日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部:デバッガ概要
第 1 章:デバッガ概要
第 2 部:コマンド・インタフェース
第 2 章:デバッガの起動
第 3 章:プログラム実行の制御とモニタ
第 4 章:プログラム・データの検査と操作
第 5 章:プログラム内シンボルへのアクセス制御
第 6 章:ソース・コードの表示の制御
第 7 章:画面モード
第 3 部:DECwindows インタフェース
第 8 章:DECwindows Motifインタフェースの概要
第 9 章:デバッグ・セッションの開始と終了
第 10 章:デバッガの使用方法
第 4 部:PC クライアント・インタフェース
第 11 章:デバッガの PC クライアント/サーバ・インタフェースの概要
第 5 部:高度なトピック
第 12 章:ヒープ・アナライザの使用
第 13 章:その他の便利な機能
第 14 章:特殊なデバッグ
第 15 章:マルチプロセス・プログラムのデバッグ
第 16 章:タスキング・プログラムのデバッグ
第 6 部:付録
付録 A :定義済みのキー機能
付録 B :組み込みシンボルと論理名
付録 C :各言語に対するデバッガ・サポートの要約
付録 D :EIGHTQUEENS.C
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
デバッガ説明書


目次 索引

F
Fortran RTLルーチンおよびステップ実行
Fortran入出力操作
FORコマンド
%FP 組み込みシンボル #1
%FP 組み込みシンボル #2
G
GOコマンド
    マルチプロセス・プログラム
Goボタン #1
Goボタン #2
GST (グローバル・シンボル・テーブル)
    共用可能イメージ
    作成
H
HELPコマンド
/HEXADECIMAL 修飾子
%HEX組み込みシンボル #1
%HEX組み込みシンボル #2
/HOLD修飾子 #1
/HOLD修飾子 #2
/HOLD修飾子 #3
I
I64 レジスタ
    格納
    検査
/IDENTIFIER修飾子
IFコマンド
/IF_STATE修飾子
/INPUT修飾子
/INSTRUCTION修飾子 #1
/INSTRUCTION修飾子 #2
%INST_SCOPE
J
/JSB修飾子
L
%LABEL組み込みシンボル #1
%LABEL組み込みシンボル #2
LAT端末,2つの端末を使用してのデバッグ
LIB$INITIALIZE 論理名
%LINE組み込みシンボル
%LINE組み込みシンボル
    EXAMINE/SOURCEコマンド
%LINE組み込みシンボル
    EXAMINE コマンド
    SET BREAKコマンド
    SET TRACEコマンド
    STEPコマンド
/LINE修飾子
LINKコマンド
LINKコマンド #1
LINKコマンド #2
    共用可能イメージ
/LIST修飾子
/LOCAL修飾子
LSE (ランゲージ・センシティブ・エディタ)
M
Monitorボタン
MONボタン
MOVEコマンド
N
%NAME組み込みシンボル
%NEXTDISP組み込みシンボル
%NEXTINST組み込みシンボル
%NEXTLOC組み込みシンボル #1
%NEXTLOC組み込みシンボル #2
%NEXTLOC組み込みシンボル #3
%NEXTOUTPUT組み込みシンボル
%NEXTSCROLL組み込みシンボル
%NEXTSOURCE組み込みシンボル
/NEXT修飾子
%NEXT_PROCESS組み込みシンボル
%NEXT_SCOPE_ENTRY組み込みシンボル
%NEXT_TASK組み込みシンボル
/NOOPTIMIZE修飾子 #1
/NOOPTIMIZE修飾子 #2
NOP (ノー・オペレーション) 命令
O
/OCTAL 修飾子
%OCT組み込みシンボル #1
%OCT組み込みシンボル #2
/OPERANDS 修飾子
/OPTIMIZE修飾子 #1
/OPTIMIZE修飾子 #2
/OPTIONS 修飾子
/OUTPUT修飾子
/OVERRIDE 修飾子
P
%PAGE組み込みシンボル
/PAGE修飾子
%PARCNT組み込みシンボル #1
%PARCNT組み込みシンボル #2
