3 SYS$PBDRIVER の SYSGEN パラメータ
17.1.4 SMCI_FLAGS
17.2 LAN 共用メモリ・デバイス・ドライバ
18 共用メモリ・プログラミング・インタフェース
18.1 共用メモリの使用
18.2 システム・サービス
18.2.1 強化されたサービス
18.2.2 新しいセクション・フラグ SEC$M_READ_ONLY_SHPT
18.3 Galaxy-wide グローバル・セクション
19 OpenVMS Galaxy デバイス・ドライバ
19.1 ダイレクト・マップ DMA ウィンドウの変更
19.2 OpenVMS バージョン 7.2 より以前に PCI ダイレクト・マップ DMA がどのように機能していたか
19.3 現在のバージョンの OpenVMS で PCI ダイレクト・マップ DMA がどのように機能するか
19.4 0 以外のダイレクト・マップ DMA ウィンドウをサポートするためのIOC$NODE_DATA の変更
A OpenVMS Galaxy CPU Load Balancer プログラム
A.1 CPU Load Balancer の概要
A.1.1 必要な特権
A.1.2 構築とコピーの手順
A.1.3 スタートアップ・オプション
A.2 プログラム例
B メモリ・サイズ設定の共通値
C ライセンスのインストール
C.1 ライセンス・プロセス
C.1.1 ライセンスについての詳細情報
用語集
索引
印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項
© 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P.