日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ファイルの印刷
第 2 章:プリント・ジョブの修正ならびにプリント・ジョブおよびキューの状態表示
第 3 章:給紙トレイおよび排紙トレイの選択
第 4 章:PostScript ファイルの印刷
第 5 章:ANSI ファイルの印刷
第 6 章:日本語テキスト・ファイルの印刷
第 7 章:Imageインタプリタの使用によるDDIFイメージ・ファイルの印刷
第 8 章:PCLファイルの印刷
第 9 章:Proprinterファイルの印刷
第 10 章:List データ・タイプの使用
第 11 章:高度なページ・レイアウトの使用
第 12 章:文書の印刷結果を変更するためのレイアップの使用
第 13 章:PRINT コマンドでのフォームの使用
第 14 章:プリント・ジョブでのセットアップ・モジュールの使用
第 15 章:ファイル・セパレータ・ページの制御
第 16 章:仕上げオプションの選択
第 17 章:デバッグのためのエラー・ハンドラの使用
第 18 章:印刷に関する問題の解決
第 19 章:プリンタ固有の情報
付録 A :システム・メッセージとエラーからの回復
付録 B :PRINT コマンド修飾子
付録 C :PRINTコマンドのパラメータ
付録 D :フォント・カートリッジをエミュレートするためのSoftFontキット
付録 E :追加された文字エンコーディング
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS
ユーザーズ・ガイド


目次 索引

第 18 章
印刷に関する問題の解決

この章では, PostScriptプリンタで印刷するときに出力されるメッセージの解析方法と,発生する可能性のある問題の解決方法について説明します。問題を解決するために特権を必要とする場合には,システム管理者に連絡してください。

18.1 エラー・メッセージの表示と保存

プリント・ジョブに関する問題を検出し,問題を理解し,問題を解決するには,処理中のプリント・ジョブに関する情報を入手しなければなりません。次に,情報を収集する方法について説明します。

  • PRINTコマンドに/NOTIFY修飾子を指定して,プリンティング・システムからのすべてのメッセージをターミナルに表示するようにします。

  • ジョブ・トレーラ・ページが出力されている場合は,ジョブ・トレーラ・ページを解析します。このページはプリント・ジョブを区切るためと,プリント・ジョブに関する情報を記録するために印刷されます。メッセージが出力された場合には,最後のメッセージがトレーラ・ページに印刷されます。プリント・ジョブが印刷を正常終了した場合でも,プリンティング・システムがプリント・ジョブに対する指定を正しく処理できなかった場合には,トレーラ・ページのメッセージに必要な処置が示されます。

  • MESSAGESパラメータにPRINTキーワードを指定して,ジョブ・ログ・ページを作成します。次の例を参照してください。


    $ PRINT /PARAMETERS=MESSAGES=PRINT MYFILE.PS
    

  • メッセージ・ログ・ファイルにプリント・ジョブのメッセージを格納します。 MESSAGESパラメータにKEEPキーワードを指定して,プリント・ジョブ・メッセージを格納するログ・ファイルを作成します。次の例を参照してください。


    $ PRINT /PARAMETERS=MESSAGES=KEEP MYFILE.PS
    

  • ブリント・ジョブが正常終了または異常終了した場合には, DCPS$JOB_nnn.LOGというファイルがログイン・ディレクトリ (SYS$LOGIN)に作成されます。このファイル名の nnn という部分はジョブ番号です。



18.2 メッセージの解析

プリント・ジョブ・メッセージを解析することにより,プリント・ジョブに関する問題を解決し,より効率よくプリント・ジョブをキューに登録することができます。

まず,メッセージがどこから出力されたかを判断しなければなりません。一部のメッセージはプリンタのPostScriptコードから出力されます ( 第 18.2.1 項 を参照)。

また, DECprint Supervisor ソフトウェアからも多くのメッセージが出力されます。さらに,印刷中のファイルやOpenVMSシステムからメッセージが出力されることもあります( 第 18.2.2 項 を参照)。

PrintServerプリンタで印刷する場合には, PrintServer Supporting Host ソフトウェアからメッセージが出力されることもあります( 第 18.2.3 項 を参照)。

18.2.1 PostScriptエラー

PostScriptエラーは," offending command is name" という表現によって識別することができます。

PostScriptプリンタにはPostScriptインタプリタが含まれており, PostScriptコードをハードウェア機能に変換し,マーキング機能を通じてデータを物理ページに転送します。

多くのアプリケーションによってPostScriptファイルが作成され,また多くのプリンタで,それらのPostScriptファイルが印刷されています。しかし,ファイルとプリンタの間に完全に互換性があるとはかぎりません。