PC (プログラム・カウンタ)
    EXAMINE/INSTRUCTION コマンド #1
    EXAMINE/INSTRUCTION コマンド #2
    EXAMINE/OPERANDS コマンド
    EXAMINE/SOURCEコマンド #1
    EXAMINE/SOURCEコマンド #2
    EXAMINE/SOURCEコマンド #3
    EXAMINE/SOURCEコマンド #4
    SHOW CALLS表示
    組み込みシンボル (%PC) #1
    組み込みシンボル (%PC) #2
    検査
    内容 #1
    内容 #2
    有効範囲 #1
    有効範囲 #2
%PREVIOUS_PROCESS組み込みシンボル
%PREVIOUS_SCOPE_ENTRY組み込みシンボル
%PREVIOUS_TASK組み込みシンボル
%PREVLOC組み込みシンボル #1
%PREVLOC組み込みシンボル #2
%PREVLOC組み込みシンボル #3
/PROCESS修飾子
%PROCESS_NAME組み込みシンボル
%PROCESS_NUMBER組み込みシンボル
%PROCESS_PID組み込みシンボル
/PROGRAM修飾子
/PROMPT修飾子
%PSL 組み込みシンボル #1
%PSL 組み込みシンボル #2
PSL (プロセッサ・ステータス・ロングワード)
Q
QUIT コマンド
    マルチプロセス・プログラム #1
    マルチプロセス・プログラム #2
R
REPEATコマンド
RERUNコマンド #1
RERUNコマンド #2
RERUNコマンド #3
RERUNコマンド #4
RERUNコマンド #5
    引数の渡し方
Return キー
    論理的後続データ #1
    論理的後続データ #2
Return キー,論理的後続データ
RST (実行時シンボル・テーブル)
    共用可能イメージ
    シンボル検索
    シンボルの表示
    シンボル・レコードの削除
    シンボル・レコードの挿入
    モジュールの表示
RUNコマンド
    DCLコマンド #1
    DCLコマンド #2
    DCLコマンド #3
    DCLコマンド #4
    DCLコマンド #5
    DCLコマンド #6
    デバッガ・コマンド #1
    デバッガ・コマンド #2
    デバッガ・コマンド #3
    デバッガ・コマンド #4
    デバッガ・コマンド #5
    引数の渡し方
S
S/inボタン
S/retボタン
SAVEコマンド #1
SAVEコマンド #2
SCROLLコマンド
/SCROLL修飾子
SEARCHコマンド
    省略時の修飾子の設定
    省略時の修飾子の表示
SELECTコマンド
SET ABORT_KEYコマンド
SET ATSIGN コマンド
SET BREAKコマンド #1
SET BREAKコマンド #2
SET BREAKコマンド #3
SET BREAKコマンド #4
SET BREAKコマンド #5
SET DEFINEコマンド
SET EDITORコマンド
SET EVENT_FACILITYコマンド
SET IMAGE コマンド
SET KEYコマンド
SET LANGUAGE コマンド
SET LOGコマンド
SET MARGINSコマンド
SET MODE [NO]DYNAMIC コマンド #1
SET MODE [NO]DYNAMIC コマンド #2
SET MODE [NO]KEYPADコマンド #1
SET MODE [NO]KEYPADコマンド #2
SET MODE [NO]OPERANDS コマンド
SET MODE [NO]SCREEN コマンド
SET MODE [NO]SEPARATEコマンド #1
SET MODE [NO]SEPARATEコマンド #2
SET MODE [NO]SYMBOLIC コマンド
SET MODULE コマンド #1
SET MODULE コマンド #2
SET OUTPUT [NO]LOGコマンド
SET OUTPUT [NO]SCREEN_LOGコマンド
SET OUTPUT [NO]VERIFYコマンド
SET PROMPTコマンド
    マルチプロセス・プログラム
