日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本

日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS
ユーザーズ・ガイド


前へ 次へ 目次 索引





付録 C
PRINTコマンドのパラメータ

PRINTコマンドは/PARAMETERS修飾子を受け付け,この修飾子には DECprint Supervisor ソフトウェア固有の機能を指定できます。 PRINTコマンドについての詳しい説明は, 付録 B を参照してください。

この付録では,PRINTコマンドのパラメータのうち, DECprint Supervisor ソフトウェアの機能を指定するために使用されるパラメータについて説明します。この付録で説明する項目の一覧については 表 C-1 を参照してください。

C.1 PRINTパラメータ

パラメータはキーワードとその値で構成されます。これらのパラメータをプリント・ジョブに指定するには, PRINT /PARAMETERSコマンドを使用します。 /PARAMETERS修飾子はコマンド修飾子です。つまり,プリント・ジョブ内のすべてのファイルは,/PARAMETERS修飾子に指定したパラメータによって制御されます。

システム管理者は省略時のPRINTパラメータをキューに対応づけることができます。パラメータを特定のプリント・キューに対応づける方法については,『 DCPS システム管理者ガイド』を参照してください。

DECprint Supervisor に対して使用されるPRINTコマンド・パラメータは 表 C-1 に示すとおりであり,各パラメータについての詳しい説明は表に示した参照項目を参照してください。

表 C-1 PRINTパラメータ
パラメータ 説明 参照項目
DATA_TYPE プリント・ジョブ内のファイルのデータ・タイプを指定します。 第 1 章
FONTS_USED SoftFontキットが登録されている1つ以上の装置制御ライブラリ・モジュールを指定します。 第 5.4 節
INPUT_TRAY 使用する給紙トレイを指定します。 第 3.1 節
LAYUP_DEFINITION プリント・ジョブに適用されるレイアップ・オプションまたはレイアップ定義ファイルを指定します。 第 12 章
MEDIA_TYPE ジョブ印刷時に使用するメディア・タイプを指定します。 第 3.1 節
MESSAGES プリント・メッセージを記録するためのログ・ファイルまたはログ・ページの作成を指定します。 付録 A
NUMBER_UP 用紙の各面に印刷されるページ数を指定します。 第 1.6 節
OUTPUT_TRAY 排紙トレイを指定します。 第 3.2 節
PAGE_LIMIT 印刷する最初のページと最後のページを指定します。 第 1.7 節
PAGE_ORIENTATION 用紙にデータを印刷するときの方向を指定します。垂直方向(ポートレート)または水平方向(ランドスケープ)。 第 1.4 節
PAGE_SIZE 論理ページのサイズを指定します。 第 11.7 節
[NO]PUNCH 出力されたジョブにパンチ穴をあけるかどうかを指定します。 第 16.1 節
SHEET_COUNT 各用紙を印刷する部数を指定します。 第 1.5 節
SHEET_SIZE プリンタ・ストックの用紙サイズを指定します。 第 11.4 節
SIDES 用紙の片面にジョブを印刷するのか,両面に印刷するのかを指定します。 第 1.3 節
STAPLE ジョブをホチキス止めするかどうかと,ホチキス止めする位置を指定します。 第 16.2 節
[NO]TAB DECprint Supervisor ソフトウェアまたはテキスト・トランスレータがタブを展開するかどうかを選択します。 第 5.3 節

表 C-1 に示されていないパラメータを使用すると,コマンド構文エラーが発生します。 付録 A を参照してください。

C.2 PRINTパラメータの構文

PRINTコマンドに/PARAMETERS修飾子を指定する場合には,次の構文規則に従ってください。

  • 指定できるパラメータは最大8個までです(引用符で囲んだ一連のパラメータは1つのパラメータとして解釈されます)。 Distributed Queuing Service (DQS)ソフトウェアを使用している場合には,指定できるパラメータの最大数は7個です。

