本文に進む 日本−日本語
日本ヒューレット・パッカードホーム 製品とサービス お客様サポート/ ダウンロード ソリューション ご購入の方法
≫ お問い合わせ
日本ヒューレット・パッカードホーム
HP OpenVMS Alpha: パーティショニングおよび Galaxy ガイド

第9章 AlphaServer GS80/160/320 システムでの OpenVMS Galaxy の構築

≫ 

OpenVMSドキュメント・ライブラリ

目次
まえがき
第1章:パーティションによる負荷の管理
第2章:OpenVMS Galaxyの概念
第3章:OpenVMSアプリケーションに対するNUMAの影響
第4章:GS140/GS60/GS60Eでの構築
第5章:AlphaServer 8400での構築
第6章:AlphaServer 8200での構築
第7章:AlphaServer 4100での構築
第8章:ES40での構築
第9章:GS80/160/320での構築
第10章:ES47/ES80/GS1280での構築
第11章:AlphaシステムでのシングルインスタンスGalaxyの使用
第12章:Galaxyに関するヒントと手法
第13章:Galaxy Configurationユーティリティ
第14章:Graphical Configuration Manager
第15章:DCL CLIを使ったCPUの最割り当て
第16章:GalaxyとNUMAのコマンドとレキシカル関数
第17章:共用メモリを使った通信
第18章:共用メモリ・プログラミング・インタフェース
第19章:Galaxyデバイス・ドライバ
付録A:Galaxy CPU Load Balancerプログラム
付録B:メモリサイズ設定の共通値
付録C:ライセンスのインストール
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
ここから本文が始まります

この章では,AlphaServer GS80/160/320 システムで OpenVMS Galaxy コンピューティング環境を構築するプロセスについて説明します。

9.1 ステップ 1: 構成の選択とハードウェア要件の判断

OpenVMS Alpha バージョン 7.3 は,AlphaServer GS160 システムにおいて, 次の最大構成をサポートします。

  • 4 インスタンス

  • 4 QBB

  • 16 CPU

  • 128 GB メモリ

規則:

  • パーティションごとに標準 COM1 UART コンソール・ラインを持たなければならない。

  • パーティションごとに PCI ドローワを持たなければならない。

  • パーティションごとに 1つの I/O モジュールを持たなければならない。

  • パーティションごとに少なくとも 1 つの CPU モジュールを持たなければならない。

  • パーティションごとに少なくとも 1 つのメモリ・モジュールを持たなければならない。

9.2 ステップ 2: ハードウェアの設定

構成に必要なハードウェアを取得したら, ハードウェア・マニュアルに記述された手順を適宜参照して取り付けてください。

9.3 ステップ 3: システム・ディスクの作成

インスタンスごとにシステム・ディスクを使用するのか, またはクラスタ全体で共通のディスクで使用するのかを判断します。

OpenVMS バージョン 7.1-2 より以前のバージョンを稼働しているクラスタ・メンバのうち,Galaxy インスタンスと同じ VMS$OBJECTS.DAT ファイルを共用するクラスタ・メンバの場合は,新しい SECURITY.EXE ファイルが必要です。

9.4 ステップ 4: OpenVMS Alpha バージョン 7.3-2 のインストール

OpenVMS Galaxy ソフトウェアを実行するのに,特別なインストール手順は必要ありません。 Galaxy 機能は基本オペレーティング・システムに組み込まれており, この章で説明するコンソール・コマンドとシステム・パラメータ値を使用して, 有効または無効に設定できます。

OpenVMS Alpha オペレーティング・システムのインストールの詳細については,『OpenVMS インストレーション・ガイド[翻訳版]』を参照してください。

9.4.1 OpenVMS Galaxy ライセンス情報

Galaxy 環境では,システム・スタートアップ中およびインスタンス間の CPU 再割り当てが発生するたびに,OPENVMS-GALAXY ライセンス・ユニットがチェックされます。

CPU 起動時に CPU をサポートする OPENVMS-GALAXY ライセンス・ユニットが不十分な場合,CPU はインスタンスの構成セットには存在しますが,停止されます。 後で適切なライセンス・ユニットをロードすると,停止した CPU をシステムの実行中に開始できます。これは,CPU が 1 つ以上の場合に当てはまります。

