日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ソフトウェアのインストレーションの準備
第 2 章:ソフトウェアのインストール
付録 A :インストールの実行例
付録 B :VMSINSTAL によるインストール
付録 C :DCPS によってインストールされるファイル
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP DECprint Supervisor (DCPS) for OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP DECprint Supervisor (DCPS) for OpenVMS
インストレーション・ガイド


目次 索引



ここでは,日本語 DECprint Supervisor のインストレーション・メッセージについて説明します。

B.4.1 システム・メッセージの概要

DCPS のシステム・メッセージは次のいずれかの形式です。

%fac-s-ident, text
-fac-s-ident, text

コード 意味
% すべての基本メッセージの先頭に追加される接頭辞
- すべての継続メッセージの先頭に追加される接頭辞
fac 機能コード,DCPSでなければなりません
s メッセージの重大度レベル
ident メッセージ・テキストの省略形
text メッセージの完全なテキスト

日本語 DECprint Supervisor システム・メッセージの重大度レベルは次のとおりです。

コード 意味
S Success (正常終了) --- 要求は正常終了しました。
I Informational (情報) --- ユーザの処置を必要とする場合もあります。
W Warning (警告) --- 要求は終了していない可能性があり,ユーザの処置を必要とする場合もあります。
E Error (エラー) --- システムで回復可能なエラーが検出されました。
F Fatal (致命的なエラー) --- システムで回復不可能なエラーが検出され,この要求の処理を継続できません。



B.4.2 DCPS インストレーション・メッセージ

この後のメッセージの説明は,メッセージ・コードの ident の部分のアルファベット順に示されています。メッセージの重大度レベル,およびテキストも示されています。メッセージの接頭辞,機能コード (DCPSppp) は示されていません。 DCPS 以外の機能コードのメッセージを受信した場合には,『 HP OpenVMS System Messages: Companion Guide for Help Message Users 』でそのメッセージについての箇所を参照するか, HELP /MESSAGE コマンドでオンライン・ヘルプ・メッセージ・ユーティリティを使用してください。

E-BADSPEC, File spec LPS$SINGLEHOLES.LUP cannot be parsed
説明: たぶん以前の DCPS のインストレーション時のレイアップ・ファイルの位置の問い合わせに対して間違った回答をしたことが原因で,論理名 DCPS$LAYUP の現在の定義が不正です。 DCPS V1.6 以降のバージョンではこの検証を行います。詳細については,『リリース・ノート』を参照してください。
対処法: 次のコマンドを実行して論理名の割り当てを解除してください。


$ DEASSIGN /SYSTEM /EXECUTIVE_MODE DCPS$LAYUP 

続いて DCPS のインストレーションを再開すると,レイアップ・ファイルの位置についての問い合わせがあります。

E-BADVMSVER, This product requires OpenVMS version version or later to install
説明: DCPS ソフトウェアが,OpenVMS オペレーティング・システムの新しいバージョンを要求しています。
ユーザの処置: オペレーティング・システムを正しいバージョンにアップグレードしてください。

I-ESTTIME, This installation will take between 1 and 10 minutes, I-ESTTIME, excluding time needed to stop and restart active queues.
説明: この情報メッセージは,ソフトウェアのインストレーションにかかる時間を見積もっています。
ユーザの処置: 処置は必要ありません。

W-HIDES, If these files remain, they will be used instead of the
W-HIDES, DCPS product files you are installing now, and the IVP
説明: 日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS が, SYS$SPECIFIC ディレクトリ内の既存の DCPS ファイルが最新のもののかわりに使用されることを警告しています。
ユーザの処置: SYS$SPECIFIC ディレクトリから表示された DCPS ファイルを削除あるいは別の名前に変更してください。

E-INVDIRSPE, invalid directory specification
説明: 指定したディレクトリの構文が間違っています。
ユーザの処置: 正しい構文でディレクトリを指定してください。