  • 2つ以上のパラメータを指定する場合には,各パラメータをカンマで区切り,パラメータ・リスト全体を括弧で囲みます。次の例はパラメータを指定するときの正しい構文を示しています。


    $ PRINT /PARAMETERS=DATA_TYPE=REGIS file-name
    


    $ PRINT /PARAMETERS=(DATA_TYPE=REGIS,MESSAGES) file-name
    

  • パラメータの値にカンマや括弧などの特殊文字が含まれる場合には,値(またはパラメータ全体)を引用符で囲みます。
    次の例は複数の値をPRINTパラメータに指定するときの正しい構文を示しています。


    $ PRINT /PARAMETERS=(DATA_TYPE=REGIS,PAGE_LIMIT="(1,4)",MESSAGES) file-name
    


    $ PRINT /PARAMETERS=(DATA_TYPE=REGIS,"PAGE_LIMIT=(1,4)",MESSAGES) file-name
    


    $ PRINT /PARAMETERS="DATA_TYPE=REGIS,PAGE_LIMIT=(1,4),MESSAGES" file-name
    

DECprint Supervisor ソフトウェアはファイルを印刷するときに構文と値の範囲を確認します。しかし,PRINTコマンドを最初に入力するときに,このチェックが実行されるわけではありません。プリント・ジョブのパラメータにエラーがある場合には,そのジョブは強制終了されます。PRINTコマンドに/NOTIFY修飾子を指定した場合には,エラー・メッセージがターミナルに表示されます。

C.3 パラメータに対して省略時の設定が使用される順序

パラメータはPRINTコマンドに指定でき,また,プリンタ・スタートアップ・ファイルで省略時のキュー・パラメータとして指定できます。パラメータを指定しなかった場合には,標準的なプリンタの省略時の値が使用されます。PRINTコマンドに指定したパラメータの値は省略時のキュー・パラメータの値より優先します。

ジェネリック・キューの省略時のキュー・パラメータは実行キューに対して定義した省略時のキュー・パラメータより優先します。しかし,ジェネリック・キュー定義に構文エラーがある場合には,実行キューの省略時のキュー・パラメータが使用されます。省略時のキュー・パラメータの設定についての説明は,『 DCPS システム管理者ガイド』を参照してください。




付録 D
フォント・カートリッジをエミュレートするためのSoftFontキット

表 D-1 はLN03およびDEClaserプリンタでANSIファイルを印刷するためのフォント・カートリッジを示しています。これらのANSIファイルは, 表 D-1 で説明するように, DECprint Supervisor ソフトウェアと適切なSoftFontキットを使用して PostScriptプリンタで印刷できます。ANSIファイルの印刷についての詳しい説明は, 第 5.2 節 を参照してください。/PARAMETERS=FONTS_USED修飾子に対して次のモジュール名を指定してください。 SoftFont キットおよびそれらに含まれているモジュールのリストについては, 表 D-2 を参照してください。

表 D-1 フォント・カートリッジの対応関係
カートリッジ注文番号 カートリッジ名 SoftFont モジュール名
LN03 フォント・カートリッジ
LN03X--CB CG Times CGTIMES8-10-12_MCS
LN03X--CW CG Times Presentation CGTIMES14-18_MCS
LN03X--CX CG Times Large CGTIMES24_MCS
LN03X--CY CG Triumvirate CGTRIUM8-10-12_MCS
LN03X--CJ CG Triumvirate Presentation CGTRIUM14-18_MCS
LN03X--CZ CG Triumvirate Large CGTRIUM24_MCS
LN03X--CL ITC Souvenir ITCSOUV_MCS
LN03X--CP English 116 Embassy SCRIPT
LN03X--DH Monospaced Swiss Presentation SWISS_MCS 1
LN03X--DJ Monospaced Swiss Large SWISS_MCS 1
LN03X--CS Letter Gothic LETGOTH
LN03X--CM OCR A/OCR B OCR
LN03X--DE Barcode 3 of 9 BARCODE
LN03X--CT US Legal MONO_MCS
DEClaser 2100/2200 フォント・カートリッジ
LNXX--CA CG Times CGTIMES8-10-12_MCS 1
    CGTIMES14-18_MCS 1
    CGTIMES24_MCS 1
LNXX--CB CG Triumvirate CGTRIUM8-10-12_MCS 1
    CGTRIUM14-18_MCS 1
    CGTRIUM24_MCS 1
LNXX--CC ITC Souvenir/Script ITCSOUV_MCS 1
    SCRIPT
LNXX--CD Monospaced BARCODE
    LETGOTH
    MONO_MCS 1
    OCR
    SWISS_MCS 1