PostScriptの印刷に関する一部の問題は, 第 4.7 節 で説明する手法に従って解決することができます

ご使用のアプリケーションが PostScript レベル 3ファイルを作成する場合は, PostScript レベル 3をサポートするプリンタが必要になります。 PostScript レベル 2ファイルは, PostScript レベル 2プリンタとレベル 3プリンタの両方で印刷することができます。 PostScript レベル 1ファイルは, PostScript レベル 1プリンタ、レベル 2プリンタ、レベル 3プリンタで印刷することができます。

PostScriptエラーがPostScript以外のファイルを印刷することによって発生した場合には,そのファイルを作成したアプリケーションを変更しなければなりません。

仮想メモリ・エラー

すべての PostScript プリンタですべての PostScript イメージと文書を印刷できるわけではありません。使用しているプリンタのタイプに応じて,特定の PostScript ファイルがプリンタの仮想メモリの制限を超える場合と,超えない場合があります。これらのファイルを正しく印刷できるかどうかは,主に次の要素によって左右されます。

  • ファイルがアプリケーションで生成された方法

  • リソース(フォント,セットアップ・モジュール,プロローグ)がプリンタに保存されている方法

  • プリント・ジョブが DECprint Supervisor for OpenVMS ソフトウェアによって処理される方法

ファイルを印刷できず,次のエラー・メッセージが表示された場合には,プリント・ジョブはプリンタの仮想メモリの容量を超えています。


%DCPS-W-VMERROR, vmerror: PostScript virtual memory exhausted - 
offending command is string. 

次のいずれかの操作を実行することにより,問題を解決することができます。

  • プリンタの仮想メモリの使用効率を向上するためのオプションをアプリケーションで使用して,PostScript ファイルを生成します。

  • 使用可能なメモリ容量の大きなプリンタでファイルを印刷します。



18.2.2 DECprint Supervisorメッセージ

DECprint Supervisor ソフトウェアからのメッセージは, DCPSという接頭辞から始まります。これらのメッセージと,メッセージで問題が示されたときに実行しなければならない処置については, 付録 A を参照してください。

OpenVMSシステムでは,OpenVMS batch/printキューイング・システムを対象にしてキュー・マネージャが提供されます。プリント・ジョブが停止した場合や,キュー・マネージャによってプリント・ジョブが終了した場合には,ターミナルに OpenVMSメッセージが送信されます。PRINTコマンドに/NOTIFYを指定することにより,メッセージが通知されるように設定した場合には,OpenVMSキュー・マネージャと DECprint Supervisor ソフトウェアの両方からメッセージが出力されます。

18.2.3 PrintServer ソフトウェアに関する問題の解決

PrintServer ソフトウェアはPrintServerプリンタの管理機能を提供し,プリント・ジョブで問題が発生した場合に,そのことを示すメッセージを送信します。リモート・コンソール機能あるいはプリンタ・ステータス・モニタを使用すれば,プリンタの現在の状態を確認することができます。

18.2.4 PC あるいは Macintosh で作成されたファイルの問題

PC あるいは Macintosh アプリケーションで作成したファイルは,プリンタあるいは DCPS との互換性を持たない可能性があります。詳細については, 第 4.3 節 を参照してください。

18.3 オンライン・ヘルプの表示

PRINTパラメータに関するエラー・メッセージが出力された場合には, HELPコマンドを使用してパラメータ値が正しいかどうかを確認することができます。 PRINTパラメータに関するヘルプ情報は, HELP PRINT_PARAMETERコマンドを入力することにより表示することができます。

プリンタ固有の機能を制御するパラメータの場合には, HELPファイルは受け付けることができるパラメータを表示します。 HELP PRINT_PARAMETERの後にパラメータ名(たとえばINPUT_TRAY)を指定してください。続いて,プリンタ・モデルの名前を入力します。

たとえば,PrintServerプリンタの給紙トレイの値の一覧を表示するには,次のコマンドを入力します。


$ HELP PRINT_PARAMETER INPUT_TRAY PRINTSERVER


PRINT_Parameter 
 
  INPUT_TRAY 
 
    PrintServer_Printers 
 
 
           +-------------------------------------+ 
           | Input tray      |    PrintServer    | 
           | Values          | 20 | 32 | 40 | 17 | 
           +-------------------------------------+ 
           | MANUAL_FEED     |    |    |    | X* | 
           | NOMANUAL_FEED   |    |    |    | X* | 
           +-------------------------------------+ 
           | BOTTOM          |  X |  X |    |  X | 
           +-------------------------------------+ 
           | TOP             |  X |  X |  X |  X | 
           +-------------------------------------+ 
           | ENVELOPE_FEEDER |    |    |    |  X | 
           +-------------------------------------+ 
           | LCIT            |  X |  X |  X |  X | 
           +-------------------------------------+ 
           | MIDDLE          |  X |  X |  X |    | 
           +-------------------------------------+ 
 
              * With PrintServer Supporting Host V5.0 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項