SET RADIX コマンド #1
SET RADIX コマンド #2
SET SCOPE コマンド #1
SET SCOPE コマンド #2
SET SCOPE コマンド #3
SET SCOPE コマンド #4
SET SCOPE コマンド #5
SET SEARCHコマンド
SET SOURCEコマンド
SET STEP SEMANTIC_EVENTコマンド
SET STEPコマンド #1
SET STEPコマンド #2
SET STEPコマンド #3
SET TASK/ACTIVE コマンド,(DECthreads)ではない
SET TASKコマンド #1
SET TASKコマンド #2
SET TERMINALコマンド
SET TRACEコマンド #1
SET TRACEコマンド #2
SET TRACEコマンド #3
SET TRACEコマンド #4
SET TRACEコマンド #5
SET TYPE/OVERRIDE コマンド
SET TYPE コマンド
SET WATCHコマンド #1
SET WATCHコマンド #2
SET WINDOWコマンド
/SET_STATE修飾子
/SHAREABLE 修飾子
/SHARE修飾子 #1
/SHARE修飾子 #2
SHOW ABORT_KEYコマンド
SHOW ASTコマンド
SHOW ATSIGN コマンド
SHOW BREAKコマンド
SHOW CALLSコマンド #1
SHOW CALLSコマンド #2
SHOW CALLSコマンド #3
SHOW DEFINEコマンド
SHOW DISPLAYコマンド
SHOW EDITORコマンド
SHOW EVENT_FACILITYコマンド #1
SHOW EVENT_FACILITYコマンド #2
SHOW EXIT_HANDLERS コマンド
SHOW IMAGE コマンド
SHOW KEYコマンド
SHOW LANGUAGE コマンド
SHOW LOGコマンド
SHOW MARGINSコマンド
SHOW MODULE コマンド #1
SHOW MODULE コマンド #2
SHOW OUTPUTコマンド #1
SHOW OUTPUTコマンド #2
SHOW PROCESSコマンド
SHOW RADIX コマンド
SHOW SCOPE コマンド
SHOW SEARCHコマンド
SHOW SELECTコマンド
SHOW SOURCEコマンド
SHOW STACKコマンド
SHOW STEPコマンド
SHOW SYMBOL/DEFINEDコマンド
SHOW SYMBOL コマンド #1
SHOW SYMBOL コマンド #2
SHOW TASKコマンド #1
SHOW TASKコマンド #2
SHOW TERMINALコマンド
SHOW TRACEコマンド
SHOW TYPE コマンド
SHOW WATCHコマンド
SHOW WINDOWコマンド
/SILENT修飾子 #1
/SILENT修飾子 #2
SMG$DEFAULT_CHARACTER_SET論理名
SMG$論理名
    画面用プログラムのデバッグ
/SOURCE修飾子 #1
/SOURCE修飾子 #2
/SOURCE修飾子 #3
/SOURCE修飾子 #4
/SOURCE修飾子 #5
%SOURCE_SCOPE #1
%SOURCE_SCOPE #2
SPAWNコマンド
%SP 組み込みシンボル #1
%SP 組み込みシンボル #2
SRC,ソース・ディスプレイ,画面モード
SS$_DEBUG 条件
/STATE修飾子
Step-callボタン
Step-Inボタン
STEP/OVERコマンドとFortran RTLルーチン
Step-Returnボタン
STEP/SEMANTIC_EVENTコマンド
STEPコマンド #1
STEPコマンド #2
    マルチプロセス・プログラム
    命令レベルのデバッグ
STEPボタン #1
STEPボタン #2
Stopボタン
STOP コマンド
Stopボタン
/STRING修飾子
/SYMBOLIC 修飾子
SYMBOLIZEコマンド #1
SYMBOLIZEコマンド #2
SYS$EXIT システム・サービス
/SYSTEM修飾子


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項