9.5 ステップ 5: 環境変数の設定

オペレーティング・システムをインストールした後,この項の例で示すように, Galaxy 固有の環境変数を作成できます。

9.5.1 AlphaServer GS160 の例

この AlphaServer GS160 での例は,次を装備した OpenVMS Galaxy コンピューティング環境を構成しているものと仮定しています。

  • 4 インスタンス

  • 4 QBB

  • 16 CPU

  • 32 GB メモリ

P00>>> show lp*

lp_count            	4
lp_cpu_mask0        	000F
lp_cpu_mask1        	00F0
lp_cpu_mask2        	0F00
lp_cpu_mask3        	F000
lp_cpu_mask4        	0
lp_cpu_mask5        	0
lp_cpu_mask6        	0
lp_cpu_mask7        	0
lp_error_target     	0
lp_io_mask0         	1
lp_io_mask1         	2
lp_io_mask2         	4
lp_io_mask3         	8
lp_io_mask4         	0
lp_io_mask5         	0
lp_io_mask6         	0
lp_io_mask7         	0
lp_mem_size0        	0=4gb
lp_mem_size1        	1=4gb
lp_mem_size2        	2=4gb
lp_mem_size3        	3=4gb
lp_mem_size4        	0
lp_mem_size5        	0
lp_mem_size6        	0
lp_mem_size7        	0
lp_shared_mem_size  	16gb

P00>>> lpinit

9.5.2 AlphaServer GS320 の例

この AlphaServer GS320 システムでの例は,次を装備した OpenVMS Galaxy コンピューティング環境を構成することを想定しています。

  • 4 インスタンス

  • 8 QBB

  • 32 CPU

  • 32 GB メモリ

P00>>> show lp*

lp_count            	4
lp_cpu_mask0        	000F000F
lp_cpu_mask1        	00F000F0
lp_cpu_mask2        	0F000F00
lp_cpu_mask3        	F000F000
lp_cpu_mask4        	0
lp_cpu_mask5        	0

lp_cpu_mask6        	0
lp_cpu_mask7        	0
lp_error_target     	0
lp_io_mask0         	11
lp_io_mask1         	22
lp_io_mask2         	44
lp_io_mask3         	88
lp_io_mask4         	0
lp_io_mask5         	0
lp_io_mask6         	0
lp_io_mask7         	0
lp_mem_size0        	0=2gb, 4=2gb
lp_mem_size1        	1=2gb, 5=2gb
lp_mem_size2        	2=2gb, 6=2gb
lp_mem_size3        	3=2gb, 7=2gb
lp_mem_size4        	0
lp_mem_size5        	0
lp_mem_size6        	0
lp_mem_size7        	0
lp_shared_mem_size  	16gb

P00>>> lpinit

9.5.3 環境変数の説明

この項ではそれぞれの環境変数について説明します。 使用法の詳細については, 『AlphaServer GS80/160/320 Firmware Reference Manual』を参照してください。

LP_COUNT number

この変数が 0 に設定されていると,システムは従来の SMP 構成だけをブートします。 Galaxy コンソール・モードは OFF になります。

この変数が 0 以外の値に設定されている場合は,Galaxy 機能が使用され, Galaxy 変数が解釈されます。LP_COUNT の正確な値は, コンソールが作成する Galaxy パーティションの数を表します。

3 つのパーティションにリソースを割り当て,LP_COUNT を 2 に設定した場合, 残りのリソースは割り当てられないままになります。

LP_CPU_MASKn mask

このビット・マスクは,指定された Galaxy パーティション番号にどの CPU を最初に割り当てるかを指定します。 AlphaServer GS160 コンソールは, パーティション内のセルフ・テストを通過した最初の CPU をプライマリ CPU として選択します。

LP_ERROR_TARGET

新しい AlphaServer GS シリーズは, LP_ERROR_TARGET という新しい Galaxy 環境変数を導入しました。 変数の値は,システム・エラーが最初に報告される Galaxy インスタンスの番号です。 他の Galaxy プラットフォームとは異なり, システムの修正可能なエラー,修正不可能なエラー,システム・イベント・エラーは, すべて単一のインスタンスに送られます。 オペレーティング・システムがこのターゲットを変更できるので,変数の値は, システムが最初にパーティション分割されたときのターゲットを表しています。

