本文に進む 日本−日本語
日本ヒューレット・パッカードホーム 製品とサービス お客様サポート/ ダウンロード ソリューション ご購入の方法
≫ お問い合わせ
日本ヒューレット・パッカードホーム
HP OpenVMS Alpha: パーティショニングおよび Galaxy ガイド

付録 C ライセンスのインストール

≫ 

OpenVMSドキュメント・ライブラリ

目次
まえがき
第1章:パーティションによる負荷の管理
第2章:OpenVMS Galaxyの概念
第3章:OpenVMSアプリケーションに対するNUMAの影響
第4章:GS140/GS60/GS60Eでの構築
第5章:AlphaServer 8400での構築
第6章:AlphaServer 8200での構築
第7章:AlphaServer 4100での構築
第8章:ES40での構築
第9章:GS80/160/320での構築
第10章:ES47/ES80/GS1280での構築
第11章:AlphaシステムでのシングルインスタンスGalaxyの使用
第12章:Galaxyに関するヒントと手法
第13章:Galaxy Configurationユーティリティ
第14章:Graphical Configuration Manager
第15章:DCL CLIを使ったCPUの最割り当て
第16章:GalaxyとNUMAのコマンドとレキシカル関数
第17章:共用メモリを使った通信
第18章:共用メモリ・プログラミング・インタフェース
第19章:Galaxyデバイス・ドライバ
付録A:Galaxy CPU Load Balancerプログラム
付録B:メモリサイズ設定の共通値
付録C:ライセンスのインストール
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
ここから本文が始まります

この付録では,ハード・パーティションおよびソフト・パーティションでライセンス・ユニットを共用する方法を説明します。

C.1 ライセンス・プロセス

共通ライセンス・データベースで,ハード・パーティションとソフト・パーティション間でのライセンス・ユニットの共用ができるように (サポートされている場合),次の手順を実行します。

  1. 必要なユニット数を算出します。

    • OpenVMS 基本ライセンスをロードします。

    • SMP ライセンスをロードします。

    • SHOW LICENSE /UNIT_REQUIREMENTS /CLUSTER コマンドを使って,正しい数のライセンス・ユニットを持っていることを確認します。

    注意:

    会話型でログインするには,SMP のライセンスが 1 つ必要です。 OpenVMS 基本ライセンスでは会話型のログインを行うことはできません。

  2. ライセンスを共通ライセンス・データベースに追加します。 たとえば,次のようにします。

    $ LICENSE REGISTER OPENVMS-ALPHA /ISSUER=DEC -
    _$ /AUTHORIZATION=USA123456 -
    _$ /PRODUCER=DEC -
    _$ /UNITS=1050 -
    _$ /AVAILABILITY=H -
    _$ /OPTIONS=(N0_SHARE) -
    _$ /CHECKSUM=2-BGON-IAMA-GNOL-AIKO
    

    注意:

    LICENSE REGISTER コマンドに /INCLUDE 修飾子を指定して,ライセンスの NO_SHARE 属性より優先させることはできません。

  3. LICENSE MODIFY /INCLUDE=(nodename-list) コマンドを使用してライセンスを変更し,PAK の NO_SHARE 属性より優先させます。 たとえば,次のようにします。

    $ LICENSE MODIFY OPENVMS-ALPHA -
    _$ /AUTHORIZATION=USA123456 -
    _$ /INCLUDE=(NODEA, NODEb, NODEC)
    
  4. 各パーティションで動作している OpenVMS インスタンスで OpenVMS Alpha ライセンス・ユニットを利用できるようにするには,各パーティションで MBM の環境変数 SYS_SERIAL_NUM を同じにしなければなりません。 それには,次の手順を実行します。

    1. MBM コンソールから,SHOW SYS_SERIAL_NUM コマンドを使用してシステムのシリアル番号を表示します。 たとえば次のようにします。

      MBM>>> SHOW SYS_SERIAL_NUM
      sys_serial_num G2A105
      
    2. SYS_SERIAL_NUM の値が空白の場合は,MBM コンソールで SET SYS_SERIAL_NUM コマンドを使用して,システム・シリアル番号を設定します。 システムのシリアル番号はすべてのパーティション (ハードとソフト) に通知されます。 たとえば,次のようにします。

      MBM>>> SET SYS_SERIAL_NUM G2A105
      

    注意:

    ゼロ以外の値を最大 12 文字で入力する必要があります (以前のシステムでは 16 文字までサポートされていました)。 作成するシステム・シリアル番号が,この OpenVMS Cluster の他の AlphaServer システムで使われていないことを確認してください。

  5. OpenVMS Cluster のライセンス・データベースを正しく更新するために,OpenVMS クラスタのすべての共通ノードを完全にシャットダウンしてリブートすることをお勧めします。 ローリング・アップグレードでは,共通ライセンス・データベースが正しく更新されません。

パーティション間で NO_SHARE ライセンスを共有するパーティション対応システムでは,システムのブート時に次のメッセージが表示されることがあります。

%LICENSE-E-NOAUTH, DEC OPENVMS-ALPHA use is not authorized on this node
-LICENSE-F-EXCEEDED, attempted usage exceeds active license limits
-LICENSE-I-SYSMGR, please see your system manager
Startup processing continuing...

このメッセージは無視して構いません。 OPENVMS-ALPHA PAK をすでに共有しているシステムにログオンすると,このメッセージが表示されます。 この状況は,将来のリリースで修正される予定です。

C.1.1 ライセンスについての詳細情報

ライセンスのインストールと管理についての詳細は,『OpenVMS License Management Utility Manual』を参照してください。

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項
© 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P.