I-LAYUPDEF, DCPS$LAYUP is already defined.
I-LAYUPDEF, This installation will use its value.
説明: インストレーション時に,既存の論理名 DCPS$LAYUP を使用します。
ユーザの処置: 処置は必要ありません。

I-NOHELP, There is no help in this install procedure.
I-NOHELP, Please refer to the Software Installation Guide.
説明: この情報メッセージは,使用可能なヘルプがないことを通知しています。
ユーザの処置: 詳細については,本書を参照してください。

I-NOQUEMGR, System queue manager is not running.
I-NOQUEMGR, IVP will NOT be run. Installation continuing.
説明: キュー・マネージャがシステムで実行されていません。インストレーションは継続されますが,インストレーション検証プロシージャを実行することはできません。
ユーザの処置: インストレーション終了後,キュー・マネージャを起動し,マニュアル操作で IVP を起動してください( @SYS$TEST:DCPS$IVP)。

I-NOQUEST, No further questions will be asked
説明: VMSINSTALプロシージャはこの時点以降,入力を要求することなく処理を実行します。
ユーザの処置: 処置は必要ありません。

W-NORSTRT, Automatically stopped queues have not been restarted
説明: VMSINSTAL が自動的に停止させたキューを再起動しませんでした。
ユーザの処置: インストレーションを異常終了させた問題を解消し, DCPS インストレーション・プロシージャの実行時に動作中であることを通知したキューをマニュアル操作で再起動してください。

E-NOSUCHDEV, no such device available
説明: 指定された装置が存在していません。
ユーザの処置: システムに存在している装置を指定してください。

E-NO_DECC_RTL, DEC C run-time library is not installed.
説明: システムに DEC C 実行時ライブラリがインストールされていません。
ユーザの処置: DEC C/C++ Run-Time Components キットをインストールしてください。

E-NO_QUEMAN, This product requires the queue management facility to install.
説明: キュー・マネージャを検出できません。インストレーション・プロシージャーは強制終了されました。
ユーザの処置: キュー・マネージャを起動してください。詳しくは『 HP OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』を参照してください。

E-NO_SPACE, This product requires number blocks of disk space to install.
説明: このソフトウェアをインストールするために十分なディスク容量がありません。インストレーション・プロシージャは強制終了されました。
ユーザの処置: 少なくとも指定された空きブロック数が確保されているかどうかを確認し,インストレーションを再起動してください。

I-NUMQUEUES, existing-number existing DCPS queues, with active-number active.
説明: このメッセージは,存在している DCPS キューの数,および現在動作中のキュー (停止していないキュー) の数を通知します。
ユーザの処置: 処置は必要ありません。

W-PURGW, Purging files may leave running queues with no image W-PURGW, file and the IVP may fail.
説明: マルチストリーム DCPS シンビオントがまだ動作中である場合に DCPS ファイルをパージした場合,問題が発生する可能性があります。
ユーザの処置: 既存のファイルのパージを避けるか,インストレーションを継続する前にすべてのキューを停止させてください。

I-QSCANNING, Looking for existing DCPS print queues...
説明: この情報メッセージは,インストレーション・プロシージャが既存のプリント・キューを確認していることを通知します。
ユーザの処置: 処置は必要ありません。

W-QUEACTIVE, The following queues are still active:
説明: インストレーション・プロシージャが,以降の行に表示するいくつかの DCPS キューが動作中であることを検出しました。動作中のキューを停止させない場合,インストレーションが失敗するか,同時に印刷中のジョブに影響を与える可能性があります。
ユーザの処置: 続く問い合わせに対して, VMSINSTAL が自動的にキューを停止させるように指定するか,マニュアル操作でキューを停止させた後にインストレーション・プロシージャを再起動するように指定します。いくつかのキューが "Idle" 状態にない場合,すべてのジョブが印刷を完了するまで待つことも可能です。

I-STARTQUEUES, Restarting queues previously reported as active
説明: VMSINSTAL が以前に動作中であることを通知したすべてのキューを,現在 VMSINSTAL が再起動しています。
ユーザの処置: 処置は必要ありません。