この目的はシステム・エラーを単一のインスタンスに隔離して, エラーが Galaxy 全体をダウンさせないことです。 エラーのターゲット・インスタンスは,エラーを受け取ったときに, エラーを被ったその単一のインスタンスをリモートからクラッシュさせても安全であるかどうかを判断します。 この場合,GLXRMTMCHK のバグチェック・コードが使用されます。 エラーに関係するエラー・ログ情報は, 必ずしもエラーを被ったインスタンスではなく, エラー・ターゲット・インスタンスに対するものであることに注意してください。

エラー・ターゲット・インスタンスは, 可能な限りユーザが環境変数で指定したインスタンスのままになりますが, ソフトウェアはインスタンスを監視し, 必要に応じてエラー・ターゲットを変更します。

LP_IO_MASKn mask

これらの変数は,QBB 番号によって I/O モジュールを各インスタンスに割り当てます。

マスク値

QBB 番号

1

QBB 0

2

QBB 1

4

QBB 2

8

QBB 3

n にはパーティション番号 (0~7) を指定します。 mask 値は,(I/O ライザーを含む) どの QBB がパーティションに含まれるのかを示すバイナリ・マスクです。

LP_MEM_SIZEn size

これらの変数は, 指定されたインスタンスに対して特定の容量のプライベート・メモリを割り当てます。 システム内のメモリ容量と各インスタンスにとって必要な割り当てをもとに, 適切な値を使用してこれらの変数を作成することが必要です。

使用する共用メモリの容量だけを定義でき, 他の LP_MEM_SIZE 変数は未定義のままにしておくことができます。 このようにすると,コンソールは上位アドレス空間から共用メモリを割り当て, LP_COUNT 変数によって指定された数のパーティションに対して, 残りのメモリを等しく分割します。また, LP_MEM_SIZE 変数を使用して特定のパーティションにメモリを明示的に割り当て, 他のパーティションのメモリ割り当てを未定義のままにした場合も, コンソールはメモリ・フラグメントを,明示的にメモリが割り当てられたパーティションおよび共用メモリに対して割り当て,残りのメモリを分割して, 明示的にメモリが割り当てられていない残りのパーティションに割り当てます。

次の例を参照してください。

lp_mem_size0  0=2gb, 1=2gb
注意:

インスタンス中に CPU のない QBB からのインスタンスに, プライベート・メモリを割り当てないでください。

たとえば,LP_CPU_MASK0 が FF の場合,QBB 0 と 1 からのインスタンス 0 に対してのみプライベート・メモリを割り当ててください。

この変数の使用法の詳細については, 『AlphaServer GS80/160/320 Firmware Reference Manual』を参照してください。

LP_SHARED_MEM_SIZE size

この変数は,共用メモリとして使用するメモリを割り当てます。 次の例を参照してください。

lp_shared_mem_size      16gb

共用メモリは 8 MB の倍数で割り当てなければなりません。

この変数の使用法の詳細については, 『AlphaServer GS80/160/320 Firmware Reference Manual』を参照してください。

BOOTDEF_DEV 変数と BOOT_OSFLAGS 変数

初期インストールの後や,システムの障害やオペレータによって要求されたリブートの後,AUTOGEN が正しくリブートされるように,ブートの前に各 Galaxy コンソールでこれらの変数を設定する必要があります。

9.6 ステップ 6: セカンダリ・コンソール装置の起動

イーサネット・ポートを使用する場合は, 使用するメディアの種類と接続をコンソールに通知しなければなりません。つまり, AUI,UDP,ツイスト・ペアのいずれを使用するのかを指定する必要があります。 コンソールとオペレーティング・システムはどのメディアを使用するかを判断しますが, 次のコマンドを入力すれば,特定のメディア・タイプを割り当てることができます。

P00>>> SHOW NETWORK

P00>>> SET EWA0_MODE TWISTED

最初のコマンドは,使用可能なネットワーク装置の一覧を表示します。 2 番目のコマンドは,指定された装置 (この例では EWA0) に対してデフォルト・メディア・タイプを設定します。 これはセカンダリ・コンソールを初期化する前に, すべてのイーサネット装置に対して実行しなければなりません。

