日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語入力プロセス (FIP) 概要
第 2 章:FIPの起動と終了
第 3 章:かな漢字変換入力
第 4 章:PROFILE の設定
第 5 章:FIP/SUB 概要
第 6 章:FIP/SUBの起動と終了
第 7 章:FIP/SUBのかな漢字変換
第 8 章:FIP/SUBの制限事項
第 9 章:FIP/SUBの使用例
第 10 章:IMCP の概要(VAX のみ)
付録 A :FIPがサポートするPROFILEのINDEX
付録 B :FIPのメッセージ
付録 C :制限事項
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 OpenVMS | HPE 日本

日本語 OpenVMS
日本語入力プロセス 利用者の手引き


目次 索引

第 7 章
FIP/SUBのかな漢字変換

この章では,FIP/SUB のかな漢字変換について説明します。

7.1 ユーザ・キー定義ライブラリ(IMLIB)

FIP/SUB はユーザ・キー定義ライブラリ (IMLIB) をサポートしています。 IMLIB はかな漢字変換のキー定義を自分の好みにあわせて変更するためのライブラリです。文字入力におけるかな漢字変換のキー定義を,各ユーザが好みにあわせて変更することができます。ユーザは自分の使い慣れた変換キーでかな漢字変換が行えます。

詳しくは『ユーザ・キー定義 利用者の手引き』を参照してください。

7.2 標準のキー定義

IMLIB であらかじめ4種類のキー定義が提供されています。ユーザはこれらのうちの1つを選択して使うこともできますし,ユーザ作成のキー定義も使用できます。

  1. JVMSキー
    日本語 OpenVMS 標準のキー定義です。JVMSキーを使うと,かな漢字変換キーとOpenVMSの行編集キーとが重ならないという特徴があります。詳しくは,『日本語ライブラリ 利用者の手引き』を参照してください。

  2. EVEJキー
    EVEJエディタのキー定義です。日本語EVEのEVEJキーパッド・モードで使われています。詳しくは『日本語EVE ユーザーズ・ガイド』を参照してください。

  3. LEIAキー
    LEIAエディタのキー定義です。数字キーパッドを使ってかな漢字変換を行います。詳しくは,『日本語ライブラリ 利用者の手引き』を参照してください。

  4. TAROキー
    ワープロ・ソフトの一太郎に似たキー定義です。
    (注:一太郎は株式会社ジャストシステムの登録商標です。)



7.3 キー定義の使い方

ここでは,数字キーパッドで変換するためにLEIAキーを指定する方法を紹介します。詳しくは『ユーザ・キー定義 利用者の手引き』を参照してください。

数字キーパッドを使用してかな漢字変換を行っていたユーザは, SYS$LIGIN に IM$PROFILE.DAT を用意してください。起動時に IM$PROFILE.DAT が参照され,数字キーパッドでかな漢字変換が行えます。


    $ COPY SYS$LIBRARY:IM$PROFILE_LEIA.DAT SYS$LOGIN:IM$PROFILE.DAT 

また,/PROFILE の修飾子で次のような指定も可能です。


    $ INPUT START/SUBPROCESS/PROFILE=IM$PROFILE_LEIA 



7.4 半角カタカナの入力

半角カタカナがサポートされているオペレーティング・システムでは,半角カタカナの入力ができます。以下のように論理名 FIP$SUB_DEFAULT_CODE_SET に同値名 SDECKANJI を割り当ててから,FIP/SUBを起動してください。起動後,KANJIGEN/INPUT=KANJI/EDIT=ENABLE に設定してください。


    $ DEFINE FIP$SUB_DEFAULT_CODE_SET SDECKANJI 
    $ INPUT START/SUBPROCESS 
    Creating subprocess... 
    Process INASAWA_1 spawned 
    Enter LOGOUT command to exit. Type F14 to enter Kanji. 
    $ RUN JSY$SYSTEM:KANJIGEN 
    KANJIGEN > SET/EDIT=ENABLE/INPUT=KANJI 
    KANJIGEN > EXIT 
    $ 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項