I-STOPQUEUES, Stopping queues previously reported as active
説明: VMSINSTAL が以前に動作中であることを通知したすべてのキューを,現在 VMSINSTAL が停止させています。
ユーザの処置: 処置は必要ありません。

W-SYSPF, This system contains DCPS images in SYS$SPECIFIC areas:
説明: システムの SYS$SPECIFIC ディレクトリに以降の行に表示されるいくつかの DCPS 実行イメージが見つかりました。 SYS$SPECIFIC ディレクトリに存在しているバージョンにより,インストールしようとしている新しいイメージは使用されません。
ユーザの処置: SYS$COMMON に存在する新しいファイルが使用されるように, SYS$SPECIFIC ディレクトリから表示された DCPS ファイルを削除あるいは別の名前に変更してください。

F-WRONGARCH, This product will only install on OpenVMS platform.
説明: キットを間違ったプラットフォームにインストールしようとしています。
ユーザの処置: メッセージで示される Alpha あるいは VAX プラットフォームにキットをインストールしてください。あるいは,現在のプラットフォーム用の異なるキットを使用してください。

B.5 VMSINSTAL によるインストレーション実行例

例 B-1 に,OpenVMS VAX システムにおける日本語 DECprint Supervisor ソフトウェアのアップグレードの実行例を示します。

例 B-1 OpenVMS VAX システムにおけるアップグレード実行例

$ @SYS$UPDATE:VMSINSTAL DCPSVAX CDROM: OPTIONS N
 
 
        OpenVMS VAX Software Product Installation Procedure V7.3 
 
 
It is 13- MAR-  2007    at 12:24. 
 
Enter a question mark (?) at any time for help. 
 
* Are you satisfied with the backup of your system disk [YES]? 
 
 
The following products will be processed: 
 
  DCPSVAX  V2.6-J 
 
 
        Beginning installation of DCPSVAX  V2.6-J  at 12:24 
 
%VMSINSTAL-I-RESTORE, Restoring product save set A ... 
 
    Release notes included with this kit are always copied to SYS$HELP. 
 
    Additional Release Notes Options: 
 
        1.  Display release notes 
        2.  Print release notes 
        3.  Both 1 and 2 
        4.  None of the above 
 
* Select option [2]: 4
* Do you want to continue the installation [NO]? Y
%VMSINSTAL-I-RELMOVED, Product's release notes have been moved to SYS$HELP. 
 
     ------------------------------------------------------------------- 
     HP DECprint Supervisor (DCPS) for OpenVMS 
      V2.6-J  Installation Procedure 
 
     ------------------------------------------------------------------- 
      Copyright 1992-  2007   Hewlett-Packard Development Company, L.P. 
 
     Proprietary computer software.  Valid license from HP required for 
     possession, use or copying.  Consistent with FAR 12.211 and 12.212, 
     Commercial Computer Software, Computer Software Documentation, and 
     Technical Data for Commercial Items are licensed to the U.S. 
     Government under vendor's standard commercial license. 
     ------------------------------------------------------------------- 
 
%DCPSVAX-W-QUEACTIVE, The following DCPS queues are still active: 
 
Queue                     Device                                    Status 
-----                     ------                                    ------ 
LN09                      DAN::LTA9000:                             IDLE 
LN17                      DAN::"AppleTalk/Dan's LN17+ps"            IDLE 
LN40                      DAN::"IP_RawTCP/ln40:6869"                IDLE 
 
%DCPSVAX-I-NUMQUEUES, 4 existing DCPS queues, with 3 active 
 
        Previously installed DCPS queues are still running. 
        Continuing this installation without entering 
        STOP/QUEUE/RESET for each such queue can cause 
        inconsistent behavior among queues and can cause 
        the IVP to fail. 
 
        Note that if you choose to have this installation 
        procedure automatically stop such queues, and the 
        installation subsequently aborts, this procedure 
        will not automatically restart them. 
 
* Do you want these queues automatically stopped and restarted [YES]? 
 
* Do you want to purge files replaced by this installation [YES]? 
 