1文書でISO Latin-1文字セットを使用する場合には,接尾辞として_MCSのかわりに_ISO1を使用します。

表 D-2 SoftFont キット
SoftFont 注文番号 フォント モジュール
LNSFT--AX CG Times 8, 10, 12 CGTIMES8-10-12
  CG Times 14, 18 CGTIMES14-18
  CG Times 24 CGTIMES24
LNSFT--BX CG Triumvirate 8, 10, 12 CGTRIUM8-10-12
  CG Triumvirate 14, 18 CGTRIUM14-18
  CG Triumvirate 24 CGTRIUM24
LNSFT--CX English Embassy 14, 18 SCRIPT
  ITC Souvenir 8, 10, 12 ITCSOUV
LNSFT--DX Barcode 3 of 9, 18, 36 BARCODE
  Letter Gothic 10, 14 LETGOTH
  Mono Swiss 14, 18 SWISS
  Mono Swiss, 24 SWISS
  OCR-A, OCR-B 10 OCR
  US Legal MONO_MCS

注意

SoftFont キットはサポートされておらず,もう販売されていません。上記の情報は参照用に掲載しています。




付録 E
追加された文字エンコーディング

この章では,次のことについて説明します。

  • 提供されるエンコーディング・ベクタ, 付録 E.1 節

  • エンコーディング・ベクタの例, 付録 E.2 節

  • 追加エンコーディングの使用, 付録 E.3 節

  • プリント・ジョブでのDECMCSエンコーディング・モジュールの指定, 付録 E.4 節

  • サード・パーティ・プリンタのためのISO Latin-1の定義, 付録 E.5 節



E.1 提供されるエンコーディング・ベクタ

PostScriptでは,Adobe Standard Encodingベクタを使用してエンコーディング (コード付け) された文字セットが提供されます。PostScriptプログラムがフォントを呼び出す場合には, findfont オペレータはこのベクタを使用して文字と文字コードを対応づけます。

PostScriptではまた,ISOLatin1Encodingという名前の ISO Latin-1エンコーディング・ベクタも提供されます。これは ISO Latin Alphabet Number 1 Standard (ISO 8859/1)で使用されるエンコーディング方式です。大部分のPostScriptテキスト・フォントでは, ISO Latin-1エンコーディングで使用されるすべての文字が提供されます。 ISO Latin Alphabet Number 1 Standardに含まれている文字の一覧については,『 PostScript Printers Programmer's Supplement 』を参照してください。

Adobe StandardおよびISO Latin-1エンコーディングの他に, DECprint Supervisor ソフトウェアでは DECMCS (DECマルチナショナル文字セット)エンコーディングも提供されます。 DECマルチナショナル文字セットに含まれる文字の一覧については,『 PostScript Printers Programmer's Supplement 』を参照してください。

ISO Latin-1およびDECMCSエンコーディングに含まれる文字は,独立したフォント・メトリックス・ファイル(.AFMファイル)を持ちません(.AFMファイルについての詳しい説明は『 PostScript Printers Programmer's Supplement 』を参照してください)。フォント・メトリックス・ファイルに登録されている文字情報を検索しなければならない場合には,エンコーディングによってではなく,名前で文字を検索してください。

