日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:EFSの概要
第 2 章:拡張ファイル命名機能の管理
第 3 章:拡張ファイル名の特徴
第 4 章:アプリケーション開発における注意点
付録 A :EFSのユーザ向け注意点
付録 B :技術情報
付録 C :文字セット
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
Extended File Specifications の手引き


目次 索引


付録 A
付録 A ユーザを対象とした Extended File Specifications の注意点
     A.1     Extended File Specifications の新しい特性
     A.2     ODS-2 と ODS-5 の同時使用
     A.3     アーキテクチャに関する注意点
     A.4     制限事項
付録 B
付録 B 技術情報
     B.1     システム・サービスの変更点
         B.1.1         $SET_PROCESS_PROPERTIESW システム・サービス (Alpha システムのみ)
         B.1.2         $CVT_FILENAME システム・サービス (Alpha システムのみ)
         B.1.3         $GETJPI システム・サービス
         B.1.4         $CREPRC システム・サービス
         B.1.5         $SETDDIR システム・サービス
     B.2     レコード管理サービス (RMS) の変更点
         B.2.1         レコード管理サービスの変更点の概要
             B.2.1.1             Extended File Specification のサポート
             B.2.1.2             追加された文字
             B.2.1.3             深くネストされたディレクトリのサポート
         B.2.2         構文および意味の変更点
             B.2.2.1             ファイル名の最初の文字としてのハイフンの使用
             B.2.2.2             直接受け付けられる文字
             B.2.2.3             エスケープ文字を必要とする文字
             B.2.2.4             エスケープ文字を付けることができる文字
             B.2.2.5             予約済みのエスケープ・シーケンス
             B.2.2.6             ファイル指定の正規表現
             B.2.2.7             DID による短縮
             B.2.2.8             FID による短縮
         B.2.3         RMS のデータ構造の変更点 (Alpha システムのみ)
             B.2.3.1             NAM ブロック
             B.2.3.2             NAML ブロック
                 B.2.3.2.1                 NAML ブロックの有効性の確認
                 B.2.3.2.2                 NAM および NAML ブロックの使用
                 B.2.3.2.3                 返される条件値
     B.3     Files-11 XQP の変更点
         B.3.1         ファイルの命名および形式の変更点
             B.3.1.1             入力ファイル名の形式の指定
             B.3.1.2             返されるファイル名の形式の制御
             B.3.1.3             ワイルドカードの検索と疑似名
             B.3.1.4             変更されていないアプリケーションとの互換性
         B.3.2         ファイル属性の変更点
             B.3.2.1             変更されたファイル属性
     B.4     プログラミング・ユーティリティの変更点
         B.4.1         ファイル定義言語 (FDL) ルーチン
             B.4.1.1             FDL$CREATE ルーチン (Alpha システムのみ)
             B.4.1.2             FDL$GENERATE Routine (Alpha システムのみ)
             B.4.1.3             FDL$PARSE ルーチン (Alpha システムのみ)
             B.4.1.4             FDL$RELEASE ルーチン (Alpha システムのみ)
     B.5     実行時ライブラリの変更点
         B.5.1         LIB$CREATE_DIR
         B.5.2         LIB$DELETE_FILE
         B.5.3         LIB$FILE_SCAN
         B.5.4         LIB$FIND_FILE
         B.5.5         LIB$RENAME_FILE
         B.5.6         LIB$FID_TO_NAME
付録 C
付録 C 文字セット
索引
索引
C-1 表 C-1「 DEC Multinational 文字セット(つづき)」(その他の文字[別表1])
C-1 表 C-1「 DEC Multinational 文字セット(つづき)」(その他の文字[別表2])
C-1 表 C-1「 DEC Multinational 文字セット(つづき)」(その他の文字[別表3])
C-1 DEC Multinational 文字セットとISO Latin-1 文字セットの違い
2-1 サポートされていない OpenVMS コンポーネント
3-1 ワイルドカードおよびパターン・マッチングの例
3-2 ODS-5 ボリューム上のディレクトリ名
3-3 DCL の新機能
B-1 プロパティ・コードの説明
B-2 フラグの説明
B-3 新しい NAM$B_NOP フラグ
B-4 新しい NAM$L_FNB フラグ
B-5 新しい NAM$B_NMC フラグ
B-6 NAMLブロックの新しいフィールド
B-7 NAML ブロックを使用したときに返される RMS 条件値
B-8 ファイル形式の FIB 定数
B-9 新しいFIB$W_NMCTL フラグ
B-10 FIB フラグの設定とそれに従って返される名前の形式
B-11 各ファイルの安全なバッファ・サイズ (バイト単位)
B-12 変更された属性コード
C-1 DEC Multinational 文字セット


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項