%DCPSVAX-I-LAYUPDEF, DCPS$LAYUP is already defined 
-DCPSVAX-I-LAYUPDEF, This installation will use its value 
%VMSINSTAL-I-SYSDIR, This product creates system disk directory 
     VMI$ROOT:[SYSTEST.DCPS]. 
%CREATE-I-EXISTS, VMI$ROOT:[SYSTEST.DCPS] already exists 
%VMSINSTAL-I-SYSDIR, This product creates system disk directory 
     VMI$ROOT:[SYSHLP.EXAMPLES.DCPS]. 
%CREATE-I-EXISTS, VMI$ROOT:[SYSHLP.EXAMPLES.DCPS] already exists 
%DCPSVAX-I-ESTTIME, This installation will take between 1 and 10 minutes, 
-DCPSVAX-I-ESTTIME,  excluding time needed to stop and restart active queues. 
%DCPSVAX-I-NOQUEST, No further questions will be asked. 
%DCPSVAX-I-STOPQUEUES, Stopping queues previously reported as active. 
%VMSINSTAL-I-RESTORE, Restoring product save set B ... 
%VMSINSTAL-I-RESTORE, Restoring product save set C ... 
 
Software installer: 
 
        Starting with DCPS V2.0, the need for DCPS-OPEN and DCPS-PLUS 
        licenses has been eliminated.  The right to use all features of 
        DCPS is now included with the OpenVMS operating system license. 
 
        Please remember to copy SYS$STARTUP:DCPS$STARTUP.TEMPLATE to 
        SYS$STARTUP:DCPS$STARTUP.COM.  Then edit the resulting copy, 
        following the instructions contained within it, to define 
        your DCPS environment and queue characteristics.  When done, 
        execute the file to establish and start the DCPS queues. 
        Also remember to edit SYS$MANAGER:SYSTARTUP_VMS.COM so that 
        DCPS$STARTUP.COM is automatically run at system startup time. 
 
        DCPS$STARTUP.COM should be executed after all printer devices 
        and interconnects are running.  Below is a summary list: 
 
          printers via TCP/IP:      after TCP is started 
          printers via LAT:         after LAT devices are created 
          printers via AppleTalk:   after the AppleTalk driver is loaded 
          PrintServers via DECnet:  after DECnet is started 
 
        If you are converting CPS queues to DCPS, you may want to run 
        the utility SYS$STARTUP:CPS_TO_DCPS_STARTUP.COM instead of 
        editing the startup template.  This utility will read your 
        CPS startup file, change the queue definitions to use DCPS$SMB 
        and its library and logical names, and write out a new DCPS 
        startup file. 
 
%VMSINSTAL-I-MOVEFILES, Files will now be moved to their target directories... 
%DCPS-I-IVP, Beginning IVP... 
 
     ------------------------------------------------------------------- 
     HP DECprint Supervisor (DCPS) for OpenVMS 
      V2.6-J  Installation Procedure 
 
     ------------------------------------------------------------------- 
      Copyright 1992-  2007   Hewlett-Packard Development Company, L.P. 
 
     Proprietary computer software.  Valid license from HP required for 
     possession, use or copying.  Consistent with FAR 12.211 and 12.212, 
     Commercial Computer Software, Computer Software Documentation, and 
     Technical Data for Commercial Items are licensed to the U.S. 
     Government under vendor's standard commercial license. 
     ------------------------------------------------------------------- 
 
     IVP using Version  V2.6-J  of DECprint Supervisor 
 
Job DCPS$IVP_POST (queue DCPS$IVP_TEST, entry 43) started on DCPS$IVP_TEST 
%DCPS-I-JOBSTART, Job DCPS$IVP_POST (queue DCPS$IVP_TEST, entry 43) 
      started on DCPS$IVP_TEST 
 