E.2 エンコーディング・ベクタの例

例 E-1 では,DECMCSエンコーディング・ベクタの定義方法を示しています。これらのエンコーディング・ベクタの定義方法についての詳しい説明は,『 PostScript Printers Programmer's Supplement 』を参照してください。

エンコーディング・ベクタDECMCSEncodingは,ISOLatin1Encodingというベクタを変更することにより定義されます。

例 E-1 DECMCSエンコーディング・ベクタの定義

%! DECMCSEncoding.PS 
% 
% Create DEC Multinational Character Set (MCS) encoding vector. 
 
/DECMCSEncoding ISOLatin1Encoding 256 array copy def 
 
mark 
  8#177 8#240 8#244 8#246 8#254 8#255 8#256 8#257 
  8#264 8#270 8#276 8#320 8#336 8#360 8#376 8#377 
counttomark 
{DECMCSEncoding exch /questionmirror put} 
repeat 
% stack now contains   mark 
  8#250 /currency 
  8#327 /OE 
  8#335 /Ydieresis 
  8#367 /oe 
  8#375 /ydieresis 
counttomark 2 idiv 
{DECMCSEncoding 3 1 roll put} 
repeat 
% stack now contains   mark 
cleartomark 



E.3 追加エンコーディングの使用

Adobe Standard Encoding以外の文字エンコーディングを使用するには,次の操作を実行します。

  1. 新しいフォントを作成するために,PostScriptプログラムのプロローグで,エンコーディング・ベクタをフォントに適用するプロシージャ,たとえば, encodefont を定義します。findfont を起動する前に,ユーザ・プログラムで encodefont を呼び出すことにより,適切なエンコーディング・ベクタを使用してフォントをエンコーディングします。 encodefont のコードは次のとおりです。


    /encodefont { 
        findfont dup                % Get the old font dict 
        maxlength dict begin        % Make a new one just as big 
        {   1 index /FID ne         % Copy everything but FID 
            {   def } 
            {   pop pop } 
            ifelse } 
        forall 
        /Encoding exch def          % Install the new encoding 
        dup /FontName exch def      % new font dict is still current. 
        currentdict definefont      % Create the new font. 
        end 
    } bind def 
    

  2. encodefont プロシージャを使用して新しいフォントを作成します。このプロシージャは3つの引数を必要とします。

    • 新しいフォントの名前

    • エンコーディング・ベクタ

    • 古いフォントの名前


    encodefont プロシージャは新しい名前とエンコーディングを使用して新しいフォントを作成し,新しいフォントを戻します。新しいフォントに対しては任意の名前を選択できます。古いフォントの名前とエンコーディング・ベクタを含む名前を選択すると適切です。
    新しいフォントを作成し,ただちにそのフォントを使用できます。また,新しいフォントを作成した後,プログラムでそのフォントを使用することも可能です。たとえば,ISO Latin-1を使用してエンコーディングされるTimes-Romanフォントを作成し,使用するには,次のコードを使用します。


    /Times-Roman-ISOLatin1 ISOLatin1Encoding 
            /Times-Roman encodefont 
    12 scalefont setfont 
    


    フォントを作成した後,プログラムでそのフォントを使用するには,次のコードを使用します。


    /Times-Roman-ISOLatin1 ISOLatin1Encoding 
            /Times-Roman encodefont pop 
       .
       .
       .
    /Times-Roman-ISOLatin1 findfont 12 scalefont setfont 
    

DECMCSエンコーディングを使用するには,このエンコーディング・ベクタを定義する装置制御ライブラリ・モジュール(LPS$DECMCSENCODING)も指定しなければなりません。 LPS$DECMCSENCODINGモジュールはエンコーディング・ベクタだけを提供します。バージョン40以前のPostScriptで未定義だった文字は定義されません。

例 E-1 では,DECMCSエンコーディング・ベクタの定義方法が示されています。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項