日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語入力プロセス (FIP) 概要
第 2 章:FIPの起動と終了
第 3 章:かな漢字変換入力
第 4 章:PROFILE の設定
第 5 章:FIP/SUB 概要
第 6 章:FIP/SUBの起動と終了
第 7 章:FIP/SUBのかな漢字変換
第 8 章:FIP/SUBの制限事項
第 9 章:FIP/SUBの使用例
第 10 章:IMCP の概要(VAX のみ)
付録 A :FIPがサポートするPROFILEのINDEX
付録 B :FIPのメッセージ
付録 C :制限事項
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 OpenVMS | HPE 日本

日本語 OpenVMS
日本語入力プロセス 利用者の手引き


最初へ
索引

目次 (まとめ)
まえがき まえがき
第 1 章 日本語入力プロセス (FIP) 概要
第 2 章 FIPの起動と終了
第 3 章 かな漢字変換入力
第 4 章 PROFILE の設定
第 5 章 FIP/SUB 概要
第 6 章 FIP/SUBの起動と終了
第 7 章 FIP/SUBのかな漢字変換
第 8 章 FIP/SUBの制限事項
第 9 章 FIP/SUBの使用例
第 10 章 IMCP の概要(VAX のみ)
付録 A FIPがサポートするPROFILEのINDEX
付録 B FIPのメッセージ
付録 C 制限事項
  索引
 
 
 


目次


まえがき
まえがき まえがき
第 1 章
1 日本語入力プロセス (FIP) 概要
第 2 章
2 FIPの起動と終了
     2.1     FIP の起動
     2.2     個人辞書と PROFILE の指定
     2.3     FIP の終了
         2.3.1         INPUT STOP
第 3 章
3 かな漢字変換入力
     3.1     かな漢字変換入力ができる状態
     3.2     入力操作
     3.3     キー定義を選択する方法
第 4 章
4 PROFILE の設定
     4.1     PROFILEの指定
     4.2     独自のPROFILEの作成
         4.2.1         かな漢字変換用のキー定義
         4.2.2         前編集領域(pre-edit area)の指定
         4.2.3         変換領域のビデオ属性
         4.2.4         ASCII 文字エコー・モードの指定
         4.2.5         かなキー入力時のエコー文字の指定
         4.2.6         自動ローマ字かな変換の指定
         4.2.7         文節拡大,文節縮小に関する動作の指定
         4.2.8         文節間の移動に関する動作の指定
         4.2.9         カーソル移動に関する指定
         4.2.10         変換情報サーバの指定 (VAX のみ)
         4.2.11         警告ベル音の on/off 指定
         4.2.12         日本語変換スタート・キーの指定
         4.2.13         ステータス・ラインを使用するときのプロンプトの指定
         4.2.14         JIS かな code の指定
         4.2.15         文字コードセットの指定
         4.2.16         ローマ字かな変換テーブル・ファイルの指定
     4.3     PROFILEの例
第 5 章
5 FIP/SUB 概要
     5.1     日本語入力機能
     5.2     漢字コード変換フィルタ機能
         5.2.1         シフトJISホストのサポート
         5.2.2         シフトJIS端末のサポート
第 6 章
6 FIP/SUBの起動と終了
     6.1     形式
     6.2     コマンド・パラメータ
     6.3     コマンド修飾子
         6.3.1         /CLI=CLI名
         6.3.2         /CODE=(option[,...])
         6.3.3         /CONVERSION_KEY=(変換開始キー[,...])
         6.3.4         /DICTIONARY=個人辞書
         6.3.5         /LINE=変換入力行
         6.3.6         /LOG
         6.3.7         /PROCESS=プロセス名
         6.3.8         /PROFILE=プロファイル名
         6.3.9         /PROMPT=プロンプト文字列
         6.3.10         /STATUS_LINE
第 7 章
7 FIP/SUBのかな漢字変換
     7.1     ユーザ・キー定義ライブラリ(IMLIB)
     7.2     標準のキー定義
     7.3     キー定義の使い方
     7.4     半角カタカナの入力
第 8 章
8 FIP/SUBの制限事項
     8.1     端末に対する影響
     8.2     端末ラインの属性に関する制限
     8.3     ユーザ・プロセスに関する制限
     8.4     その他の制限
第 9 章
9 FIP/SUBの使用例
     9.1     FIP/SUBの起動,日本語入力および終了
     9.2     変換開始キーの指定
     9.3     プロファイルの指定
     9.4     変換入力行の指定
     9.5     シフトJIS端末の使用
     9.6     シフトJISホストの使用
第 10 章
10 IMCP の概要(VAX のみ)
     10.1     IMCP とは
     10.2     IMCP の起動と終了
     10.3     IMCP コマンド
    コマンド 1     CREATE/PROXY
    コマンド 2     HELP
    コマンド 3     REMOVE PROXY
    コマンド 4     SET PROXY
    コマンド 5     SET PROXY/DEFAULT
    コマンド 6     SHOW CONNECTION
    コマンド 7     SHOW PROXY
    コマンド 8     SHOW SERVER
    コマンド 9     STOP SERVER
付録 A
付録 A FIPがサポートするPROFILEのINDEX
付録 B
付録 B FIPのメッセージ
付録 C
付録 C 制限事項
索引
索引
4-1 PROFILE内でのKEYBINDファイル指定例
4-2 PROFILE内での前編集領域の指定例
4-3 PROFILE内での変換領域のビデオ属性指定例
4-4 PROFILE内でのASCII文字の表示モードの設定例
4-5 PROFILE内でかなキー入力時のエコー文字の指定例
4-6 PROFILE内での自動ローマ字かな変換の指定例
4-7 PROFILE内での文節のサイズの変換動作の指定例
4-8 PROFILE内での文節間の移動方法の指定例
4-9 PROFILE内でのカーソル移動に関する指定例
4-10 PROFILE内での変換情報サーバの指定例
4-11 PROFILE内での警告ベル音の on/off の指定例
4-12 PROFILE内での日本語変換スタート・キーの指定例
4-13 PROFILE内でのステータス・ライン上のプロンプト文字列の指定例
4-14 PROFILE内でのJIS かな code の指定例
4-15 PROFILE内での文字コードセットの指定例
4-16 PROFILE内でのローマ字かな変換テーブル・ファイルの指定例
4-17 PROFILEの例


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項