9.7 ステップ 7: セカンダリ・コンソールの初期化

Galaxy 変数を決定した後は, セカンダリ・コンソールを初期化するために次のコマンドを入力します。

P00>>> LPINIT

コンソールに次の情報が表示されます。

P00>>>lpinit
lp_count = 2
lp_mem_size0 = 1800 (6 GB)
CPU 0 chosen as primary CPU for partition 0
lp_mem_size1 = 1800 (6 GB)
CPU 4 chosen as primary CPU for partition 1
lp_shared_mem_size = 1000 (4 GB)
initializing shared memory
partitioning system
QBB 0 PCA 0 Target 0 Interrupt Count = 2
QBB 0 PCA 0 Target 0 Interrupt CPU = 0
Interrupt Enable = 000011110000d05a
Sent Interrupts = 0000100000000010
Enabled Sent Interrupts = 0000100000000010
Acknowledging Sent Interrupt 0000000000000010 for CPU 0
QBB 0 PCA 0 Target 0 Interrupt Count = 1
QBB 0 PCA 0 Target 0 Interrupt CPU = 0
Interrupt Enable = 000011110000d05a
Sent Interrupts = 0000100000000000 Enabled Sent Interrupts = 0000100000000000
Acknowledging Sent Interrupt 0000100000000000 for CPU 0


OpenVMS PALcode V1.80-1, Tru64 UNIX PALcode V1.74-1

system = QBB 0 1 2 3         + HS                            (Hard Partition 0)
 QBB 0 = CPU 0 1 2 3 + Mem 0       + Dir + IOP + PCA 0 1     + GP  (Hard QBB 0)
 QBB 1 = CPU 0 1 2 3 + Mem 0       + Dir + IOP + PCA 0 1     + GP  (Hard QBB 1)
 QBB 2 = CPU 0 1 2 3 + Mem 0       + Dir + IOP + PCA         + GP  (Hard QBB 4)
 QBB 3 = CPU 0 1 2 3 + Mem 0       + Dir + IOP + PCA         + GP  (Hard QBB 5)
partition 0
 CPU 0 1 2 3 8 9 10 11
 IOP 0 2
 private memory size is 6 GB
 shared memory size is 4 GB
micro firmware version is T5.4
shared RAM version is 1.4
hose 0 has a standard I/O module
starting console on CPU 0
QBB 0 memory, 4 GB
QBB 1 memory, 4 GB
QBB 2 memory, 4 GB
QBB 3 memory, 4 GB
total memory, 16 GB
probing hose 0, PCI
probing PCI-to-ISA bridge, bus 1

bus 1, slot 0 -- dva -- Floppy
bus 0, slot 1 -- pka -- QLogic ISP10x0
bus 0, slot 2 -- pkb -- QLogic ISP10x0
bus 0, slot 3 -- ewa -- DE500-BA Network Controller
bus 0, slot 15 -- dqa -- Acer Labs M1543C IDE
probing hose 1, PCI
probing hose 2, PCI
bus 0, slot 1 -- fwa -- DEC PCI FDDI
probing hose 3, PCI
starting console on CPU 1
starting console on CPU 2
starting console on CPU 3
starting console on CPU 8
starting console on CPU 9
starting console on CPU 10
starting console on CPU 11
initializing GCT/FRU at 1fa000
initializing pka pkb ewa fwa dqa 
Testing the System
Testing the Disks (read only)
Testing the Network
AlphaServer Console X5.8-2842, built on Apr  6 2000 at 01:43:42
P00>>>

このコマンドは プライマリ Galaxy コンソール から入力しなければなりません。 Galaxy パーティションが正しく定義されており, ハードウェア・リソースが正しく構成されている場合は, 各インスタンスのプライマリ CPU が起動しているはずです。

1 つ以上のコンソールの初期化が失敗した場合は,ハードウェアの取り付け, Galaxy パーティションの定義, ハードウェアの割り当てを二重にチェックする必要があります。

9.8 ステップ 8: OpenVMS Galaxy のブート

Galaxy ファームウェアを正しくインストールし,コンソールを構成した後, 次の方法で初期 Galaxy 環境をブートできます。

各 Galaxy インスタンスに対して,次の操作を実行します。

P00>>> B -FL 0,1 DKA100 // or whatever your boot device is.

SYSBOOT> SET GALAXY 1

SYSBOOT> CONTINUE

構成はこれで終了です。これで OpenVMS Galaxy が構築されました。

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項
© 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P.