日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:EFSの概要
第 2 章:拡張ファイル命名機能の管理
第 3 章:拡張ファイル名の特徴
第 4 章:アプリケーション開発における注意点
付録 A :EFSのユーザ向け注意点
付録 B :技術情報
付録 C :文字セット
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
Extended File Specifications の手引き


最初へ
索引


目次 (まとめ)
まえがき まえがき
第 1 章 Extended File Specifications for OpenVMS の概要
第 2 章 OpenVMS システムでの拡張ファイル命名機能の管理
第 3 章 拡張ファイル名の特徴
第 4 章 OpenVMS アプリケーション開発での拡張ファイル名に関する注意点
付録 A ユーザを対象とした Extended File Specifications の注意点
付録 B 技術情報
付録 C 文字セット
  索引
 
 


目次


まえがき
まえがき まえがき
第 1 章
1 Extended File Specifications for OpenVMS の概要
     1.1     Extended File Specifications の利点
     1.2     Extended File Specifications の機能
         1.2.1         ODS-5 ボリューム構造
             1.2.1.1             長いファイル名
             1.2.1.2             ファイル名の中で使用できる文字の種類の拡大
             1.2.1.3             大文字と小文字の区別の保存
         1.2.2         深いディレクトリ構造
             1.2.2.1             ディレクトリの命名構文
     1.3     ODS-5 ボリュームを有効にする場合の注意事項
         1.3.1         システム管理に関する注意事項
         1.3.2         ユーザに関する注意事項
             1.3.2.1             バージョンの混在に対するサポート
             1.3.2.2             複合アーキテクチャのサポート
         1.3.3         アプリケーションに関する注意事項
     1.4     OpenVMS アプリケーションで Extended File Specifications を使用する際の推奨事項
第 2 章
2 OpenVMS システムでの拡張ファイル命名機能の管理
     2.1     Extended File Specifications のサポート・レベル
         2.1.1         完全サポート
         2.1.2         省略時のサポート
         2.1.3         拡張ファイル名非サポート
         2.1.4         ODS-5 非サポート
     2.2     OpenVMS Alpha システム上で Extended File Specifications を有効にする方法
         2.2.1         RMS の省略時の Extended File Specifications 機能の使用
         2.2.2         ODS-5 ボリュームを有効にする方法
             2.2.2.1             新しい ODS-5 ボリュームの初期化
             2.2.2.2             既存のボリュームの ODS-5 への変換
         2.2.3         ODS-5 から ODS-2 への変換
     2.3     ODS-5 ボリュームへのアクセスの制御
         2.3.1         VAX ユーザによる ODS-5 ボリュームへのアクセスの禁止
         2.3.2         テストされていないアプリケーションによる ODS-5 ボリュームへのアクセスの禁止
     2.4     システム管理ユーティリティの変更点
         2.4.1         Analyze/Disk_Structure ユーティリティ
         2.4.2         Backup ユーティリティ (Alpha システムのみ)
         2.4.3         VAX システム上での ODS-5 ボリュームの物理バックアップ
         2.4.4         Mount ユーティリティ (Alpha システムのみ)
第 3 章
3 拡張ファイル名の特徴
     3.1     ファイル指定
         3.1.1         従来型 (ODS-2) 構文
         3.1.2         拡張型 (ODS-5) 構文
             3.1.2.1             ISO Latin-1 文字セット
             3.1.2.2             特殊文字
             3.1.2.3             ピリオド (.) の解釈
             3.1.2.4             ファイル指定の長さの拡大
             3.1.2.5             ワイルドカードの使用
                 3.1.2.5.1                 ワイルドカード文字
                 3.1.2.5.2                 ワイルドカードの構文
             3.1.2.6             大文字と小文字の区別の保存
     3.2     ディレクトリ指定
         3.2.1         深いディレクトリ構造
         3.2.2         ディレクトリの命名構文
             3.2.2.1             ディレクトリ ID およびファイル ID の短縮形
     3.3     複合環境での作業
     3.4     ODS-5 ボリュームの DCL サポート
         3.4.1         DCL での Extended File Specifications 解析機能の使用
             3.4.1.1             拡張ファイル名解析機能の設定
             3.4.1.2             省略時の解析スタイルの再設定
             3.4.1.3             ファイル名解析スタイルの切り替え
         3.4.2         DCL コマンド・パラメータでの拡張ファイル名の使用
         3.4.3         コマンド・プロシージャのファイル指定
         3.4.4         大文字と小文字の区別の保存と $FILE
         3.4.5         アンパサンドと一重引用符の置換
     3.5     DCL コマンドおよびユーティリティ
     3.6     拡張ファイル名の表示
         3.6.1         DIRECTORY コマンド
         3.6.2         TYPE コマンド
         3.6.3         DELETE コマンド
         3.6.4         PURGE コマンド
     3.7     拡張ファイル名の端末表示
第 4 章
4 OpenVMS アプリケーション開発での拡張ファイル名に関する注意点
     4.1     現在のサポート状態の評価
         4.1.1         省略時のサポート
         4.1.2         Extended File Names の非サポート
         4.1.3         ODS-5 ボリュームの非サポート
     4.2      Extended File Specifications サポートのためのアプリケーションのアップグレード
         4.2.1         省略時サポートへのアップグレード
             4.2.1.1             ODS-5 サポートの提供
             4.2.1.2             拡張ファイル命名機能サポートの提供
         4.2.2         完全サポートへのアップグレード


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項