Job DCPS$IVP_POST (queue DCPS$IVP_TEST, entry 43) completed 
Job DCPS$IVP_ANSI (queue DCPS$IVP_TEST, entry 44) started on DCPS$IVP_TEST 
%DCPS-I-JOBSTART, Job DCPS$IVP_ANSI (queue DCPS$IVP_TEST, entry 44)  
      started on DCPS$IVP_TEST 
 
Job DCPS$IVP_ANSI (queue DCPS$IVP_TEST, entry 44) completed 
Job DCPS$IVP_REGIS (queue DCPS$IVP_TEST, entry 45) started on DCPS$IVP_TEST 
%DCPS-I-JOBSTART, Job DCPS$IVP_REGIS (queue DCPS$IVP_TEST, entry 45) 
      started on DCPS$IVP_TEST 
 
Job DCPS$IVP_REGIS (queue DCPS$IVP_TEST, entry 45) completed 
Job DCPS$IVP_TEK4014 (queue DCPS$IVP_TEST, entry 46) started on DCPS$IVP_TEST 
%DCPS-I-JOBSTART, Job DCPS$IVP_TEK4014 (queue DCPS$IVP_TEST, entry 46) 
      started on DCPS$IVP_TEST 
 
Job DCPS$IVP_TEK4014 (queue DCPS$IVP_TEST, entry 46) completed 
Job DCPS$IVP_PCL (queue DCPS$IVP_TEST, entry 47) started on DCPS$IVP_TEST 
%DCPS-I-JOBSTART, Job DCPS$IVP_PCL (queue DCPS$IVP_TEST, entry 47) 
      started on DCPS$IVP_TEST 
 
Job DCPS$IVP_PCL (queue DCPS$IVP_TEST, entry 47) completed 
Job DCPS$IVP_PROPRINTER (queue DCPS$IVP_TEST, entry 48) started on DCPS$IVP_TEST 
%DCPS-I-JOBSTART, Job DCPS$IVP_PROPRINTER (queue DCPS$IVP_TEST, entry 48) 
      started on DCPS$IVP_TEST 
 
Job DCPS$IVP_PROPRINTER (queue DCPS$IVP_TEST, entry 48) completed 
Job DCPS$IVP_LIST (queue DCPS$IVP_TEST, entry 49) started on DCPS$IVP_TEST 
%DCPS-I-JOBSTART, Job DCPS$IVP_LIST (queue DCPS$IVP_TEST, entry 49) 
      started on DCPS$IVP_TEST 
 
Job DCPS$IVP_LIST (queue DCPS$IVP_TEST, entry 49) completed 
Job DCPS$IVP_KANJI (queue DCPS$IVP_TEST, entry 50) started on DCPS$IVP_TEST 
%DCPS-I-JOBSTART, Job DCPS$IVP_KANJI (queue DCPS$IVP_TEST, entry 50) 
      started on DCPS$IVP_TEST 
 
Job DCPS$IVP_KANJI (queue DCPS$IVP_TEST, entry 50) completed 
Job DCPS$IVP_KANJI78 (queue DCPS$IVP_TEST, entry 51) started on DCPS$IVP_TEST 
%DCPS-I-JOBSTART, Job DCPS$IVP_KANJI78 (queue DCPS$IVP_TEST, entry 51) 
      started on DCPS$IVP_TEST 
 
Job DCPS$IVP_KANJI78 (queue DCPS$IVP_TEST, entry 51) completed 
Job DCPS$IVP_LA_KANJI (queue DCPS$IVP_TEST, entry 52) started on DCPS$IVP_TEST 
%DCPS-I-JOBSTART, Job DCPS$IVP_LA_KANJI (queue DCPS$IVP_TEST, entry 52) 
      started on DCPS$IVP_TEST 
 
Job DCPS$IVP_LA_KANJI (queue DCPS$IVP_TEST, entry 52) completed 
 
     IVP successful for DECprint Supervisor  V2.6-J 
 
%DCPSVAX-I-STARTQUEUES, Restarting queues previously reported as active. 
 
        Installation of DCPSVAX  V2.6-J  completed at 12:27 
 
 
        VMSINSTAL procedure done at 12:27 
 
 
$ 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項